おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

はたらく魔王さま! 9巻 感想

あらすじ

実家から戻ってこない恵美と、ガブリエルに攫われた芦屋を救うため、エンテ・イスラへ向かうことを決めた魔王たち。
必死でバイトのシフトをやりくりする魔王を尻目に、着々と準備を進める鈴乃。
何を持って行くかについて喧嘩したりしながらも、二人はエンテ・イスラを目指してゲートに飛び込む。
一方、恵美がオルバの手に落ちた理由とは?
アラス・ラムスと共に生まれ故郷の村へと向かった恵美は、食事にトイレ、その他たくさんの日常的な困難を乗り越えながらも実家にたどり着く。
そして、父ノルドの残した記録の中から世界の成り立ちに迫る秘密に気が付く。
そのとき、オルバ率いる天使たちが現れて・・・?
魔王たちは恵美と再会できるのか!?
相変わらずの庶民派ファンタジー、今回はファンタジー成分多めでお届けです!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m




著者 和ヶ原聡司(わがはら さとし)  イラストレーター 029(おにく)
感想

恵美芦屋を救うため、エンテ・イスラに渡ることを決めた真奥たちでしたが、きっちり「こちら側」のことを何とかしようとするあたりがなんとも彼らしいというか。(笑)
うん、仕事の代わりを見つけるのって大事ですよね。
まぁ、シリアスな場面の中、アルシエル真奥のエンテ・イスラ突入をバイトのシフトから予測しちゃうくらいですし、やっぱりそれだけ日常を大切にしているというか・・・。

また、並行して異世界間の文化の違いについて描かれていました。
真奥鈴乃はエンテ・イスラに向かうにあたり買い物など準備をしていくのですが、懐中電灯や虫よけスプレー、さらにはスクーターなど、かの世界にはない便利なものを揃えていました。
一方の恵美もが悩まされたのは食事とトイレでした。
日本の食事を知ってしまった恵美アラス・ラムスの口に合うような食材はなく、またトイレはとても衛生的とは呼べなく・・・。
ただの一年でこうも認識が変わるかと愕然としていましたが、それだけ文化のレベルが違うんでしょうね。

そして、舞台はエンテ・イスラへ。
ゲートの容量の問題もあり、突入したのは真奥鈴乃、そしてアシエスでした。
が、実は戦力となるのは鈴乃だけで・・・。
何故かエンテ・イスラに戻っても魔力が集まらない真奥
どうも例の融合の副作用のようですが、はたして・・・?

そんな真奥鈴乃ですが、少しだけ距離を縮めることに・・・。
「告解」という名目で真奥からエンテ・イスラ侵略の時の話を聞いた鈴乃
珍しいほどに心情を吐露する真奥に対し、鈴乃もまた建前のない心からの言葉を伝えます。
意外な組み合わせですが、なんだか不思議な関係がそこにはありました・・・。
・・・てか、鈴乃って真奥の事が・・・みたいな心情が明かされていますが・・・。(笑)

一方の恵美
手掛かりを求めエンテ・イスラに帰省した彼女は故郷を訪れます。
そこで見たのは、今なお悠然と生きていた父親の麦畑でした。
「強く生きている」その光景に、恵美は希望を見出します。
そこからアラス・ラムスにとある場所に導かれる恵美でしたが・・・。

前回漠然と示された恵美が敵の手に落ちた「理由」が明かされました。
「人質」を取られ、オルバの思惑に乗るしかない恵美
少しずつ見え始めた、その真意とは一体・・・?

また、ガブリエル
他の天使たちと違い、彼には彼の行動理由があるようで。
この作戦の中、「魔王」という不確定要素を陰ながら導いていたりと、その真意は不明のまま・・・。
また、ガブリエルが求める「大魔王」とは何を示しているのでしょうか?
彼もまた、謎の多い人物ですね。

次いでアルシエル
少しだけ「芦屋」としての一面も見せていましたが、基本的には別人かと思う程の雰囲気を漂わせていました。
また、知将の名にふさわしい洞察力や推測など、大元帥としての威厳にも溢れていて・・・。
そんな彼が何かに気が付いたようで、ガブリエルの手のひらの上だと知った上で、ついに行動を開始しました。
こんな状況になっても変わらず真奥を信じ続けるアルシエルの忠義は本当に大したものだと思います。

そして、千穂
日本に残った千穂ですが、彼女には彼女の役割があるようで。
居合わせていた天祢から話を聞こうとする彼女の雰囲気はいつも以上に「超人」のオーラが見えて・・・。(笑)
聡い彼女の持つ情報から何かを知ろうとしているようですが、「色々なこと」にたどり着くのはもしかしたら千穂なのかもしれません

いよいよ物語も山場のようで、真奥恵美を、そしてアルシエルを助けることが出来るのでしょうか?
物語は少しずつクライマックスに向かい始めます・・・。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト