おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

六花の勇者 3巻 感想

この作品に関しては、いつも以上にネタバレを控えようと思います。
それに伴い、何の情報も持たない方がより楽しめると思うので、未読の方は引き返しを推奨します・・・。


みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m




著者 山形石雄(やまがた いしお)  イラストレーター 宮城(みやぎ)
あらすじ

テグネウの脅威にさらされたまま、魔哭領を奥へと進む六花の勇者たち。
その道中、ゴルドフが突如「姫を助けに行く」とだけ告げ、アドレットの制止を振り切って姿を消す。
不可解なゴルドフの行動に、六花は再び混乱に陥る。
ゴルドフが「七人目」なのか、それとも何かの策略にはめられているのか・・・!?
さらに、再び現れたテグネウは凶魔たちの内紛について語り、挙句に自分と手を組まないかと提案をしてくる。
果たしてその真意とは?
伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第3幕。


感想

今回の主人公は間違いなくゴルドフでした。
これまで多くの謎に包まれていた彼の葛藤や胸中、また”ゴルドフ”という人物が明かされた時様々なものが見えてきました。
う~ん、最初の頃からは想像できなかったかな・・・いや、あるいは出来たのかもしれません・・・。
ただ、彼の「決意」はある種想像するに難しくないものでした。

そしてその一方でナッシュタニア
様々な一面を見せ続けてきた彼女ですが、ゴルドフに見せた一面だけは疑いようもない「本物」だったのではないかと・・・。
しかし、ゴルドフとの主従関係は本当に強固なものですよね。

また、デグネウドズー
「敵」である彼らが申し出てきた「同盟」の話。
話術に長けているのか、魅力的な話だからなのか応じてしまいそうになるのがすごいところですね。
情報が不足していることもあり、今はまだ分からない彼らの真意とは一体・・・?

さて、最後に衝撃の展開が待つ今巻、とある事件により「六花の勇者たち」は”敗北”を感じたのではないかと・・・。
このまま魔神に挑んで勝てるのでしょうか・・・?

そんな中、印象的だった言葉はデグネウの一言・・・まさにこの物語を表していますね。

全てを疑ってかかれアドレット



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト