おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン プログレッシブ 1巻 感想

あらすじ

「このゲームはクリア不可能なのよ。どこでどんなふうに死のうと、早いか・・・遅いかだけの、違い・・・」
茅場晶彦によるデスゲームが開始されて一ヶ月。
この超難度のVRMMO内で犠牲になったプレイヤーは二千人にも及んだ。
“第一層フロアボス攻略会議”当日。
自身の強化のみを行うと決め“ソロ”として戦うキリトは、会議場に向かう中途で、最前線では珍しい女性プレイヤーと出会う。
強力なモンスター相手にレイピア一本で戦い続ける彼女は、あたかも夜空を切り裂く“流星”のようで――。
キリトが“黒の剣士”と呼ばれる契機となったエピソード『星なき夜のアリア』、
さらに“第二層フロアボス”攻略戦にまつわる、とある少年鍛冶職人の悲哀を描く『儚き剣のロンド』他全三編を収録。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 川原 礫(かわはら れき) イラストレーター abec
感想

後に一人の少年が”クリア”することになるゲーム・・・世界初のVRMMORPG〈ソードアート・オンライン〉。
およそ1万人ものユーザーが参加し、やがてデスゲームへと変貌していったかの世界において、はどういう”軌跡”を辿ってきたのか・・・。
これは、もう一つの〈ソードアート・オンライン〉の物語。

というわけで、今回の”プログレッシブ編”は、本編では描かれることの無かった「アインクラッド攻略」を一からなぞるシリーズです。
まぁ、”あの階”までどれだけあるんだよ・・・みたいな感想もありますが、それはそれ・・・という事で。(笑)

さて、そんな今作ですが、まず一点注意すべき個所があります。
それは、言うなれば”もう一つのソードアート・オンライン”である、という事です。

例えば、原作でキリトアスナが親しくなるのはかなり上の階層になるのですが、プログレッシブ編では第一階層である程度の関係を築くことになります。
と言ったように、登場人物や設定は”ほぼ同じ”であっても、やはり相違のある点から「別の物語」として捉えた方が楽しめると思います。

また、今巻で”始まり”は描かれていませんので、プログレッシブ編から入られる方はご注意を・・・。
その場合には原作の8巻(番外巻)での設定が多少引用されていますので、そちらから読むことをおすすめします。

では、前置きはここまでにして・・・それでは本編へ・・・。

デスゲーム開始から一ヶ月が過ぎ、犠牲者が二千人にも及ぶ中、未だに一階層を突破することは叶わず・・・。
そんな先の見えない”世界”において、ある日、少年は少女と出会います。

元ベータテスターの少年、キリト
――なら、少なくとも今日は生きて帰らないとな――

ソードアート・オンライン・・・通称SAOの正式サービス開始以前に行われたテスト用ベータ版の経験者である”ベータテスター”。
七百~八百人とされる彼らは、デスゲームが始まると同時にその知識を自分たちの強化に生かし、”初心者”を顧みない行動をとっていたことから忌み嫌われる存在とされていました。
そして、かの少年、キリトもまたその内の一人で・・・。

生死を賭けたゲームに突如として放り込まれた身として、自衛に努めることは決して悪ではないと思うのですが、逆を返すと正義でもないんですよね。
だからこそ”初心者”たちの気持ちも”ベータテスター”たちの気持ちも分かるのですが、まぁ当事者たちはそうはいかず・・・。
ただ、ベータ時代との細やかな差異などにより、その命を散らせた人も少なくないわけで・・・理解がある者、受け入れることが出来ない者、とそれぞれの考えを主張していく人たちの中、彼の胸中は・・・。

一方で、”経験者”としての強さを持ち、間違いなくトップクラスに位置するキリト
単純なレベルに加え、敵の攻撃パターンや、さまざまな事態に対しての”慣れ”など、その”強み”を遺憾なく発揮していました。
また、ゲームに対し”向きあっている”一面も見せ、それ故の独特の感性や”優しさ”を覗かせたりして・・・。

そんな中でも印象的だったのは第一階層のレイドボス戦における一幕でした。

――ボスのLA取りに行くんだよ――

全滅すらあり得る窮地に陥った、あの状況においてのこの言葉は、ある意味彼を体現しているのではないかと・・・。

そして、もう一人・・・。
後に〈閃光〉の名を冠し、〈黒の剣士〉と並び立つ存在となる人物も、今はまだ”初心者”の内の一人で・・・。

”過ち”に後悔する少女、アスナ
――たとえ怪物に負けて死んでも、このゲーム・・・この世界には負けたくない――

かの”運命の日”において、単なる好奇心から触れたゲームにより、次第に狂い始めた彼女の”人生”。
なぜ、なぜ、と自問を繰り返すも、やはり取り巻く状況が何ら変わることは無いわけで・・・。
そんな”理不尽”を感じつつも、彼女が選んだのは戦いの道でした。

キリトとは別ベクトルの”才”を持つ彼女もこの頃は全くの初心者だったんですね。
ただ、その片鱗は見え始めており、こと「速さ」に関しては彼も今後に期待するほどで・・・。
一方で、自暴自棄になっていた事もあり、死と隣り合わせの危うい一面を見せていました。
もし、キリトと出会う事がなければ今頃は・・・。

と、そんな彼女ですが、当然のように年相応の女の子らしい姿も見せていました。
お風呂の情報に歓喜したり、ケーキを美味しそうに食べたりと、そういった”日常”を覗かせたのも、やはり彼の存在が大きかったのでしょうね。

さて、そんな二人を中心に物語は大きく動いていきます。

ついに来る初めてのフロアボスとの戦い。
その壮絶な戦いの中に見える”現実”・・・。
やがて少年は覚悟を決め、少女もまた在り方を見据える・・・。


――・・・〈ビーター〉、いい呼び方だなそれ――

――この気持ちは真実だ。彼の見ているものをわたしも見たい――


そして、物語は一つの結末を迎えます・・・。

元ベータテスターの「情報屋」、アルゴ
――そっちの情報は有料ダヨ、キー坊――

大柄な両手斧使いの青年、エギル
――コングラッチュレーション、この勝利はあんたのものだ――

〈フロアボス討伐隊〉のリーダー、ディアベル
――みんな・・・もうオレから言うことはたった一つだ!勝とうぜ!!――

ベータテスターを嫌悪する前線メンバー、キバオウ
――でもな、ボス戦が終わったら、キッチリ白黒つけさせてもらうで――

SAO初の鍛冶師、ネズハ
――でも、もう、消えてしまったんです。この世界に来る前に――


一癖も二癖もある、そんな個性豊かなメンバーたちが織りなす物語は、今後どのように繰り広げられていくのでしょうか。
そして、なんかもうすでに名コンビみたいになってるキリトアスナは色々な意味で後には戻れない気が・・・。(笑)

原作では語られなかったエギルやアルゴとのストーリー、登場しなかったスキル、システムなどにも着目しつつ、次回へ続きます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。