おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン プログレッシブ 2巻 感想

あらすじ

アインクラッド第二層のボスモンスターを、激闘の果てに倒した“ビーター”のキリトと、その暫定的パートナーである細剣使いアスナは、次なるフロアへの階段を上る。
第三層。そこで二人を待ち構えていたのは、フロア全体を深く包み込む大森林と、初めての大型キャンペーン・クエストだった。
森の中で戦う二種族のエルフの騎士たち。
そのどちらかに加勢することで、クエストは開始される。
“ベータテスト”時は必ず相討ちになっていた二人のNPCだが、キリトたちは黒エルフの女性騎士“キズメル”を生き残らせることになぜか成功してしまう。
ベータ時との違いに戸惑いながらも、NPCであるキズメルと交流を深める二人。
一方、他プレイヤーたちによって、ついに第三層初の“攻略会議”も開催される。
そしてその会議の場で、キリトとアスナは、ひとつの重大な選択を迫られる・・・。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 川原 礫(かわはら れき) イラストレーター abec

感想

激しい戦いを制し、ついに第三層へと到着したキリトアスナ
と、息つく間もなく「用事」を済ませようとするキリトだったが、”それ”は知っている展開とは異なっていて・・・。

”生還”を遂げたダークエルフの女騎士、キズメル
――そなたらのお陰で第一の秘鍵は守られた。助力に感謝する――

第三層において発生するイベント・・・それは〈エルフ〉と〈ダークエルフ〉、いずれかの陣営に協力をする、というものでした。
両陣営の騎士の争いに介入し、いずれかに加勢することで「選択」し、その後第九層まで繋がる初の大型クエストであり、ただ残念なことに加勢した方の騎士も”敵”と共に死んでしまうという悲壮感漂うシナリオ・・・のはずだったのですが、何故か彼女は生き残る事になり・・・。

結局、現状では”不思議”のままですね。
幸なのはキズメルというキリトに並ぶほどの実力者が仲間になった事。
不幸なのは本来の展開とは異なるため、ベータ時代の知識が頼りにならなくなった事。

まぁ、後者については後々の予行演習みたいに考えればそれほどのデメリットでもないんですけどね・・・。

一方でキズメル自身も謎に包まれた人物です。
NPCなのはアイコン表示などで証明されているのですが、他とは異なり比較的”プレイヤー”を思わせる部分が多々ある為、それがキリトを戸惑わせることになりました。
ただ、確かに”人間”に興味を持ったり、キリトにイタズラをするなど、”NPC”という枠を外れている印象を受けました。
どうなんでしょう・・・なんとなく、原作で語られる〈カーディナル〉や”ユイ”辺りを連想させられますが・・・う~ん・・・。

と、そんな”正体”不明な彼女ですが、その存在はキリトに少なからずの影響を与えることになりました。

”NPC”とは、”クエスト”とは・・・。

彼の胸中に生じた変化は、今後どのような成長を促していくのでしょうか。

また、そんな彼らの”物語”に彩りを加える新たな出会いもありました。

不可思議な行動を取る謎の片手剣使い、モルテ
――わあ、待ってくださいってば。言います言います、用件ていうか、お願いっていうか――

ディアベルの意思を継いだリンド〈解放軍〉のリーダーであるキバオウ、それぞれのギルドに陰から”手”を加え、争うように仕向けるなど怪しい動きを見せるモルテ
また、障害になりそうなキリトに対し、対人戦による”合法PK”を仕掛けるなど、後の”あのギルド”を連想させるのですが・・・さてさて・・・。
ただ、その実力は本物であり、対人戦に不慣れとはいえキリト相手に終始押し勝っていたのですから侮れないことは間違いないわけで。
前巻でネズハたちに”助言”した人物といい、どうにも着実に地盤が出来つつあるみたいですね・・・。

そんな中、大きな変化を見せたのは先述にもあった「ギルド設立」のイベントでしょう。
現状、攻略組を大きく二分する勢力、リンドキバオウそれぞれのチームがギルドを立ち上げることになりました。
第三層において実装されるそのシステムにより一歩を踏み出した彼らですが、しかしそれに伴いある事件が起きてしまい・・・。

攻略組を率いる二人ですが、ディアベルの”後継者”であるリンドよりも、キバオウの方に興味を惹かれますね。
当初、そして後の「あの事件」など、良い印象を抱かないキバオウですが、少なくとも現状は”大人”なんですよね・・・。
良くも悪くも、なのですが、ある種真面目であるというか・・・”真剣”なのが見てとれます。
騙されやすかったり短気だったりと負の面を見られがちですが、”デスゲーム”の中、客観視する事や、「認める」事が出来るというのは大きな長所だと思います。
そんな彼が今後どうなっていくのか・・・注目ですね。

そして、進められていく第三層攻略・・・。

アスナが手にする”想い”を乗せた新たな武器。
一方で訪れる、コンビ解消の危機。
そんな中で現れる想いを伝える者、覚悟を示す者、そして意思を継ぐ者。


そうして紡がれていく”物語”は、しかるべく結末へと繋がっていき・・・。

と、そんなところでしょうかね。
まだまだ”クエスト”は続いていき、次巻でもキズメルは登場するのかな?
心強い仲間を得た安心感と、一方で彼らコンビの関係はどうなっているんだと疑問しか生まれないんですが・・・何、もうカップルになるの?(笑)
一方の、少しずつ見え始める「下地」が気になりつつも、次回へと続きます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。