おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の3P! 3巻 感想

あらすじ

小学生三人娘と迎える初めての夏休み。
響たちの許に届いたのは南の島での島おこしイベントの出演依頼だった。
だが実はそれは、響が以前よりチャットでやりとりを続けていた『霧夢』が発案したオファーであり・・・。
演奏はもちろん頑張るつもりだが、まずは何より海遊びに興味津々な三人を連れて入り江にやってきたものの――。
「水着の上の方、流されちゃいました」控えめ引っ込み思案な五島潤。
「ねえ響、ちょっと冷えてきたからお腹さすって」勝ち気だが繊細な紅葉谷希美。
「はむ?ぱんつだからはだかじゃないよ?」ぷかぷかお昼寝好き金城そら。
個性豊かな三人に響は終始、振り回されっぱなしに――。
そんな矢先枕元に置かれた『今すぐ帰れ』という警告文を見つけ、事態は急変する!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 蒼山サグ(あおやま さぐ)  イラストレーター てぃんくる

感想

ついに正式に稼働し始めた希美そらのバンド、『リヤン・ド・ファミユ』。
”家族の絆”を意味する名をかざし、一層活動に精を出す毎日の中で、ある日一通の手紙が届き、そしてそれは”島おこしイベント”におけるライブイベント出演の依頼とのことでした。
しかし、ネットでの知名度が上がっているとはいえ、なぜ自分たちなのか・・・胡散臭い、と勘ぐる響たちでしたが、案の定というべきか一人の少女の影がちらついていて・・・。

「ひびきP」のパートナー、【霧夢】を名乗る少女、相ヶ江柚葉
――やっと会えましたね、ひびきさん――
引き籠り時代の「ひびきP」の相棒である【霧夢】
前回ではのオンライン率の低下に対し、憤っている様子が伺えましたが、一転し穏やかな雰囲気で姿を現した彼女。
中学二年生という若さに対し、その佇まいや言葉使い、島おこしに対する献身的な姿勢はも感心していましたが、一方で【霧夢】とは少し違うような印象も受けていて・・・。

まず、【霧夢】の”招待”の真の目的とは「ひびきP」と活動をしている『リヤン・ド・ファミユ』を解散させることでした。
そのために”誘惑”すべく柚が動くのですが、タイミングが悪いというか、小学生たちに邪魔されているというか・・・。(笑)
ただ、次第にエスカレートしていき徐々に嫌がらせにまで発展してしまって・・・。

まぁ、この時点で「なんとなく分かるもの」があるんですが、その一方でそらの過去について触れられていました。
自分のことを「野生児」と称していたそらでしたが、ある種そのまんまというか・・・かなり厳しい過去でしたね・・・。
ただ、今回はさわり程度の話でしたが、今後の伏線になっていくのでしょうか・・・。

そして話は再び本編へ戻るのですが、ついに”真実”が明かされることになって・・・。

”龍の巫女”【霧夢】
――直接会うのは、はじめましてだね、ひびき――
とある事情から柚葉に”代わり”を務めてもらっていた【霧夢】
もちろんを”誘惑”に「適している」ということもありますが、何よりもどうしようもない事情が裏に潜んでいて・・・。

代々、双龍島に伝わる風習として”龍の巫女を崇める”というものがありました。
「貴龍」の血を引く女性は後継ぎが出来るまで神社の敷地から出てはいけないこと、十八になると結婚し、子供を産むか養子をもらい、その子が五つになったとき、入れ替わりで初めて自由となる。
そんな理不尽にも思える風習でしたが、しかし当然のように受け入れていた島の人たちとしては違和感などあるはずもなく・・・。

ただ、そんな「自由のない生活」が結果としてネットという趣味、そして【霧夢】を生み出したわけですから一概に悪いともいえないんですよね・・・。
それでも、柚葉をはじめ幾人かの人は”変えたい”と行動を起こし始めていて・・・。

すれ違いもあり、一度は”終わりそう”になってしまった「ひびきP」【霧夢】の関係。
しかし、”真実”を目の当たりにした響たちが想いを込めたライブ。
そして踏み出した【霧夢】の新たな一歩。


うん、後半から終盤にかけての流れがすごく良かったと思います。
なによりも”島おこし”の真の意図がまたいい伏線になっていたというか・・・この子供にして母親ありですね。
また、衝撃のラストの展開・・・どうにも一層にぎやかになりそうでなによりというか。(笑)

さて、その一方で今回も桜花の話があったのですが・・・いや、本当に残念美人ですね・・・。
よりも釣りに行くことを選んだり、機会がないかもと水着(もの自体)を見せたりと・・・いや、本当に・・・。(笑)
も若干引いてるし・・・この二人は果たして進展するのか・・・。
なにやら希美も動いている気もしますし、さてさて。(笑)

巻を増すことに賑やかになっていく物語。
次回は夏休みも明け、日常に戻るのかな?
小学生陣も気になりますが、高校生陣もどんな感じなのでしょうかね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。