おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 7巻 感想

あらすじ

京都への修学旅行を前に、どこか浮き足立つクラスの雰囲気。
文化祭以来、教室内でさらに微妙な立ち位置になった八幡だったが、最初から地位なんてないようなもんだしな、と我関せず。
ところが、奉仕部に持ちかけられた意外な人物からの「恋の相談」。
そこにはまた別の人物の思惑も重なって・・・。
旅行は一気に波乱の予感。
複雑な気持ちが渦巻き、答えを出せないまま八幡たちは京都へ。
まちがっている青春模様は、まちがっているラブコメ=恋愛模様を生み出すのか。
TVアニメ化を直前にさらに盛り上がりを見せるシリーズ第7弾。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

少しずつ変わり始めた八幡、そして雪乃と結衣。
そんな奉仕部に依頼を持ち込んできたのは意外な人物で・・・。
まさかの展開も見逃せない、物語後半戦スタート!!


みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m


感想

あとがきにあるように、物語は後半戦を迎えます。
色々な出来事を通じ、奉仕部の三人は変わり始めたと思います。
例えば八幡が少しだけ物事を前向きに考えるようになったり、雪乃が八幡に優しさを見せたり、結衣が自分の意思を伝えられるようになったり、そんな奉仕部の姿が見られました・・・。
特に、雪乃に関しては少しだけ八幡を意識しているようにも見えます。
それが恋愛感情なのかは定かではありませんが、結衣もうかうかしていられないのでは・・・?(笑)


さて、そんな中、葉山たちが相談に訪れます
相談者は友人の戸部
曰く、修学旅行で海老名に告白をしたいとのことでした。
結衣優美子と一緒にいる海老名を真剣に好きになったと語る戸部に協力する奉仕部でしたが、更なる依頼者、海老名が現れて・・・。

戸部翔
葉山の友人にして、今回の主要人物の一人。
葉山らチームの中でムードメーカー的存在でいわゆるお調子者の彼ですが、修学旅行で海老名に告白することに決めました。
以前、千葉村で海老名が好きだと葉山八幡に告げていたのですが、ついに行動を起こすことになり・・・。
いや、今回で一気に印象が変わりました。
悪く言えば、ただ騒いでいるだけの無神経な人物の印象でしたが、意外と人を見ているんですよね。
八幡、そして海老名の本質をある程度は当てていますし、意外と八幡と気が合うのでは?と思いました。
まぁ、八幡は彼のノリにはついていけなそうですが・・・。
また、他人任せにせず自分でも頑張っていたり、最後八幡に告げる一言なんかも彼の人柄を現していたのではないでしょうか?
ぜひとも今後に期待したい人物となりました。

三浦優美子
話が進む中でも中々本質がつかめなかった彼女でしたが、今回少し分かった気がします。
戸部の依頼内容は知らなくても、何か動きがあることは察していた彼女。
始めの頃から他者へ攻撃的な表現が少なくなかったのですが、偶然二人きりで会った八幡に自分の想いを伝える場面で、彼女もまた優しい子だと感じました。
もちろんわがままであったり、怖かったりと擁護しにくい部分もありますが、こと身内ごとに関しては真剣なんですよね。
初めて八幡を「見る」優美子。
そんな彼女の気持ちは、八幡にしっかりと伝わったと思います。

葉山隼人
戸部の依頼を持ちかけるも、その裏で海老名からの頼みも受けていた葉山
初期のころに比べ、だいぶ頼りなくなった印象があります・・・。
一応、見えないところでは苦労しているのだと感じる場面もあり、また彼の苦悩も見えます。
ただ、「決められない」んですよね・・・。
誰をも傷つけないようにと立ち回るのですが、やっぱりそんな上手くはいかなくて・・・。
それでも、ある種の最善は尽くしているんですよね。
今回最後まで八幡に頼るのを渋っていた彼の胸中はどんなものだったのか想像するのに難しくはありませんでした。
彼はこれからも「良いやつ」でいるのか、それとも・・・。
ちなみに初めて八幡を「比企谷」と呼んだのではないかと・・・彼もまた「見た」のでしょうね。

比企谷八幡
一歩ずつ確実に前向きになっていく主人公。
ひねくれていただけであって、ある程度の優しさを持ち合わせており、他人のために動ける彼ですが、ついにその行動が問題になってしましました・・・。
戸部の手助けをしようと情報を仕入れている内に一つの真実にたどり着いてしまう八幡
しかし、その真実は他人に伝えるのは難しく、ならばと文化祭の時と同様に「丸く収める」ことにしました。
結果として成功はするのですが、その方法は褒められたものではなく、葉山からは憐みの目で見られ、雪乃から失望されてしまうことに・・・。
・・・案の定、前巻で感じたことが表面に出てきました・・・。
こんなに早くは想定していなかったのですが、来る時が来たという印象でした。
今回の物語の中でも少しずつ成長していただけに、この展開はきつかったです・・・。
またバラバラになりそうな雰囲気ですが、元の八幡に戻ってしまうのか・・・?

雪乃と結衣
八幡同様一歩ずつ前進してきた彼女たち
八幡との関係も進展しており、差はあれど二人とも彼を意識しているようで。
修学旅行でも距離を縮めていたりと、進展しそうな雰囲気の中、ついにその時は来ました。
八幡のとった行動に失望した雪乃、理解できないと怒る結衣。
確かに八幡の行動って「最低」なんですよね・・・。
でも、それは「海老名の事情」を知らないことが大きいのだと。
これまで築かれてきた信頼関係が崩れかねないほどのダメージを受けた彼女たち。
今巻のおまけエピソードを読むとなおさら心配になります。
ここからどうなっていくのでしょうか?

海老名姫菜
今巻もう一人の依頼者にして主要人物。
これまで腐女子として、また変人キャラとして姿を見せていた彼女ですが、本質は全然違うものでした。
そして、彼女もまた今の居場所を大切にしたいと真剣でした・・・。
多分、八幡と一番し合えるのは海老名なんじゃないかと思います
彼女もまた一種の「リアリスト」でした。
戸部が告白してくるのを察していた彼女ですが、それに応える気がないので遠まわしに阻止してほしいと奉仕部に依頼することにしました。
結果として気付いたのは終盤に八幡一人だったのですが、故に彼の行動を肯定するただ一人の人物となり・・・。
数少ない八幡の気持ちが分かる人物として、彼女もまた今後に注目したい人物です。

実は今回の事件、八幡が成長したからこそ起こってしまったものでもあるかと・・・。
断言はできませんが、少なくともきっかけは葉山優美子「大切なものを失いたくない」という気持ちでした。
今の八幡はその気持ちが痛いほど分かってしまい、だからほっとけなくて今回の顛末に至りました。
方法は良かったとは言えませんが、彼もまた真剣に臨んだ結果なんですよね・・・。

成長したが故の失敗・・・さて次回、どのようなお話になるのでしょうか・・・?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。