おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六花の勇者 4巻 感想

この作品に関しては、いつも以上にネタバレを控えようと思います。
それに伴い、何の情報も持たない方がより楽しめると思うので、未読の方は引き返しを推奨します・・・。


みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m




著者 山形石雄(やまがた いしお)  イラストレーター 宮城(みやぎ)
あらすじ

「七人目」の脅威がいまだ残る六花の勇者たちは、ドズーの話から、テグネウの策略の一端を知る。
「黒の徒花」とよばれる聖具が、「七人目」に関する重大な手掛かりであるというのだ。
アドレットはその聖具が造られた神殿へ向かい、正体を暴くことを決める。
一方、テグネウは六花の勇者を阻止するため、人間を兵器に作り替えた『屍兵』を動員する。
『屍兵』の中にはアドレットの故郷の人間も含まれていることを知ったロロニアが『屍兵』を救う方法はないか、と言い出し・・・!?
伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第4幕!


感想

今回はロロニア、そしてとある人物の奮闘が綴られていました。

まずはロロニア
これまでの様子とは一変し、力強いというか、頑固というか、ただ一つ自分の意思に従い行動する彼女の姿は一途に見える反面危うさも感じました。
ただ、その過去や経歴などをしてしまうと一概にはなんとも言えないんですよね。
それでも、ロロニアという人物がいなければ重要なファクターを逃していたわけですが・・・。

一方で、もう一人の「主人公」。
そうですね・・・「陰の立役者」と呼べる活躍を見せました。
歴史に名を残すことはないかもしれませんが、かの人物の存在なくしてこの物語は成り立たなかったことでしょう・・・。
そして命を賭して明かした事実・・・「黒の徒花」の正体は意外な人物でした・・・。

さて、衝撃の事実を前にアドレットはこれからどうするのでしょうか?
「黒の徒花」の能力は決して見過ごせるものではなく、早急に対処すべきものですたが、一方で「黒の徒花」が「七人目」だとは断定してないわけで・・・なんか別にいる気がするんですよね・・・。
また、ドズーから明かされた「三体の統治者」の過去や、魔神についても気になります。

そして最後、一人の少女の世界を一変するような衝撃の事実が待ち受けていましたが、それはどのような顛末をもたらすものなのでしょうか・・・。
気になる幕引きで次回へ続きます。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。