おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六花の勇者 6巻 感想

この作品に関しては、いつも以上にネタバレを控えようと思います。
それに伴い、何の情報も持たない方がより楽しめると思うので、未読の方は引き返しを推奨します・・・。


みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m




著者 山形石雄(やまがた いしお)  イラストレーター 宮城(みやぎ)
あらすじ

〈運命〉の神殿で分裂した六花の勇者たちに、デグネウの本隊が迫っていた。
六花たちはアドレットを中心に作戦を練るが、限られた戦力で厳しい状況を打破するため、リスクの高い作戦を取らざるを得ない。
一方、デグネウは凶魔の大軍による物量攻撃と共に、「愛」の力を利用した心理的な揺さぶりを仕掛けてくる。
絶対的不利の状況で死闘を繰り広げる六花たち。
どこまでも自らの美学に執着するデグネウ。
そしてついに「七人目」のすべてが明らかになる!
世界を救うことを誓い、復讐に命を懸けてきた少年に突きつけられた真実とは!?
伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第6幕!


感想

今回はこれまで謎に包まれていた「真実」が明かされました。
それはデグネウの真意、そして「七人目」のこと・・・。

印象深く残ったのはデグネウの言う「愛」について。
彼の抱く「それ」は、私の思っていたものとは違うもので・・・私個人の見解なので、他の方はどうなんだろう・・・?
また、それに伴い、デグネウの人物像がここに来て少し変わりましたが・・・むしろ固まったと言うべきでしょうか。

そんな中、デグネウとの「攻防」の末迎えた一つの顛末。
それは良くも悪くも物語を突き動かすことになりました。

また、「七人目」が見せたその「物語」も記憶に残りました。
その起源などがついに明かされましたが、同時に不明確なところもあって・・・。
そんな一人の人物が迎えた「終幕」・・・それは「真」か「嘘」か・・・その答えはまだ誰も知るところではなく・・・。

明かされた秘密の裏にある「明かされることのなかった真実」、変わりゆくものと変わらないもの、そして最後にかの者が発した言葉・・・。
それら不穏な影が帯びる彼らの物語の先に待つものとははたして・・・。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。