おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ない 11巻 感想

あらすじ

リア充の時間の流れは速い。
三年生に進級し、友達や恋人と過ごす充実した日々を駆け抜けて、卒業式の日に小鷹は思う。
結局俺は物語の主人公のような劇的な青春は送れなかった。
恋や友情や家族や夢といったありきたりで切実な問題は、勝手に成長したそれぞれが各自でなんとなく解決したり、解決しないまま時と共に乗り越えた。
だからって、別れが寂しくない理由にはならない。
劇的でないことが大切でない理由にはならない。
この涙を止める理由にはならないのだ――。
残念系青春ラブコメ、エピローグ。
この「今」はきっと、いつまでも俺の心に残るだろう。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 平坂読(ひらさか よみ) イラストレーター ブリキ

感想

そうですね・・・良かったと思います。
賛否両論あるようですが、私としては綺麗に走りきったように感じます。

まず、前提として、10巻の時点で「本編」はひとまず完結しています。
それに加えての「後日談」的な要素を持つのが今巻というわけですが、そこには小鷹たち隣人部の更なる「1年間」が綴られていました。

例えば小鷹幸村の物語
今巻全体を通して、またその中でもここが結構「リアル」だと感じました。
うん、「実際そんな感じ」なんですよね・・・。
作中にあった星奈に対して放った幸村の一言なんかがいい答えだと思いますが、こと「顛末」に至るまでの過程全体で、私は「納得」しました。
彼らの心情もさることながら周囲の反応などなど・・・いや、物分かりが良いなんて怖いですよね?(笑)

また、ソラタカの幼い物語
多分ですが、小鷹夜空が恋人になったのであれば、それこそ納得しなかったのではないかと思います。
今作における二人の主人公である彼らの関係はやはり「友達」でしょう。
ただ、最後に勇気を出して前に進んだ少女とそれを受け止めた少年は、また新しい未来へ進んでいくのではないかと。
だから、「ソラ」と「タカ」の物語はここでおしまい、ですね。

夜空星奈
例の一件以来、互いに「友達」として認識し始めた二人。
相も変わらず喧嘩するなど、これまでと変わらないようにも見えますが、それでもやはり「友達」になったんだな・・・と。
また、同時に「ライバル」であったわけですが、それは幸村に・・・。(笑)

まぁ、ともあれ「隣人部の答え」を見ることが出来た気がします・・・今回、夜空が星奈の部屋に遊びに行くという出来事がなければ・・・。(笑)

小鷹星奈
焦点のあたっていたこの二人がまさか何事もなく過ぎていくとは・・・。(笑)
ただ、これまであったことは”0”ではないし、同時にこれからの未来、何があるか分からないですし・・・これはこれでいいのではないかと。
虎視眈々と狙う星奈の姿がそれを表しているようにも見えますし、小鷹も中々に大変ですね。(笑)

志熊理科
この子も「主人公」でしたね。
「隣人部」という物語を経て出した結論が、またなんとも彼女らしいと言いますか。
これから様々な事にぶつかっていきそうな彼女ですが、はてさてこれからどんな未来へ進んでいくのでしょうか?
今作において、最も「前に進んだ」人物でしたね。

そして隣人部
小鷹幸村が付き合い始めたという状況に対し、揉めそうだなと思いきや・・・やはり揉めましたね。
夜空星奈なんかの反応は予想していましたが、理科幸村の関係がまさかここまで悪いとは・・・いや、幸村の煽り方がすごいのですが・・・。(笑)
ただ、「隣人部の誰とも付き合わない」という約束を破ったため、先に辞めた幸村同様に退部しようとする彼を止めた星奈
彼女の意見は、おそらく隣人部誰しもの”声”だったのではないかと・・・う、、とても「らしい」ですね。

また、「小鷹が選んだ隣人部」という存在。
これまでの一年、そしてそれからの一年、彼らの大きな心の拠り所だったんだな・・・と実感しました。
ついに迎えた「卒業式」でそれはとても顕著に表れていて・・・。
そして、すべてはまさに小鷹の最後の一言が物語っていましたね。
いや、本当に素敵な言葉でした。

ちなみに余談ですが、部員募集ポスターに隠されたもう一つのメッセージ・・・小鷹は良く気が付きましたね・・・。

と、そんな彼らの物語は幕を閉じました。
色々な出来事を重ね、「これから」を歩んでいく彼らの姿には感慨深いものもありますし、同時に「最後の遊び心」のようなお話を見たときには思わず笑ってしまいました。
改めて見返してもなんら違和感がなく、「結局こんな感じか・・・」みたいな・・・。(笑)

未来に向けた伏線もあり、ある種の「中途半端」感もありますが、それでも「未完」なところがこの作品らしくていいと思います。
すべての答えが出揃うわけでなく、彼ら自身がどうなっていくんだろう、と思えるような締め方で良かったと感じますし・・・うん、本当に面白かったです。

平坂読先生、ならびにブリキ先生、本当に素敵な作品をありがとうございました。

小鷹ら隣人部メンバーがこれからも「らしい」人生を歩み続けることを願いつつ・・・。


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。