おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊使いの剣舞 14巻 感想

あらすじ

極寒の地ローレンフロストにて、異界の闇と融合した〈ジルニトラ〉を打ち倒した、リンスレットの妹、ユーディアを救い出したカミト。
そんな彼の前に姿を現したのは、精霊王の祭殿で消滅したはずのレスティアだった。
だが、再会の喜びも束の間、契約精霊であった頃の記憶を失ってしまったという彼女の様子に、カミトは戸惑う。
はたして今の彼女は精霊なのか、それとも――。
「カミト、そこをどいてください、その闇精霊を滅ぼせません」
「ま、まてまて、エスト!」
一方、帝都では、諸国会議に参加していたフィアナに、聖ルギア王国による陰謀の魔手が迫ろうとしていた――。
待望の大人気エレメンタル・ファンタジー第14弾!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 志瑞祐(しみず ゆう) イラストレーター 仁村有志(にむら ゆうじ)
感想

おおよそ一年ぶりの新刊ということでしたが・・・まず一言。

やばい、憶えていない・・・!!(笑)

いや、ストーリーや主要人物なんかは覚えているんですが、「聖国」や、「十二騎将」に関わる人たちが出てくると「誰だっけ?」状態になってしまうというのが私の落ち度といいますか・・・。
ただ、それ以上に気になる展開も繰り広げられていました。

例えば消滅したはずのレスティアのこと。
前巻の最後、ついにカミトと再会した彼女ですがその様子は以前とどこか違っていて・・・。
疑問なのは、彼女は「精霊」なのかという点。
たしか、現在エストが能力を継承していたと思うのですが、それもあって「人間」に転生したのではないか・・・と思ったのですが、はてさて?
なんにせよ、その存在が物語の鍵を握っていることは間違いないかと。

また、利害の一致から協力関係を築くことになったカミトとルビア。
まさかこの二人が手を組むことになるとは・・・。
ただ、それ以上に気になったのは彼女のもたらした一つの情報と、それに伴ったカミトの「異変」について。
力の代償と言わんばかりに彼を蝕んでいく「それ」ははたしてどう影響してくるのでしょうか・・・?

そんな中、フィアナを取り巻く環境にも変化がありました。
ルビアの目的の一つでもあるのですが、フィアナは一つの選択を迫られることになります・・・。
為すべきことの為、彼女が選ぶものとはたして・・・。

一方で、徐々に舞台が整っていく中、最後に現れたまさかの人物・・・時間で解決できるのか、それとも・・・。

今シリーズも佳境に入り、いよいよ終盤戦を迎えるようです。
さて、ここからどんな展開が待ち受けているのでしょうか・・・。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。