おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 4巻 感想

あらすじ

SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、疑惑のVRMMO“アルヴヘイム・オンライン”にログインしたキリト。
その次世代飛行系ゲーム“ALO”は、“魔法”という概念、プレイヤーの反応力と判断力が勝敗を決めるアクション要素、そして“妖精”となって空を駆け巡る“飛翔システム”と、“SAO”に勝るとも劣らない高スペックで数多のプレイヤーを魅了していた。
“妖精”スプリガンとなったキリトは、アスナの幽閉先――全プレイヤーの最終目標“世界樹”目指し突き進む・・・!
道中、妖精種族“サラマンダー”のプレイヤーたちの策略により、絶体絶命の危機に陥るキリトだったが、“シルフ”の少女・リーファの助力、ナビゲートピクシー・ユイのバックアップを受け、どうにか九死に一生を得る。
そしてついにキリトは“世界樹”の根元までたどり着く。
しかしそのとき、リーファとキリトは互いの“秘密”を知ってしまい・・・。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m




著者 川原 礫(かわはら れき) イラストレーター abec
感想

ついに『フェアリィ・ダンス』編も後半戦に突入。
二人の少女、それぞれの「姿」に心惹かれながらも、なおその世界観に目を奪われた事が強く印象に残りました。

さて、まずはリーファこと桐ケ谷直葉について
予想通りというべきか、懸念していた通りの出来事が起こってしまいました。
ただ、これに関しては直葉はもちろん和人も悪くないんですよね。
そもそもキリト和人が同一人物」であることが、誰かを傷つけるなんて予想出来るわけもなく・・・。

ふと感じさせられたのは、キリトが本当に、真剣に生き抜いてきた」のだという事。
それは直葉とのある重要な場面から見て取れました。
相手を想い遣り、共に歩んでいこうとする姿に、優しさというか、大人びているというか・・・彼の進んできた「道」みたいなものが垣間見えた気がします。
ただ、そういった考えを抜きに、「優しいお兄ちゃん」と表す方がいいのかもしれないですね・・・。
うん、本当に仲の良い、なんだか羨ましい兄妹です。

次いでアスナこと結城明日奈
この娘の”始まり”はちょっとした気まぐれだったんですよね。
それが命を賭けたデスゲームに参加することになり、さらに最前線で戦う剣士に育ち、そして囚われの身にまでなって・・・。
ただ、そんな過酷な世界において彼女の支えとなった一人の少年
その「英雄」が大切な娘と共に、ついに彼女の前に現れて・・・。

いや、なんていうか、もう本当に結婚しているんじゃないかというくらい、圧倒的な夫婦感ね。(笑)
でも、それはきっと彼らにとっては「現実」なんだな・・・と。
キリトアスナユイ、彼ら三人の笑顔が見れた時には涙がこぼれそうになりました・・・。

茅場晶彦須郷伸之
似ている世界、同じような立ち位置にいながらも、その存在感には大きな差がありました。
死してなお「在り続ける」茅場は不思議と魅力のある人物ですね。
――これはゲームであっても遊びではない――
生前語っていたその言葉は、まさに彼自身、ひいてはこの作品を体現しているものだと思います。

対して須郷は一貫して「敵」でした。
そんな彼が迎えた顛末・・・もしそれに「要因」を見出すのであれば、「ただのゲーム」だと思っていたことに他ならないかと。
ただ、それは「あの世界」を生き抜いた者だから実感できることで・・・もし「彼」がリーファユージーン将軍であったなら、その結末も変わったでしょう。
GMという管理権限を所有する絶対的な存在《妖精王オベイロン》、その強大な力をもってしても、彼らには勝てなかった・・・ただそれだけのことなんですよね・・・。

そんな人物たちの傍ら、気になるのはやはり「世界」や「その後」について。
茅場キリトに遺した「世界の種子」がやがて芽吹き、それが多くの仮想世界の「可能性」を広げることとなりました。
それに伴い、まだ彼らの見ない世界とのつながりが見えていて・・・。

一方で「現実世界」での和人明日奈、さらにはシリカリズベットエギルクラインなど、かつてのメンバーも登場しました。
そんな彼女らも《アルヴヘイム・オンライン》に参加しているようで、今後どんな活躍を見せてくれるのでしょうか?
そして、最後に現れた《浮遊城》が指し示す意味・・・それはまさかの・・・。

今回「キリト」と別れを告げ、新たな「人生」を歩みだした和人
そんな彼と仲間たちの物語はまだまだ続いていくようで・・・さて。これからどうなるのかな・・・?



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。