おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

魔王なあの娘と村人A 8巻 感想

あらすじ

というわけで季節は春。
2年に進級した俺こと“村人”の佐東は、クラス替えで“勇者”の翼と一緒のクラスになった。
もちろん“魔王”竜ヶ峯も今まで通り一緒だ――。
いやいやこのクラスはダメだろ!
魔王と勇者が一緒のクラス?
去年は別々だったから授業中は平和だったんだが、これじゃあもう、四六時中毎日がラスボス戦じゃねぇーか!
しかも入学式のあいさつで、校長が『個性者生徒諸君の悩みは、我が校の“村人A”が誠意を持って対応いたします』とか変な宣言しちゃうし!
俺の二年目の高校生活に、もはや安息の日はないのか!?


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 ゆうきりん  イラストレーター 赤人(あかひと)

感想

なるほどね、ここに来てこの話はいろいろと考えさせられるものがありました。
もしテーマを挙げるのであれば「再確認」や「原点回帰」なんて言葉が当てはまるのではないかと・・・。

季節は流れ二郎たちは二年生へと進級しました。
ただ、それに伴い穏やかな日々が手に入るわけもなく、どうにも騒がしさは増すばかり。
そんなある日、とある事件が起こりますが、ただいつもの騒動とは少し違う状況に、周囲の反応は様々なもので・・・。

――少しも楽しめない、ただの迷惑ってのは――つまらない――
今巻で最も印象に残った言葉です。

これまで唐突に実行されてきた桜子の「人類殲滅計画」や、それに対するのリアクションなんかは「観客」にとって”エンターテイメント”として捉えられていた部分が強かったことが明かされた今回の話。
まぁ、本人たちも少なからずそういった”意識”があったようにも見えますし、「構わない」とされてきたのですが、しかし今回の事件は明らかな「迷惑行為」に該当するものであって・・・。

ある種の”悪意”を感じたとき、”村人”は”個性者”に対しどのような感情を抱くのか、その「例」が垣間見えましたが・・・いや、ひとまずの予想通りでしたね。
あからさまな敵意を持つ人もいましたが、ただそっちの方が当然の反応な気もします。
そもそも、”個性者”とコンタクトが取れる二郎がイレギュラーなわけですし・・・。

また、ふと思わされたのは、これまでが上手くいきすぎていたという事実について。
クラス劇の一件以来、何かと「順調」に感じていた”個性者”たちとの距離感。
しかし、結局それはあくまで「彼」の周囲の話であって、結局”村人”と”個性者”との”根本的な距離”というものは変わっていないんですよね。
それが今回の事件や「クラス替え」により明確にされましたし、なにより関連して気になった現象も起きていました。

それは、二郎「もし桜子が普通の人であったら・・・」と想像する場面、友人である斉藤木村との会話の中、もしもの可能性で桜子との”未来”を思い描こうとしたとき、「やばいところに踏み込んだ」とし、得体のしれない「何か」に恐怖することとなりました。
奇しくも斉藤木村の二人も同様の状態が起きたようで、表情が青ざめていたと称されており・・・。

なんか、いよいよもって”この世界”に抱く疑念が膨らんでいきますよね。
ここの描写を見ると、それまでの「鈍感さ」が一概に彼の特徴だとは思えなくなってきたのですが・・・。

また、その一方で”個性者”に関しての「めんどくさい」問題も提示されました。
「個性の発揮を邪魔してはいけない」という決まりがあるのですが、今回その規則が立ちふさがることなりました。
新しいテキストが真っ黒にされて字が読めない、購買のパンから野菜が抜き取られている、などの「ただの迷惑行為」に対しても「個性の発揮」であれば手が出せない、というところが良い感じにこの作品の”理不尽さ”を醸し出していました。
犯人に関してはほぼ最初から見当がついていたのですが、それだけでは「解決」するには至らないわけで・・・。
結果、二郎がある奇策に出ることになるのですが・・・しかしこの規則、本当にね・・・。

さて、そんな本編の傍ら、桜子のバトルはいつも以上に白熱していました。(笑)
まさかの同じクラスという問題もさることながら、二郎の取り合いが相変わらず激しいというか・・・もはや露骨の域に・・・。
ただ、先述の通り「気が付けない」二郎ですが・・・これ、本当にどうなっていくんですかね。
割と”本質”に迫っていそうなも気が付いているのかいないのか、そこら辺も物語の”鍵”になって来そうな気がします。

あと、ふと気になったのは「テイル・メーカー」の存在について。
特に今回で伏線があったわけではないのですが・・・なんとなくある人物の事が頭に浮かんできたんですよね。
色々な「条件」にあてはめられると思うのですが・・・もしそうだったら面白いのかな・・・なんて。(笑)
一応「傍観者」としても悪くない位置にいるわけですし・・・。

さてさて、今回はそんなところでしょうか。
「進級」という新たなステージを迎えたこともあり、再度”村人”と”個性者”の関係について「再確認」した印象を受けました。
と、同時にいくつかの”問題点”も見え始めてきたわけで・・・。
ラブコメらしく恋の行方も気になる中・・・次回はなんと”生徒会長選挙編”ということで・・・”魔王”と”勇者”の戦いが幕を開ける・・・のかな?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト