おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 1巻 感想

あらすじ

「お○んぽおお!」少女は叫びながら、駅の構内を走り出した。
その瞬間、僕はすっころんだ。
16年前の「公序良俗健全育成法」成立により、日本から性的な言葉が喪われた時代。
憧れの先輩・アンナが生徒会長を務める国内有数の風紀優良校に入学した奥間狸吉は、“雪原の青”と名乗るペロリストに弱みを握られ、下ネタテロ組織「SOX」のメンバーとなってしまった・・・!
そこはプリズン?
それとも、ハーレム?
第6回小学館ライトノベル大賞・優秀賞を受賞したノンストップハイテンションYトークコメディ。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m




著者 赤城大空(あかぎ ひろたか)  イラストレーター 霜月えいと(しもつき えいと)
感想

・・・変態がいっぱいいる・・・。(笑)

と、まぁそんな印象はさておき、結構勢いがあって楽しめました。
続刊ありきの設定のようで、少し不透明なところもありましたが、登場人物たちのやり取りや、世界観など結構良かったかも。

正直な話、タイトルや表紙などで避けていた部分もありますが、一度読んでみると印象が変わりますね
・・・いや、下ネタは多いですよ・・・。(笑)

と、そんなところで本編へ。

PMと呼ばれる監視システムの導入と、執拗なまでの法整備により「性的な表現」を公私問わず徹底排除した日本。
主人公の少年・奥間狸吉はそんな「世界で最も健全な風紀を手に入れた日本」において、少し特別な事情を抱えている人物でした・・・。
そんな彼が高校の入学式の朝に出会ったのは、ヒワイなテロ行為を繰り返す怪人物・「雪原の青」
その邂逅がもたらすものははたして・・・?

まずは狸吉
とある事情から「子供の作り方」のような、隠された「真実」を知る数少ない人物である狸吉
この世界において、大人は知っていても、狸吉らの世代になると「それ」を知っている存在というのは希少みたいですね。
そんな彼の存在は、周囲からしたら少し変わった立場にあるようで・・・。

同じクラスの不破氷菓を筆頭に、決して興味がないわけではないようですね。
ただ、それは「下ネタ」というよりも「知らないことを知りたい」という欲求の方が強い印象で。
「真実」については言及されることはありませんでしたが、氷菓なんかは狸吉が「知っている」と確信しているみたいです。

そんな彼ですが、アンナ・錦ノ宮に憧れて入学を決意するなど、少年らしい青春を送っていました。
そんな中、なりゆきで生徒会に所属し、会長であるアンナのために頑張ろうと、「ヒワイな活動」の取り締まりに努めようとするのですが・・・。

華城綾女

彼女は生徒会副会長の職務に就きながらも、その正体は「雪原の青」その人でした。
「下ネタモード」では口を開けば残念な単語が止まらない、本当に残念な人物で・・・。(笑)
また、彼女は独特の手段で「PMの監視を一日3分だけ無効化できる」事ができ、それがテロ行為の助長へと繋がっていました。

そんな綾女狸吉の邂逅が下ネタテロ組織「SOX」の立ち上がりへと繋がって・・・。
・・・いや、本当に酷い・・・。(笑)

とある目的・・・というか割と自分本位な理由ですが、行われる行為の数々は普通に捕まるだろとツッコミたくなるものばかりで・・・。
うん、この世界でなくてもアウトだからね。(笑)

そして、そんな彼女らの前に立ちふさがるのが生徒会長のアンナ

母親が理事長という事や、徹底した教育の末、「理想を体現した」ともいわれる一方で、性知識が著しく欠けている、善悪の区別が極端であり「愛のためなら全ての行為は正しく、そのためならば何でも許容される」といった独特の正義感を持つなど「被害者」としての一面も見えました。
それでも、やはり「優等生」であり、誰しもの模範である姿から憧れを抱く人も少なくなかったのですが、とある事件から狸吉へ一つの感情、「愛」を知ってしまい・・・。

あぁ・・・こいつが一番ヤバイかった!!

そう言わざるを得ないほどに豹変してしまいました。
なんだろ、もう狸吉の為ならあらゆることも許容しそうというか・・・はっきりいってストーカーという言葉すら生ぬるいレベルへ・・・
暗闇の中、全裸で狸吉へ襲い掛かったり、自分の「愛の蜜」をクッキーに混ぜて食べさせたりと、狸吉が発狂し、親友の綾女に至っては気絶するほどで・・・しかも何が怖いって、超人的な身体スペックや聡明な頭脳を持ち合わせた実質モンスターみたいな存在から嫉妬などの「敵意」を向けた時の絶望感と言ったら・・・。
「性知識」がない為、本能のままに行動しているのですが・・・なるほど、こういう事にもなってしまうわけね・・・。
・・・これは今後が楽しみだな・・・。(笑)

他にも欲望に忠実になった「天才青春画家」・早乙女乙女や、生徒会所属のもう一人の男でなんか可哀想な立場にいそうな轟力雷樹など、残念な人物たちが織りなす物語は次巻へ続きます。

まだまだ不明な点も多いのですが、次回はどんな展開になるのでしょうか・・・?
・・・本当、どんな話になるんだろ・・・。(笑)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト