おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスクールD×D 12巻 感想

あらすじ

冥界は危機に瀕していた。
突如として出現した超巨大モンスターの群れが、各重要拠点及び都市への進撃を開始したからだ。
しかしチームの支えであったイッセーくんを失って、グレモリー眷属はバラバラだ。
みんな必死に悲しみと戦っていた。
僕、木場祐斗はただただ唇をかむしかできなかった。
イッセーくん、キミの勇気を少しだけでも僕に与えてくれ。
最悪なことに混乱に乗じて『禍の団』の英雄派が動き出した。
「だいじょうぶ、おっぱいドラゴンがきてたおしてくれるもん!」
最大のピンチの先で僕たちが目にしたものはっ!?
悪魔な学園ラブコメバトルファンタジーは、いったいどこだ?


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m




著者 石踏一榮(いしぶみ いちえい)
感想

前回の戦いの末、イッセーを失ってしまったグレモリー眷属が受けたダメージはとても大きいもので・・・。
彼の親友、木場も表面上は気丈に振る舞っていましたが、内心ではやはり彼もまた同様でした。

木場祐斗
今巻の語り部にして、主人公の一人。
多きすぎる喪失感から、誰一人として立ち直る事の出来ないグレモリー眷属において唯一冷静に努めようとする木場
リアス・グレモリーの「騎士」だから、そしてイッセーの親友として、しっかりしなければ・・・と立ち上がり続けるも、やはり精神的なダメージは決して小さくなく・・・。
ただ、そんな彼の「在ろう」とする姿を「評価」する声もありました。
・・・うん、こういうのって、理屈とかじゃないんですよね・・・。

そんな中、彼は今回一つの「決着」を付けることになりました。
それは、木場の成長を物語っていたかのような、またどれだけイッセーとの絆が深かったのかを知ることが出来た気がします。

リアス・グレモリーおよびグレモリー眷属たち
以前、アザゼル「狙うならイッセー」と戦略面での話をしていましたが、まさにその通りだと言える結果が見られました。
それほどまでに彼の存在は大きかったようで・・・。
そんな彼女たちですが、一人の人物が示唆した「可能性」を追っていった先で待っていたものとは・・・?

リアス朱乃ゼノヴィアロスヴァイセらのパワーアップも凄まじいものでしたが、何より「異質」に感じたのはギャスパーの覚醒した力でした。
イッセーの訃報」を聞いた彼もまた、正気でいられるわけもなく、力なく崩れるのかと思った矢先に覚醒した謎の能力。
上位神滅具ですらいとも容易く破ってしまうその光景はサイオラーグ曰く「化け物」と評するほどで。
さて、彼のヴァンパイアとしての一面がついに解き放たれたようですが、さてどうなるのでしょうか・・・。

サイラオーグソーナ
若手悪魔の代表格である二人も冥界の危機に対し、出撃することになりました。
イッセーの弔い合戦とばかりに怒りをぶつけようとするに対し、諌めるソーナでしたが、やはり彼女もまた少なからず思うところがあるようで。
そんな中、イッセーと激しい戦いを経験したサイラオーグが放った一言は、とても説得力のあるもので・・・。
――お前を抱かずに死ぬわけがあるまい?――
兵藤一誠という人物だからこそのその一言は、彼らを再び歩ませるには充分なものでした。

兵藤一誠
幾多の奇跡や犠牲により、現世に留まることが出来たイッセー
ただ、肉体は滅びてしまったため、新たな身体を作らなくてはいけなくなったのですが・・・。
しかし、こいつ一人だけ平常運転なんですよね。
さすがというか、なんというか、やっぱりどんな状況でも「イッセーらしい」のかと。

そんな彼が起こした奇跡が大きな形となり・・・ついに冥界に帰還しました。
かの窮地に駆けつけたイッセーが起こした更なる「奇跡」とは・・・!!

あとがきで「今回限り」と触れていましたが・・・いや、反則級でしょ。(笑)

そんな中、印象的だったのは、これまで何度も活躍してきた「おっぱいドラゴンのうた」、そしてそれを歌う子供たちのこと。
本当に・・・おっぱいドラゴンは子供たちの希望なんだな・・・と。

曹操
”二天龍に関わると滅びる”
あり得るはずのない、死の淵から蘇ったイッセー、真の力を遺憾なく発揮したヴァーリを前にその言葉を実感する曹操
圧倒的な力を有する彼でさえ、その「異常さ」を前に戸惑いを隠せないようで・・・。
そんな中、ついに彼との戦いに決着の時が来ました。
そしてその顛末が・・・。

そんなこんなで今回の騒動の幕は閉じるのですが、一方で「魔法使い」の話も出てきました。
次回以降は、そのあたりについて触れていくのかな?

また、気になるのはイッセーにもたらされた「予測不能な可能性」や魔剣を手に入れた木場ギャスパーの事や、曹操のその後などなど・・・。
新章に突入とのことですが、さてどうなるのかな?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。