おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウきゅーぶ! 15巻 感想

あらすじ

小学生も終わりに近づいた二月。
とある出会いがきっかけで、全国大会出場チームと合同合宿に挑むことになった智花たち。
6年生チームと昴だけで訪れたのは四国。
さっそく一緒に練習させてもらおうと思ったのだが。
「コーチさんが若いって聞いて、品定めに?」
「手取り足取り、よろしくお願いしますねっ」
相手の娘たちは昴が気に入ったご様子で・・・・・・
「トモ、あの二人、気をつけた方が・・・」
「む、カタい! いかんぞすばるくん」
「す、昴さんは・・・・・・すけべですっ!」
「もう不安でヘンになっちゃいそうで」
「おー。おにーちゃんは、あげられぬ」
一気に波乱の予感モードに突入――!?
そして迎える練習試合だが、相手チームの二人は相当な実力の持ち主。
再試合を申し込む慧心女バスメンバーにたたき付けられたのは、昴が何でも言うことを聞くという条件で。
果たして昴を巻き込んだ試合の行方は――!?
ローリング・スポコメディ、完結編!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 蒼山サグ(あおやま さぐ)  イラストレーター てぃんくる
感想

――まったく、小学生は最高だぜ!!――

かの迷言名言を生み出した作品もついに完結となりました。
とはいえ、もともと本編としては13巻で終わりを迎えているので、いわゆる「後日談」または「番外編」に位置します。

いや、この作品も結構思い出があるんですが・・・本当、結構熱いんですよね。
「ローリング・スポコメディ」なんて独自のジャンルを作り出していましたが、コメディの部分もさることながら盛り上がり方もすごいので、ついついはまっちゃったりするんですよね。
私の紹介してきたライトノベルが好きで、この作品が未読の方にはぜひともお勧めしたいと思います。

また、アニメ2期の最後の試合の鳥肌の立ち方は半端なかったです。
ゲーム終盤におけるの、そして真帆の叫びは思い出すだけでも泣きそうになりますし・・・。
うん、健全なスポーツストーリーですよ・・・いや、本当。(笑)

さて、それでは本編へ・・・。

時期は2月、もうすぐ智花たちは小学校を卒業しようという、そんな季節のお話です。
かの激戦を終え「目標がない」中でも、バスケの練習を続けていく慧心学園女子バスケ部六年生チーム。
そんなある日のこと、を含めたいつものメンバーが出掛けた先で聞いた「曲者揃いの全国大会出場チーム」の話。
また、そのチームの監督も「あの一戦」から興味を持っていたらしく、合同合宿をすることになるのですが・・・。

世界は広いという事で、智花ミミ、硯谷バスケ部の未有怜那のような超小学生級の選手はまだいるって事ですね。
まさかあのプレイが見られるとは・・・いやはや。(笑)
そんな中でも印象に残ったのは「原点」に立ち返るところ・・・いや、これでこそ「ロウきゅーぶ!」ですよね。
「個」よりも「全」を活かす慧心バスケ部のプレイ、見ていて本当に気持ちいいな・・・。

その一方でコメディパートでも盛り上がってましたね。

――うどんは小学生に限る――

――これはただ、心理の追及を求めた結果――

――ひなたちゃん。次は・・・顔を踏んでみて――


昴さん、レベル高いっすよ・・・。
いや、誤解なく伝えるなら、これは全部真面目に言っているので・・・・・・誤解ってなんだろう・・・。(笑)

そんな中、少女らが「想い」を伝える場面が訪れて・・・。
この一年間があったからこそ意味を成していくその言葉は、間違いなく彼に届いたことでしょう・・・。

と、まぁとにもかくにも「ロウきゅーぶ!」らしさが光るお話でした。
そしてその終わり方も・・・。

じつは、ぜひとも読んでもらいたいのは作者のあとがきです。
この作品に対する「想い」がどれほどのものなのか、それがよく伝わってきました。
また、「終わり」の解釈も一変するようなお話もあり・・・間違いなく一読の価値があるかと。

まだまだ読み足りないというのが本音ではありますが、”小学生”という「可能性」に満ち溢れた物語、とても「らしい」幕の閉じ方には頭が下がるばかりです。
そして、お二方の次回作である「天使の3P!」もこれまで以上に期待させて頂きたいと思います。

蒼山先生、ならびにてぃんくる先生・・・本当に良い作品をありがとうございました・・・。




スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして、ちんと申します。長い間この作品を応援していましたが、完結してしまい寂しいです。作品は好きですがどうしても好きになれないキャラがいます。それは美星です。昴を脅迫するし、暴力ふるうし、謝罪しないし、男バスとの試合や夏陽を含んだ合宿のときに自分が仕組んだ事なのに昴に丸投げしたりして。昴に「逃げるな」と言ってましたが、むしろバスケどころか自分のした事から逃げてますよね?「まっすぐ育ててあげたい」とも言ってたのに、ならなぜ自分に尻拭いしようとしないのか、明らかに矛盾してると自分は思います。

Re: No title

> はじめまして、ちんと申します。長い間この作品を応援していましたが、完結してしまい寂しいです。作品は好きですがどうしても好きになれないキャラがいます。それは美星です。昴を脅迫するし、暴力ふるうし、謝罪しないし、男バスとの試合や夏陽を含んだ合宿のときに自分が仕組んだ事なのに昴に丸投げしたりして。昴に「逃げるな」と言ってましたが、むしろバスケどころか自分のした事から逃げてますよね?「まっすぐ育ててあげたい」とも言ってたのに、ならなぜ自分に尻拭いしようとしないのか、明らかに矛盾してると自分は思います。

ご感想、どうもありがとうございます。

いや、本当に寂しいですよね・・・。
ただ、彼らの物語は続いていると思いますので、ある種「きれいな完結」だと感じています。
・・・次回作と世界観が繋がっていたら少し嬉しいかも・・・。(笑)

さて、美星ですね。
確かに「理不尽な人物」だと感じますが、私としては魅力的な人物だと思います。
もし単に「そういう人」であるのならば昴はおろか少女たちとは決して良好な関係は築けないでしょう。
また、作中において昴の背中を押す「大人」としての顔も見受けられました。
彼女もまた「長谷川昴」に必要な人物であり、その逆もまた然り。
裏を返せば、気心の知れた仲とも捉えられました。

と、私なりの意見を述べてみましたが、やはり解釈は様々だと考えます。
うん、やっぱり「理不尽」ですしね。(笑)

No title

ご返事のコメントどうも。美星の件ですが、いくら智花達の為といっても昴や周りのみんなに対してやったことや言ったことは犯罪行為で正当化はできないと思います。もっとやり方や言い方というものがあったはずです。個人的にはどうしても納得できないし、ある意味カマキリより悪質だと思います。全然関係ない葵まで巻き込んだこともあるし。何より自分で尻拭いしようとしなかったことが不満です。
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。