おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

オーバーロード 6巻 感想

あらすじ

王国に潜む裏組織“八本指”最強の戦闘集団“六腕”が動きだした。
迎え撃つはラキュース率いるアダマンタイト級冒険者“蒼の薔薇”。
騎士たちは国を姫を守るために最前線へと赴く。
その決戦の渦中に蠢く謎の大悪魔ヤルダバオト。
苛烈な抗争の渦に巻き込まれ、王都が紅蓮の炎に包まれる。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 丸山くがね(まるやま くがね) イラストレーター so-bin

感想

今回のメインとなるのは王都を舞台にした総力戦でした。
大悪魔ヤルダバオトと称したデミウルゴスを筆頭に攻め入る屈強な悪魔たち。
対するはアダマンタイト級冒険者チームの”蒼の薔薇”ブレインクライムといった王国兵士たち、そして切り札とされる”漆黒の騎士”モモン
そんな彼らが繰り広げる大規模な戦闘は次第に激しさを増していき・・・。

まず、前回の顛末について。
セバスの失態を「裏切り」かどうかを見定めるべく現れたアインズ
付き従っていたデミウルゴスコキュートスソリュシャンらに冷たい視線を向けられる中、セバスの忠義を確認すべく下された命令はツアレを殺すこと」でした。
幾多もの思いに駆られ、寸分の迷いを見せながらも決断し、そして見せた彼の「忠義」
その行動はセバスらしさを感じましたが、同様にアインズの対応にもそれを抱きました。
そんな中で気になったのはアインズの胸中ですが、さて本当はどのようなものだったのでしょうね。

また、意外だったのがツアレがとある故人の身内であったこと
アインズ曰く「借りを返す」とのことでしたが、いやはやまさかここで繋がってくるとは・・・。
はたして、この一件はナザリックにどのような影響をもたらすのでしょうか?
あと、何気に彼女の影響からセバスの動揺する姿が多くなってきた気が・・・。(笑)

また、少し視点が変わるのですが、今回強く印象に残った場面の一つがアルベドアインズのやり取りでした。
前の感想で”創造主と階層守護者”についてそれとなく触れたのですが、ことアルベドに関しては何かそれとは違う、危ないものを感じました。
彼女の忠誠はあくまで”モモンガ”にであって、【アインズ・ウール・ゴウン】というギルドにではない事が伺え・・・やはり「設定」の影響なのでしょうか、これが悪い方向へ向かわなければいいのですが・・・。

一方で、今回の戦いの最中、活躍した人物たちがいました。

まずはブレインクライム
前回の一件から学ぶことが多かった両名ですが、それぞれ王都での戦い、最悪の戦闘集団”六腕”との戦いの中で因縁の相手に一矢報いることが出来ました。
中でも大健闘だったのはシャルティアと相対したブレインでしょう。

かの強大な存在を前に、恐怖を感じながらも自分の意思で戦う事を決めたブレイン
埋めようのない力の差から結果は歴然としていましたが、それでも一人の少年が信念を持って「死を乗り越えた」姿に鼓舞し、一つ進化させた武技を放ちました。
シャルティアからすれば何の危険も感じないただのお遊戯にしか感じなかったでしょうが、しかしその一撃は確かに届いて・・・。
いやはや、本当に「可能性」を感じましたね。

そして、まさしく今回のMVPと言えるのが”蒼の薔薇”の一員である小柄な魔法詠唱者・イビルアイでした。
――こいつはお前たちよりも強い・・・そして私よりも弱い――
黒いローブと仮面でその小柄な身体を覆い隠しており謎の人物として描かれていましたが、ついにその正体が明かされました。
かつて一国を滅ぼしたとされる伝説の”国堕とし”と呼ばれる吸血鬼その人であるイビルアイ
二百五十年という時を生きた彼女の背景や経緯などは不明ですが、その実力は他の冒険者と比べられるものではなく、さらには戦闘メイド・プレアデスと同格かそれ以上の強さを見せました。
”蒼の薔薇”のリーダー・ラキュース「難度」を示した際、オリハルコン級冒険者が八十、ラキュースが九十、プレアデスのエントマが百五十、デミウルゴスが二百以上とされる中、イビルアイは百五十以上と評されており、ナーベをして「レベルだけで評価するならプレアデスでは勝てない」と言わせるほどで・・・。
事実モモンナーベと共に最終決戦の場に居合わせた唯一の人間である彼女でしたが、それでいて仲間を想いやる姿も見せていました。

また、そんな彼女ですが、とある窮地に陥った際、颯爽と現れたモモンに好意を抱いてしまうという場面もありました。
それまでの威厳やどこへ、と言わんばかりに一気に「残念な感じ」になっていくあたりがなんとも・・・。(笑)
以前の”漆黒聖典”の「番外次席」もそうですが、やはり強者は強者に惹かれるということなのでしょうか。
ただ、アインズからすれば、プレアデスの一人・エントマを撃退する活躍を見せたイビルアイには良い感情を抱いてはいるはずもなく・・・まぁ、実らない恋なわけで。
とりあえずアルベドシャルティアとの邂逅がないことを祈ります・・・。(笑)

一方で、そんな彼女の所属する”蒼の薔薇”ですが、どうにもまだまだ秘密が隠されていそうですね。
メンバー五人共にバックボーンがあるようで、それはいずれ明かされることでしょう。
その中にはクライムに関わることもありそうですが、ここら辺はなんとなく・・・ね。

そんな中、迎えることになった「結末」は多くの人物へ影響をもたらしたのではないかと。
確かな戦果を挙げたものもいる中、アインズデミウルゴスらが示す次なる策も気になりますが、「襲撃」を受けた王国や、「アインズ・ウール・ゴウン」という人物について調べていた帝国の動向にも注目です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト