おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ 11巻 鳶一デビル 感想

あらすじ

第8の精霊となった少女―鳶一折紙。
忌むべき対象である精霊になってまで欲した力を手にした少女は、
両親を殺した犯人を突き止めるため、狂三の力を借りて五年前の天宮市に降り立つ。
しかしそこで目にしたものは残酷すぎる真実で――。
過去に絶望し戻ってきた折紙の暴走によって、十香たちが傷つき、倒れていく中、
五河士道もまた狂三の力によって、五年前の天宮市に飛ばされる。
『この救いのない破滅を、希望の潰えた惨劇を、なかったことにしてみせてくださいまし』
運命に呪われた精霊を救うため、世界を変え、デートして、デレさせろ!?


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 橘公司(たちばな こうし) イラストレーター つなこ
感想

破壊されていく天宮市、墜落する〈フラクシナス〉、次々と倒れていく仲間たち・・・。
その悲劇を・・・そしてすべての元凶たる精霊・折紙を助ける為、士道狂三と共に五年前の天宮市で”世界”へと挑むことになり・・・。

うん、すごい物語でしたね・・・。
前回の衝撃も相当なものでしたが、今回の話はまた一味違うというか・・・まさに「良かったね」の一言かな。

さて、それでは本編へ・・・。

狂三の最後の能力【十二の弾】の力により五年前の天宮市へと飛ばされた士道
意識のみではありますが、狂三と再びのタッグを組み、”全ての始まり”を阻止する為、折紙を探す二人でしたが、そこで見たのは衝撃の真実で・・・。

そもそも、歴史の改変とは可能であるのか、という疑問を抱きました。
例えば、俗にいう”修正力”、今回で言えば、折紙の両親の”死”を防ぐことが出来ないのではないか・・・。
また、その”原因”というのも、狂三折紙を過去に飛ばさなければ起こることがなかったのではないか、そう考えると”歴史改変”への挑戦すらも”必然”に思えてしまい・・・。
ただ、そんな”現実”を前に意気消沈する二人でしたが、”もう一人の協力者”の助けにより、唯一無二のチャンスを得ることになりました。
・・・なるほどね・・・。

――『感慨に耽っている時間はありませんわよ、士道さん』――
――世界を、変えに行こう――

そうして始まる”戦い”。

――【・・・うそ――、君は・・・どうして、君が・・・】――
――おまえ・・・俺を、知っているのか・・・?――

その中で起きた〈ファントム〉との邂逅・・・。

――『士道さん!?』――
――うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお――ッ!!――

そして、世界は・・・変わる。


印象的だったのは、やっぱり〈ファントム〉との会話かな・・・。
う~ん・・・令音っぽいような、そうでないような・・・何とも言えない感じですね。
あと、今回登場した”仮の姿”ですが・・・あれはゲーム版のヒロイン・・・なのかな?
どうとでも取れる話に翻弄されつつも、ふと思ったのは”時間”について。
ループした世界か、もう一つあるのか・・・ただ、何かしらはあるのだろうな・・・と。

一方、士道と狂三の活躍により改変された世界。
”最悪の光景”もなく、仲間たちの傷付いた姿もない・・・しかし、そこには『鳶一折紙』の姿も・・・。
”元の世界”の記憶もなく、誰しもの中から彼女の存在がいなくなってしまった中、もう一つの”相違点”・・・精霊狩りの精霊〈デビル〉の存在が伝えられました。
そして、得られた情報が結びついていく矢先、現れたのは一人の転校生・・・。

転校生、鳶一折紙
――ううん、ちょっと驚いただけです。えっと・・・五河くん――


本来の”成長”した彼女であろう姿を見せる折紙。
以前の無表情な顔や、淡々とした話し方でもなく、”女の子”らしい雰囲気を纏う彼女ですが、この世界においても精霊やASTへの関わりを持っていました・・・いや、皮肉にもそのきっかけを作ったのは”士道”だったわけですが・・・。
ただ、そんな折紙にはある”異変”が起きていました。
それは、精霊の力に無意識に反応してしまう、”覚醒”・・・。

識別名〈デビル〉
”精霊”が現れると出現し攻撃を仕掛ける、いなくなると同時にロストする・・・のように限定的に現れるも危険な精霊として警戒されている〈デビル〉。
そして、その正体こそ”元の世界”の『折紙』でした。
折紙『折紙』、互いを意識することもなく存在していたわけですが、しかしどちらも”鳶一折紙”なわけで・・・。

ここね・・・『折紙』を”なかったこと”にしなかったのが嬉しかったかな・・・。
どれだけの悲劇を生んでしまったとしても、彼女は彼女ですもんね。

そして、そんな折紙を”攻略”すべく始まるデート。

自然と士道を意識してしまう彼女を”らしく”扱い、ホテルや怪しい店など琴里が悩む選択をし続ける士道。
一方、何故か”媚薬”や”士道の身体”に反応してしまうことに動揺を隠せない折紙。


そんな笑い話にしか見えないのに、しかしどこかで少しの感慨深さも感じさせられるデート。
やがて二人の距離は縮まって・・・といったところに起きてしまった事件・・・そして〈デビル〉の顕現・・・。

再び起こり始める”最悪の光景”を前に、しかしそれを止めるべく集まる仲間たち。
四糸乃七罪が新たな力を見せつつ、士道を〈デビル〉の元まで届けようと奮闘する中、ついに”彼女たち”は邂逅することに・・・。

”彼”だけでは・・・”彼女たち”だけでは・・・しかし、互いがいれば・・・。

――ありが・・・とう。士道・・・私を、呼んでくれて――

――そうだ・・・おまえに、返さないとな――


そして、”彼女”は・・・。

なんかもう、本当に良かったね・・・。
話の流れもそうですが、挿絵が卑怯ですよね・・・もう・・・。(笑)

さて、新たな生活も始まり、一層にぎやかになっていくであろう彼らの物語の傍ら、気になるのは”歴史改変”について。
”元の世界”との違いについて知る者は少ないのですが、そこがどう関わってくるのかですね。
折紙って結構いろいろと関与してた気が・・・。

あとは狂三のこと。
さて、彼女は満足のいく結果を得られたのか・・・まぁ、挿絵を見れば・・・かな?

次回は短編集、その後本編へ戻るそうですが、”彼女”の今後の立ち回りに期待ですね。
さてさて、どうなっていくのかな?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。