おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落第騎士の英雄譚 3巻 感想

あらすじ

「この戦いで私の限界を試してやる!」
学内戦も終盤に近付き、とうとう始まった戦績上位者同士のつぶしあい。
最愛の兄と共に歩んでいくために身につけたすべての力を賭して、
珠雫は学園最強の生徒会長《雷切》東堂刀華に挑む。
一方徐々に評価を高めつつある一輝に、黒鉄本家はその牙を剥く。
卑劣な罠により虜囚の身となる一輝。
引き裂かれるステラとの絆。
そしてついに迎えた最終戦、満身創痍の《落第騎士》の前に、 過去最大の敵が立ちはだかる。
怒濤の盛り上がりを見せる『校内編』、逆境の第3巻!
降りかかる艱難辛苦を斬り払い、七星の頂へ駆け上がれ!

不敗vs最弱
学園代表の座を賭け、決戦開始!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 海空りく(みそら りく)  イラストレーター をん
感想

校内選抜戦もいよいよ大詰め。
いずれ来る実力者同士の激突の前に始まった『雷切』VS『深海の魔女』の一戦。
学園最強の実力者を前に珠雫が見せた真の力とは・・・。
また、一方で一輝にも試練が訪れることに。
黒鉄本家が彼を陥れようと放った最強の刺客とははたして・・・。

いや、激熱ですね。
開幕の試合もさることながら、物語の流れと言いますか・・・終盤の”一戦”は本当に強く印象に残る名場面でした・・・。

さて、今回はこれまで名前のみの登場だった”学園最強”の生徒会長が姿を現しました。

破軍学園生徒会長、東堂刀華
――《閃理眼》のカラクリがばれたところで、――私は、負けたりしませんから――
普段は温和な生徒会の”母”のような立ち位置におり、校内の生徒からも慕われている彼女ですが、一度戦場に降り立つと、まさに”戦士”へと一変する刀華
また、自他ともに認める校内最強の実力者であり、Bランクとはいえ、今のステラでは勝てないとまで評されるほどでした。
そんな彼女の代名詞でもある伐刀絶技《雷切》は、雷よりも迅いと言われる瞬速の居合切りで、かつて彼女に勝利した現七星剣王でさえその一撃は避けようと対策を練っていたほどの絶対的な切り札として知られており、またさらに、とある”特性”が彼女を更なる高みへと押し上げていて・・・。

そんな中、今回とある事件を生徒会メンバーと共に調査した一輝は、その最中「東堂刀華」という人物の”原点”を知ることになりました。
何故彼女はそこまで強いのか・・・。
――あの子と君では、背負っているモノの重みが違うんだ――
副会長の泡沫から告げられたその一言は、しかし彼の心に問いかけるように残り続けて・・・。

一方で、一輝の快進撃を聞きつけ、ついに黒鉄本家が動き出すことに。
ステラとの密会を目撃されてしまった事から始まり、悪評を連ねた記事のでっち上げ、スキャンダルとしてヴァーミリオン皇国の名まで巻き込み、さらには『倫理委員会』なる場所で査問までかけられる始末。
ただ、まさに”やり過ぎ”なこの一連の流れに対し、しかし”黒鉄一輝”を知る校内の生徒たちからは「捏造」の声も上がっていて・・・。

そして、そんな中、ついに一輝の前に父・巌が姿を見せました。

黒鉄家現当主、黒鉄巌
――私はお前を、ちゃんと息子として認めている――
開幕のやり取りから少し天然な印象も受けましたが、どちらかと言えば「真面目すぎる」人物なのかと。
しかし、自身の想いを伝え、同時に”繋がり”を改めて感じていた一輝に対し飛び出した一言がなんとも・・・。

ただ・・・どうなんでしょうね・・・。
確かにその言葉の”意味”一輝の心を容易に砕くに値するものでしたが・・・はてさて。

実は、私としてはそれほど嫌な印象は抱きませんでした。
いや、彼に問題がないとは言わないのですが、なんていうか”在り方”を否定出来る要素もないわけで・・・。
また、結局は「一輝の主観」で話は進んでいるということもあり・・・もう少しこの親子は話をするべきなのではないかと。
そして、彼の言う”正義”の重みを知る時、一輝はどうするのかな・・・と。

また、どう考えても裁かれるべきは今回の実行犯である人物、赤座ですよね。
が了承したとはいえ、手を下した彼の「手段」はさすがに目に余るものがありました。
まぁ、だからこその顛末なのでしょうが・・・。

そして、ついに迎えた最終戦。
飲食、就寝すらまともに取れず、また薬物により体調の乱れにより歩くことすら困難な最悪のコンディションの先に待つのは”不敗”の生徒会長でした。
意図された試合とはいえ、向かってくる以上は全力で相手をすると公言する刀華
一輝の事情を知りながらも、決して手を緩めることもなく・・・ただそれこそが彼女らしさなのだと感じますね。

一方で、との会話や、薬物の影響で心が壊れかかっており、また朦朧とする意識の中で『自身』に問いかけ続ける一輝
”理由”もなくなり、なぜ頑張るのかと、ただただ悩みながらもその身を引きずるように会場へと向かうのですが、やがて、満身創痍の一輝が学園にたどり着いた先に待っていた光景が・・・いや本当に・・・ね。

大切な妹や、これまで出会った幾多もの人々、そして最愛の想い人。
ついに”答え”を見出した一輝の歩んだ先にまつ最後の戦い。

そして《雷切》に挑む、”最強の一分”、その限界を超える『一閃』・・・いや、涙なくして見られなかったです・・・。

と、そうして物語はついに『校内戦』の完結を迎えました。
ついに出揃った選抜の6人・・・気になる名前もありますが、それは次回辺りで語られるのかな?
また、ついに公言された一輝ステラの関係。
ヴァーミリオン国王にはひとまず七星剣武祭の後まで”保留”との判断を受けていましたが、さてさてあのお姫さまは「我慢」出来るのでしょうかね。(笑)
次いで珠雫
「彼女」もそうですが、あれだけの強さを見せ、このまま退場ということはない気がしますが・・さてさて。
しかし、《雷切》に及ばなかったとはいえ、あそこまで強かったとは・・・。
あとはやっぱり一輝かな・・・ひとまず心の均衡を保ったように思えますが・・・さて・・・。

そして・・・やっぱり最後の・・・思えばあり得なくなかったんですよね。
実際ところどころ怪しいところはあったわけですし・・・ただ、これまでの生活の中、「培ってきたもの」もあると信じたいのですが・・・。

と、そんなところで次回へ・・・。

舞台は『全国編』へ移るとのことですが・・・「暁」、そして「彼の”兄”」とははたして・・・?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。