おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ 5巻 八舞テンペスト 感想

あらすじ

夏休み前の七月一七日。
来禅高校の修学旅行で或美島を訪れた五河士道は二人の精霊と遭遇する。
「最後の決闘だ!この男――士道を、先に落とした方の勝ちだ!」
「承諾。――その勝負、受けて立ちます」
どちらが真の精霊かを争う八舞、耶倶矢と夕弦。
彼女たちの裁定役に選ばれてしまった士道は令音に相談するのだが・・・。
「・・・今回、私は、君をデレさせる。だから君はその上で二人をデレさせてくれ」
謎の通信障害によって“ラタトスク”のサポートは受けられない状況の中。
すれ違う二人の精霊の過酷な運命を覆すため、デートして、同時にデレさせろ!?


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 橘公司(たちばな こうし) イラストレーター つなこ

感想

学生の一大イベント、修学旅行先で士道見た目そっくりな二人の少女たちと出会うことになる。
一方、前回の一件による折紙の”処分”が決まる中、しかるべくして”彼ら”が動き出し・・・。

第5の精霊、八舞耶具矢
――最後の決闘だ!この勝負の勝者が、相手を取り込み真の八舞となる!――

第5の精霊、八舞夕弦
――承諾。――その勝負、受けて立ちます――


識別名〈ベルセルク〉
風の能力を有する彼女たちは、移動範囲や移動速度、また”気まぐれな狂戦士”と称されるその特性から遭遇率が極端に低いと言われている精霊でした。
ただ、その一方で、彼女たちによる被害は甚大であり、精霊を秘匿としたい勢力からは頭痛の種として認識されていることから”最優先目標”とされている一面もあり・・・。

今回、偶然にも彼女たちと出会った士道はその”勝負”に巻き込まれてしまうことになったのですが、しかし、令音ら〈ラタトスク〉からすればまたとない絶好のチャンスなわけで・・・そうして始まったのが、士道を”デレさせる”という、普段とは異なる”攻略”でした。
二人の美少女から積極的に攻められるという状況に気が気でない士道でしたが、しかしそこにはある”真実”が隠されていて・・・。
”美少女転校生”である十香と、校内一の有名人と噂の折紙に加え、”転校生の八舞姉妹”にまで囲まれるものだから、士道へのヘイトは高まる一方で。(笑)
まぁ、純粋な十香はさておき、男風呂を覗く当たり前のごとく意味不明な言動を言い放つなど全くぶれない折紙は果たして周囲にどう思われているのだろうか。
たしか、彼女はクール系美人だったはず・・・。(笑)

・・・まぁ、それはさておき、八舞姉妹について。
いや・・・いうなれば、”姉妹”ではなく”同一人物”なんですよね。
元々一つの存在であったモノが二つに分かたれた結果、彼女たちが”生まれた”とのことで。
伴い、再び一つになるにあたり懸念されるのが”残る人格・消える人格”・・・そして、”それ”を掛けて争いが始まったことがそもそもの発端でした。
そして、その争いこそが”被害”の元凶なわけで・・・なんとも迷惑な・・・。

と、そんな彼女たちの”物語”の傍らでついに動き始めたDEM社。

DEM社業務執行取締役、サー・アイザック・レイ・ペラム・ウェストコット
――ついでに激励とお見舞いにと思ったのですが・・・道中、面白いことを耳にしまして――

空想を現実に再現する『魔術の一端』と言われる技術、顕現装置。
ASTの兵器にも応用されているその”科学の結晶”を唯一製造できる会社の頂点にいる男、ウェストコット
そんな彼が”万人に一人の逸材”として興味を抱いた人物こそ、常人には扱えないとされる〈ホワイト・リコリス〉を稼働させた折紙でした。
その素質を見込み、実質彼女の”処分”を助けたウェストコットでしたが・・・いや、どうにも・・・。

また、彼に付き従い現れた一人の女性。

最強の魔術師、エレン・M・メイザース
――〈プリンセス〉がどれほどのものか、少し試させていただきます――

その名にふさわしい”強者”であり、十香を一方的に倒すなど、いまだ底の見えない実力者であるエレン
ただ、不幸属性というか・・・絶妙なポンコツ臭がして・・・。(笑)

真那の件もあり、DEM社にはどうにも良い印象を持たないのですが、そもそも彼の”目的”とは一体なんなのでしょうか。
直球で表せば”精霊の殲滅”みたいですが・・・そこに伏せられた”意図”が気になるところです。
また、現状最強クラスを思わせるエレンの戦闘力はまさに”驚異”の一言でした。
互いに全力でなかったとはいえ・・・ただの人間がここまで強くなれるものなのでしょうか・・・。

ただ、一方で、〈ラタトスク〉サイドでもまさかの人物が活躍することになりました。

〈ラタトスク〉の副司令官、神無月恭平
――死ぬほど痛いっていうのを一度体感してみたいって気持ち、私もわからなくは・・・――

正真正銘のドMで変態の彼ですが、初めて見せるその”才能”には驚かされました。
その”経緯”もさることながら、他の常識を超える能力は琴里からの絶対の信頼を得るにふさわしいもので・・・いや、ただの変態なんですが・・・。(笑)

そして、一方の令音
陰の立役者としていつも士道のフォローをしてくれる人なんですが・・・う~ん・・・。
今回の顛末に関わる”一件”が示す意味とは一体・・・。

さて、そんな幾人もの”登場人物”たちが織りなす物語は、やがて大きなうねりを見せました。

”八舞姉妹”の秘められた想い
来る”世界最強の魔術師”の脅威
そして、士道の”覚醒”・・・。


その”可能性”の片鱗を見せ、向かった先で迎えた一つの”結末”・・・。
さて、”彼”の今後が気になりますが、反せばこれからが楽しみでもあります。

そして、互いに”想い”をぶつけ合った二人の精霊の物語。
彼女たちが選んだ未来の先に待つものとは、はたして・・・。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。