おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

ソードアート・オンライン 15巻 感想

あらすじ

「キリト、教えて・・・。私は・・・どうすればいいの?」
最高司祭アドミニストレータを倒した代償、それはユージオの死、そしてキリトの精神喪失だった。
激闘から半年後。
アリスは、意志の無い虚ろな表情で車椅子に乗るキリトと≪ルーリッドの村≫に身を寄せていた。
整合騎士としての役目≪人界の守護≫をベルクーリに託したアリスは、心を失ってしまったキリトと静かに暮らすことを選んだのだ。
そして、≪アンダーワールド≫には、賢者カーディナルの預言した≪最終負荷実験≫が刻一刻と近づきつつあった・・・。
≪ダークテリトリー≫からの邪悪な息吹が≪人界≫に流れ込み始める。
ついに、恐るべき闇の軍勢が動き出そうとしていた。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 川原 礫(かわはら れき) イラストレーター abec

感想

《人界編》から「続く」新たな物語の序章。
それは来るべき《ダークテリトリー》との戦いを予見させるもので・・・。

かの大騒動の顛末により、物言わぬ人形のごとく「生きている」だけの状態になってしまったキリト
共に在った二振りの剣にしか反応を見せないという彼に変わり、3人目の主人公・アリスの視点から物語は描かれていきました。
ただ、その彼女すらも心が折れてしまっている状況で・・・。

ユージオアリスの故郷・ルーリッドの村から少し離れた場所でキリトの看病をしながら暮らしていたアリス
そんな彼女ですが、キリトユージオが命を賭して護った世界の、そこに住まう民たちの姿に失望してしまうことになって・・・。
利己的であったり、平気な顔で他者を陥れたりとこれまで触れる事のなかった「素の姿」・・・「護ってきた」彼女からしてみればその胸中に生まれる感情は必然ともいえますよね・・・。
ただ、そんな中でも優しさに溢れる妹のセルカや、受け入れてくれる一部の人たちの温かさは救いであり、それこそがアリスに再び信念を抱かせる鍵となりました。
大切な人たちを護るため、「世界の破滅」に立ち向かう決意をする彼女の姿には胸を熱くさせる何かを感じさせられて・・・。

そんな中、初めて《ダークテリトリー》サイドでの話が繰り広げられました。
これまでゴブリンやオーク、騎士などが現れていましたが、ただの烏合の衆ではなく、十の代表から成る組織があり、また中には《人界》サイドと和平を結ぼうと考える者もいるなど意外な事実が明らかになりました・・・。
しかし、そこに一人の男が現れて・・・。

《皇帝ベクタ》を称する現実世界からの刺客、ガブリエル・ミラー
現実世界で明日奈菊岡のいる「オーシャン・タートル」を襲撃した実行グループのリーダーにして真正人工知能「アリス」を狙う男。
そんな彼がスーパーアカウントと呼ばれる《皇帝ベクタ》としてアンダーワールドに降り立ち、アリスを手に入れる為《ダークテリトリー》サイドの幹部たちを掌握していく流れには恐怖を感じました。
「魂」に異様なまでに執着し、殺人すら厭わない危険な思想の持ち主であるガブリエル、これまでの敵とはまた違う「異常さ」を体現していて・・・。

一方で現実世界でも動きがありました。
《アンダーワールド》での出来事を推察し、「一手」を示す菊岡らラースのスタッフたち。
そして、ついにあの人物が動き出すことになり・・・。

やがて整い始める戦いの舞台。
集結するのはベルクーリファナティオを始めとする塔の中で激闘を繰り広げた整合騎士たち。
色々な意味でアリスキリトを巡り一悶着あるも、そんな中その場に姿を現したのはロニエティーゼ
キリトユージオの「現在」を知った彼女たちは悲しみに沈むも、とある人物の声を聞くこととなり・・・。

そんな物語の中で何よりも気になるのはやはりキリトのこと。
ベルクーリをして「戦局を左右する可能性を秘めている」と言わしめるその少年は未だ立ち上がることはなく・・・ただ、本能に従って動く時もあり、少なくとも「可能性」は見えていました。
そして、そんな彼を「救う」鍵は身近なところに「在る」のではないかと。
戦場を共にした少女、剣に宿っている親友の影、共に学院生活を過ごした二人の少女たち、そして舞台に降り立つことを決意した最愛の少女・・・。
他にも今巻出てくることのなかったあの人たちなど、「彼を待っている」人がたくさんいるわけで・・・。
帰還の時・・・それはそう遠くないのではないかと、そう思わされました・・・。

しかし、避ける事の出来ない戦争はついに幕を開けるようで・・・さて、この戦いのはてに待つものとははたして・・・。
そして、かの少年は大切な人たちを護ることが出来るのでしょうか・・・?



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト