おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9巻 感想

あらすじ

「モンスター・・・・・・ヴィーヴル?」
新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。
人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが・・・。
「竜女か――久々の上玉だ」
忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。
一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。
人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!
「ベル・・・大好き」

これは、少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 大森藤ノ(おおもり ふじの)  イラストレーター ヤスダスズヒト

感想

次に出る10巻と合わせての上下巻構成ということで下地が作られていった印象を受けました。
ただ、その内容はこれまでとは少し違う、「新たな世界」を感じさせるもので・・・。

前回の最後に登場した”モンスター”、最上位の「希少種(レアモンスター)」である『ヴィーヴル』ベルの邂逅から物語は動き始めました。

喋る”モンスター”、「竜女」のウィーネ
――ウィーネ・・・?わたしの、名前?――

その姿は決して人ではなく、ただモンスターというには何かが違っていて・・・。
それでも生まれながらにして、モンスター、冒険者問わず襲われたという経験はとても辛いものに間違いはないわけで・・・しかし、幸か不幸か自分を助けてくれた「少年」との出会い・・・そこから「彼女」の人生は変わり始めました。

なんだろう、間違いなく「鍵」を握っている存在なのでしょうね。
いよいよ触れはじめた「ダンジョンの謎」についてもそうですが、作中にもあったようにウィーネたちの「存在意義」とはなんなのでしょうか?
ただの偶然なのか、それとも・・・。
そして気になるのはとある人物が告げた”ダンジョン”に対しての「祈禱」という表現・・・それが意味するものとは一体・・・。

今回判明した事の一つに、「彼女」と同じ”喋るモンスター”が複数体、それも少なくない数存在していることがありました。
彼らのことを「異端児(ゼノス)」と称していましたが、何を隠そう命名したのは”ギルドの真の王”たちなわけで・・・。
また、15、6年前から存在を確認していたらしく・・・うん、今回が初めてというわけではないんですね。

一方で、”喋るモンスター”の存在を知る組織は”ギルド”だけには留まっていませんでした。
いかにも怪しげな【イケロス・ファミリア】、彼らこそ裏でモンスターの密売を執り行っている組織なのですが、案の定危険な気配が漂っていて・・・。
一言でいえば「快楽」でしょうか・・・いやはや、本格的な「悪」を印象つけられました。
そして・・・なんだか嫌な気がするんですよね・・・。

そしてベルたち。
ベル以外の眷属たちは当然のごとくウィーネの保護を受け入れる事など出来ませんでしたが、彼女の無垢な姿、そして共に過ごしていく日々の中で次第に抱く感情が変わり始めていき・・・。

今回提示されたテーマの一つが「人間とモンスターの共存」でした。
それはとある人物、そして「異端児」たちの”想い”でもあったのですが・・・はてさてそれは実現するのでしょうか。
その懸け橋ともなりえるベルたちとウィーネ、そして「異端児」たちとの邂逅は傍目から見ても”成功”したと言えるでしょう。
ただ、普通の何の力も持たない人間が「それ」を認める事などはたして出来るのか、という話で・・・。

さて、多くの”想い”を感じることになったベルたち。
彼らがこれからどうしていくのかが気になる中、どうしても嫌な感じが拭えない終盤の展開・・・。
”魔石”の話など、伏線にならなければいいのですが・・・。

他にも、まさかの共闘を果たしたアイシャリューの相性最悪なコンビ(笑)や、少しずつ広がっていく修羅場フラグなども面白みをみせ、また、あとがきで触れていた剣姫「猛牛」の登場についても期待感が高鳴ります。
「鎧を着た黒い猛牛」「モンスターの魂について」「不在である異端児一の実力者」など、それらが連想させるのは・・・もしかして・・・。
ちなみに「猛牛」はヒロインらしいですよ。(笑)

と、そんなところですかね。
・・・次巻は来年になるようで、待ち遠しいですよね・・・。
と、その前に外伝が発売されるわけで・・・そちらはどんな話になるのかな?



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト