おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 18巻 師族会議編〈中〉 感想

あらすじ

世界中の魔法師が注目する師族会議は、何者かによる自爆テロによって幕を下ろした。
この残酷な計画は、死体を操る魔法によって引き起こされていた。
この魔法を手がかりに、企てた黒幕を追う達也。
世論では、この事件によって、魔法師を糾弾する『人間主義』の勢力が日々拡大しつつあった。
そして、
「四葉家の司波達也殿がお前と同様、十文字殿の下で捜索に加わる。将輝、意地を見せろよ」
そう一条剛毅に発破をかけられた将輝は、『テロの黒幕』捜査メンバーである達也に対抗するように東京へ向かうのだった。
そして、深雪に『婚約』を申し込んでいる将輝は、思い掛けない手を使って深雪にアプローチを試み・・・。
一方、絡まり合う人間模様と、日々悪化していく社会情勢の中、ついに『黒幕』の手掛かりを掴んだ達也。
しかし彼の前に、思わぬ『第三の勢力』が立ち塞がる・・・!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 佐島 勤(さとう つとむ) イラストレーター 石田可奈(いしだ かな)

感想

前回の最後に起きた事件により”一般人”と”魔法師”の間で決して小さくない問題が起こり始めることに・・・。
そんな事態に対し、十師族の当主たちはある行動に移すことに・・・。

これまで垣間見る事があった「反魔法師」の”波”が一気に押し寄せてきましたね。
それこそが今回の主犯である顧傑(グ・ジー)の計画なのですが・・・やっぱり潜在的なものが大きかったんでしょうね・・・。
ある一族への”復讐”を目的とした彼の作戦もあくまで「煽動」に類するもので、現状大きな問題を起こしているのは他ならない、守るべき”一般人”なんですよね・・・。

そんな事件の一方で気になるのは、魔法師側の”気持ち”でしょうか。
花音が”例”に出されていましたが、今回の事件で「一般人を守れなかった」十師族に対し不満を持つ魔法師も出てきていました。
”七草”泉美と口論になるものの、結果としてその場は収まりました・・・が、それはあくまで理解者や仲裁者がいてくれたからに過ぎなくて・・・。

また、”一般人”の「魔法師」に対する認識に辟易している人も少なくありませんでした。
さて、以前より取り上げられてきたこの軋轢をどう解決していくのか・・・注目したいかと。

そして、そんな事件の傍らで印象付けられたのは司波達也、そして深雪の両名についてです。
”真実”を知らされて以来、少しずつ変わり始めた二人の関係。
始めは深雪が「意識をし過ぎている」程度にしか思っていなかったのですが、どうにも思った以上に深刻な印象を受けました。
表立って嫉妬することもなく、また人前で腕を組むこともしない、「兄妹」であった頃からすれば、距離が離れたようにも感じますが、将輝からすれば「兄妹から恋人への変化に思えた」ようで・・・。
また、達也にしてもある程度の推測を立てているようですが・・・中々に難しい”問題”ですよね・・・。

そして、そんな達也にも微々たる、しかし確かな変化が訪れていました。
”婚約”に対する彼の胸中が今回明かされましたが・・・彼らしいような、そうでないような・・・。
一方で真由美に対する”認識”ですが、「深雪の事で一杯だから、そういう対象としては考えないようにしている」とのこと。
ただ、それって決してゼロではない気が・・・。

あとは、捜査メンバーとして加わった将輝が一時的に第一高校に通うことになったのですが・・・なんか扱いが可哀想過ぎて・・・。
レオエリカらいつものメンバーに気圧され、ある意味、彼の常識人らしいところというか、幹比古に通じる苦労人な雰囲気が見られたのですが、それ以上に深雪達也への「愛情」を見せつけられたり、ほのかに利用されたりと、本当になんだか・・・。(笑)
微塵も可能性を感じられない彼の”求婚”はどうなるのやら・・・。

また、そんな中、ある生徒の「将来」が示唆されていましたが・・・なんだこれは・・・。(笑)

と、そんなところで本編の気になるところへ・・・。

今回、意外なほどに穏やかではない空気が流れてましたね。
七草家当主の弘一の思惑にしろ、十師族当主へと代替わりした克人の懸念にしろ、どうにもただならぬ雰囲気が構築されていました。

また、一方で、まさかの勢力と対峙することになり・・・。
前巻からなんとなく予想出来てはいましたが・・・いや、まぁ”敵対”ではなく”目的の違い”なのですが・・・さてさて・・・。
あと、この問題に「彼女」は動きを見せるのかという点が気になりますね。

そして、何よりも『次回予告』でしょう・・・。
真夜らしくもない振る舞いを見た時から気に掛かってはいましたが・・・すっごく嫌な予感しかしなくて・・・。
顧傑の扱う魔法を考えると・・・まさか・・・ね。

徐々にゴールも近づいてきたという今作品。
終盤の怒涛の展開からの次回予告・・・さて、今事件はどんな顛末を迎えるのでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

真夜様は

18巻読みました!
自分も真夜様について気になりました。
うーん、でも真夜は死んではいない(=グ・ジーには操られていない)と思いますね〜
個人的には次巻煽り文にあった、お兄様の逆鱗に触れる的なところが気になりました。ともあれ、次巻が待ち遠しいですね笑

Re: 真夜様は

待ち遠しいですね。(笑)
ただ、私が気になるのは真夜ではなく、もう一方の”あの人”なんですよ。
物語が始まる前より、舞台から「退場」している”彼女”が示唆されているような・・・。

> 18巻読みました!
> 自分も真夜様について気になりました。
> うーん、でも真夜は死んではいない(=グ・ジーには操られていない)と思いますね〜
> 個人的には次巻煽り文にあった、お兄様の逆鱗に触れる的なところが気になりました。ともあれ、次巻が待ち遠しいですね笑
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。