おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ 10巻 鳶一エンジェル 感想

あらすじ

五年前、目の前で精霊に両親を殺された少女――鳶一折紙。
あの日から、少女の存在意義は両親の仇を討ち、この世界から精霊を滅ぼすことに変わった。
数年後、魔術師となり精霊と戦う力を得た少女は、自らの無力さを呪う。
精霊を殺すためには、さらなる力を。
その想いは叶えられ――。
「あなたを巻き込まないためには、これがもっとも確実性の高い方法」
「一体何にだよ!」
「――私と、精霊の戦いに」
彼女にとって唯一特別な存在、五河士道を監禁し、精霊たちを殺す悲願を叶えるため、戦場へと向かう折紙。
戦争を止めるため、精霊を憎む少女をデートして、デレさせろ!?


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 橘公司(たちばな こうし) イラストレーター つなこ

感想

ついにやって来た折紙の当番回。
前回の一件からそろそろ来るとは予想していましたが・・・しかし、あまりにも・・・。

精霊を憎む少女、鳶一折紙
――五年前のあの日、精霊に復讐を誓ったはずなのに、次第にこの現状に慣れていく自分が・・・怖かった――

五年前、目の前で精霊に両親を殺されてから復讐のためだけに生きてきた折紙
それまでの至って普通な”日常”は一変し、ただただ精霊の殲滅のみを追求し、果ては魔術師として戦う力を身に着けることになりました。
ASTに所属し、エースとして前線で戦い続ける日々・・・どれだけ困難であっても、すべては両親の仇のため・・・。
そんな復讐の鬼と化した彼女でしたが、しかしそれはある日を境に変わり始めることになり・・・。

そっか・・・やっぱり折紙自身にも変わり始めている自覚はあったんですね・・・。
確かに精霊に対しての憎悪が消えたわけではないのですが、ただ”殲滅”の意識は薄れていっているように見えていました。
それはやはり「五河士道」という存在が大きいのでしょうが、しかし彼女にとってはそれだけで十分で・・・。
ただ、ふと振り返った時、変わり始めている自分自身に気が付き、それが怖かったのだと吐露する場面がありました。
そして、だからこそ今回の事件の引き金を引いてしまったのだと。

と、本編の話の前にもう一人・・・。

五年前、琴里を〈イフリート〉へと変えた謎の存在、〈ファントム〉
――【君は、力が欲しくはない?何者にも負けない、絶対的な力が、欲しくはなぁい?】――

五年前に琴里を、一年前に美九を、そして今回も・・・。

作中において最も謎が多く、恐らく重要な鍵を握っているであろう存在として表されている〈ファントム〉
今回、そんな”彼女”についての情報がいくつか明かされましたが・・・いや、これは・・・。

ふと抱いた印象なのですが、なんだか予想していた正体とは異なる気がしてきました。
言ってしまえばその正体は令音だと思っていたのですが・・・う~ん・・・。
ただ、”繋がって”はいるんでしょうね・・・というよりも、彼女の正体はきっと・・・。

そんな中で気になるのは、〈ファントム〉と”かの存在”は果たしてどちらが”先”なのかというところです。
いや、それともあるいは・・・。
ただ、どちらにせよ目的は多分”彼”に精霊の力を「封印」させることなのでしょうね・・・。

と、そんなところで本編へ・・・。

「これまで」との決別の意味も込め、新たな装備を纏い十香たち精霊を襲撃する折紙。
限定的にしか能力を使えないとはいえ、それでも強力な精霊たち相手に、しかし圧倒的な力を持って倒していく折紙でしたが、そんな中でただ一人互角以上の戦いを繰り広げる者がいました。
”想い”を糧に真の力を発揮する十香・・・そんな彼女との激闘は、やがて思わぬ形で決着がつくことになり・・・。

そして・・・新たな精霊の誕生へ・・・。

その強大な力をもって全力の十香相手に真っ向からぶつかり合い・・・そして・・・。

とにもかくにも怒涛の展開が続き、物語は大きく流れを変えることとなりました。
そんな中で現れたのがまさかの狂三・・・やっぱり彼女もまた鍵を握る存在なんですね・・・。
そして、彼女の持つ能力が一人の少女、そして世界の運命を大きく変えてしまい・・・。

その先で知る衝撃の真実・・・そして始まる世界の”終わり”。
すでに「手遅れ」と言われる状況の中、狂三が打って出た一手の意味とは・・・?

気になることが幾多もあるのですが、それは恐らく次回で語られるのでしょう。
〈ファントム〉のこと、”歴史の改変”という事象、そして「鳶一折紙」という人物について。

そう、すべては”始まりの地”で・・・。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。