おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘヴィーオブジェクト 9巻 氷点下一九五度の救済 感想

あらすじ

クウェンサーとヘイヴィアが戦場を離れてやってきたのは、できない事は何もない金と欲望と常夏の海岸工業都市ロストエンゼルス。
まるで観光地のような景観の街、しかしその実態は四つの暴力組織がひしめきあい、そんじょそこらの戦場より簡単に人が死ぬと言われる無法地帯だった!!
「あれ、ビーチの方は?ロストエンゼルスなら欲求不満を水着で包んだようなお姉ちゃんがわんさかいるんじゃないの?」
「どこの『組織』の愛人やってるかも分かんねえ美人どもがな。一回ミスったら金玉もぎ取られるような神経衰弱やりてえのか」
相変わらずの二人だったが、今回のミッションは一味違う。
軍事諜報部付きとして招集された彼らは、金髪ビキニ上官・ミリアの指揮のもと『信心組織』の超大型兵器オブジェクトを無傷で盗み出すという前人未踏の怪盗ミッションに挑戦する!
そして新たなエリート少女も登場するぞ近未来アクション!!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 鎌池和馬(かまち かずま)  イラストレーター 凪良(なぎりょう)

感想

『信心組織』所属、『安定国』指定、自由と災厄の街・ロストエンゼルス。
今回の舞台は危険な雰囲気が漂うそんな街に移り、そして案の定、巨大な事件に巻き込まれることとなり・・・。。

まず、そもそもの発端はクウエンサーがディスカッションにて発した「机上の空論」が上層部に認められてしまった事から始まりました。
本人もまさか採用されるとは思っておらず、逆に現地に飛ばされたことを後悔したりもしていましたが・・・ただそれだけある種の奇抜なアイデアに他ならないわけで、それは”敵のオブジェクトを無傷のままかっぱらってテクノロジーを奪ってやろう”という案でした。
そして驚くことに、その策はヘイヴィアらほかの隊員の協力の元、見事に成功するのですが、そんな中クウェンサーは一人の少女との邂逅を果たすことに・・・。

『信心組織』第二世代オブジェクト「サラスバティ」専属の操縦主、プタナ・ハイボール
――・・・それよりキモいのであまりみっちゃくしないでください、センパイ――
クウエンサー達が奪取したオブジェクト・サラスバティの操縦主であるプタナ
コクピットにいた彼女もまた捕虜として扱われ、渋々彼らと行動を共にすることになるのですがその能力たるやこれまでの”エリート”達以上の戦闘力を発揮して・・・。

プタナには「視線」を感じるという特有の”スキル”が備わっていました。
それにより気配や攻撃を察したりするなど”特殊なエリート”に分類されるのですが、それ以上に凄いのが生身の状態ですら「それ」が可能という点でした。
例えば、「お姫様」「おほほ」などは「オブジェクトに乗れば最強だが、外に出れば銃で管理できる」のに対し、プタナにはそれが通用しない、と称されています。
ただ、『信心組織』らしく「信仰心」など『別の方法』で管理は出来るようで・・・。
と、そんな彼女の単独での大立ち回りも見どころの一つなのですが、一方で胸中には決して穏やかとは呼べない感情が秘められていて・・・。

奪取されたオブジェクト・サラスバティ、それはプタナにとって特別な存在でした。
彼女の「背景」にも関わりのある事でしたが、しかしその大切な存在を奪われたまま、日々を過ごしていけるわけもなく・・・。

いや、クウェンサーとのコンビは割と相性が良さそうなのですが、一方で「仇」な関係なんですよね。
「何も知らない」プタナと、「知られるのが怖い」クウェンサーでしたが、しかし水面下では確かに動いていたわけで・・・。

ただ一方で、彼と共に過ごすうちに少しずつ変わり始めていくプタナ
そしてなにより、とある人物たちの言葉が彼女に確かに届いて・・・。
――済まなかったな、プタナ――
本当は何を守りたかったのかどんな道を進みたかったのか、やがて見出す彼女の「道」がとても・・・ね。

そんな少女も物語の傍ら、クウェンサーらはまたしても「謎」にぶち当たることになり・・・。
やがて、知る”真実”の前に立ちふさがる黒幕からの”問いかけ”はある種とても的を射たものでした。
――なあ、この世界がいつまで続くと思う?答えは続かない、もう終わっている、だ――
捉え方にもよるのですが、しかし連想するには容易なもので・・・。
ただ、それに対するクウェンサー、そして「お姫様」の答えがまた”面白かった”です。
なんというか、彼らだからの回答かな、うん。

と、今回はそんな”ダブル主人公”な印象のお話でした。
・・・ヘイヴィア?・・・ははは。(笑)
何気にプタナミリンダの絡みなんて見てみたい気もしますが、さて彼女は再登場するのかな?
「アイスガール1」「バーニング・アルファ」シーワックスなど出番のある人物もいますし、期待したいですね。

さぁ、次回はどんな話になるのかな?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。