おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この素晴らしい世界に祝福を! 6巻 感想

あらすじ

「妹が欲しい」――そんなしょうもないことを考えるカズマは、招待された晩餐会で年下の王女・アイリスと出会う。
カズマが話す冒険譚に興味津々のアイリスは、カズマに懐いてしまい、なんと城へと連れ去ってしまう!
アイリスと夢のような毎日を満喫し、ずっと城に居座りたいと願うカズマ。
そんな中、王都で暗躍する義賊の噂を耳にしたカズマは、自分がそいつを捕えると言い出して――!?


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m




著者 暁なつめ(あかつき なつめ)  イラストレーター 三嶋くろね(みしま くろね)
感想

年下の王女・アイリス、彼女が登場したことで物語は更なる一段と盛り上がりを見せました。
また、たびたび登場していた盗賊のクリスカズマのパーティなど、いつもとは違う雰囲気の展開も見せたりと・・・。
なにより、これまで以上にカズマが「主人公」だった印象が強くて・・・。

王女・アイリス
これまでのカズマたちの活躍に興味を持ったようで、彼らと接触してきました。
また、なかなかに行動派のようで、さらりとカズマを誘拐したりする一面もあって・・・。(笑)

ただ、そんな彼女が、今回間違いなくメインヒロインでした。
短い間とはいえ、カズマと過ごす日々の中で彼に何かを見出すアイリス
不思議な力だとか、優しさとかそういうものではなく・・・それは「カズマ」らしさと呼べるようなもので・・・。
また、そんな日々が彼女に与えたものは多かった一方で、カズマもまた心地よさを感じていたようです。

そんな中、終盤で城に侵入してきた「仮面の盗賊」の正体に気が付いていた様子。
それはつまり、「彼」がアイリスのために奮闘してくれたことを示しているわけで。

そして、それは彼に特別な感情を抱かせるには充分でした・・・。

一方でカズマ
アイリスに「お兄ちゃん」と呼ばせたり、調子に乗って痛い目に遭ったりと平常運転なところもあれば、自業自得な部分もありますが、王国の人間や、貴族たちに馬鹿にされたりと、ちょっと「悔しい」場面もあったり・・・。

そんな中、女神・エリスの依頼や、それに伴ったアイリスの危険を察したことで、盗賊のクリスとコンビを結成し、とある品を「盗み」に城へ侵入することになります。
しかし、そこはさすがに王族たちが住まう城、またミツルギら腕利きの冒険者たちも集まっていることも相まって窮地に陥ってしまうカズマクリスでしたが・・・。

今までは、流されたり巻き込まれたりな俺だったけど

今度からとは言わず

明日からとは言わず

たった今から本気だすわ


ただ一人の少女のために決意を決めたカズマの大進撃はこれまで以上に熱くて・・・!
強力な武器や魔法など持たないにも関わらず、屈強な兵士や冒険者たちをいともたやすく倒していく姿に、彼はこれほどまでに強かったのかと思わざるを得ないほどでした。
いや、「強い」のではなくて「上手い」のでしょうね。
「最弱の能力で格上の敵を倒す」を地でいくタイプで、一体誰が魔剣グラムをもつミツルギを瞬殺出来るんだっていう話ですよね・・・。

最後に対立したダクネスめぐみんアクアの布陣には危機を感じましたが、何とか乗り切った彼の盗んだものは・・・なんとアイリスが持つ生涯のの伴侶へしか渡すことの許されない指輪で・・・!!
・・・なにやら事態がとんでもない方向へ進んでいる気もしますが・・・とにもかくにも、カズマらしさを含みつつ、本当に格好良かったです。

そんな中、今回得た情報には重要そうなものがありました・・・。

例えば、魔王の話。
「アクセルの街に舞い降りた大きな光」から始まり、数々の幹部が撃破される陰にはあるパーティが関わっている、という噂が魔王軍には流れているようで・・・当然のごとく魔王も知っており興味が向けられているようです。
対面するのはまだ先だと思うのですが、着実に物語が進んでいることは間違いないようで・・・。

次いでクリスについて。
これまでたびたび登場していた彼女ですが、とある理由からカズマ「銀髪盗賊団」を結成しました。
名前に関しては不本意なようでしたが、その腕前は確かなもので・・・。
また、何気に彼との相性もいいみたいですし、ある意味名コンビなのかも。(笑)

そんなクリスですが、どうにも訳知りな感じだと思ったら、その正体がなんと・・・。
うわ、これ読み返してみたくなりましたよ・・・。(笑)
イメージが結構違うのですが、カズマが知ったらどうなるんだろう?
これは今後に期待ですね。

他にも、なんだか初々しい関係に見せ始めたカズマめぐみんや、次巻に続きそうなダクネスの話などなど内容も濃かったです。
あとはアクアを敵に回した時の謎の強敵感。
普段あれだけ残念なのに、対立するとどうやって勝つのか見当もつかないほどの存在感でした。
・・・まぁ、勝手に自爆するんでしょうが・・・。(笑)

と、今回はそんなところで幕を閉じます。

作者さん曰く、今回の登場人物たちが再び登場するときが来るとのことで。
陰でしか活躍しなかったカズマが「スカッと」させてくれるような展開に期待したいですね

次巻はダクネスのお話でしょうか・・・さてさてどうなるのかな?

>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。