おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ マテリアル 感想

あらすじ

世界を殺す少女を止める方法は――デートして、デレさせること!?
新世代ボーイ・ミーツ・ガール『デート・ア・ライブ』の公式解説本がついに登場!明らかになる精霊たちの能力値や天使の設定に加え、少女としての秘密に迫るプライベート情報。
主要登場キャラたちはもちろん、短編でしか登場しないキャラたちも徹底紹介。
さらには創作秘話や裏話満載の橘公司×つなこ原作初対談。
そして0巻エピソードなど入手困難な短編3編に、ここでしか読めない書き下ろし小説も完全収録した永久保存版ファンブック!
さあ――私たちの解説を始めましょう。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 橘公司(たちばな こうし) イラストレーター つなこ
感想

今巻は短編集とは一味違う”ファンブック”です。
原作11巻、番外編、スピンオフなど、これまでに登場した人物たちの解説。
また、短編4本を収録したファン必見の内容となっていました。

――ええと、あと足りないものは・・・っと――
”運命の日”の前日を士道、折紙、琴里、そして”彼女”の視点で描いた話

――あ、そうだ。今日のプリントなんですけど、誰か五河君の家に届け――
士道の看病を巡り十香と折紙が争う話

――ねぇ・・・みんな。ちょっと話は変わるんだけど――士道のこと、どう思う――
士道の”幼なじみ”、園神凜祢と十香たちが銭湯に行く話

――『デート・ア・ライブ』ヒロイン調査を行いますわー!――
狂三がヒロインたちを審査する話


”園神凜祢”については原作未登場のため知らないのですが、どうにも〈ファントム〉と関係があるようですね。
ただ・・・ゲームか・・・小説とか発売されないですかね?(笑)

あとは、最後の話が一番好きでした。
”裏方”の話が飛び出していたり、狂三が終始ボケ倒していたりとなんとも珍しい光景を見ることが出来ました。
そして、その顛末・・・狂三の珍しい結末には笑わされましたが、まぁ自業自得でしょう・・・。(笑)

また、面白かったのは原作者である橘公司さんと絵師のつなこさんの対談です。
語られざる裏話登場人物のエピソードなど、本当に楽しめました。
人物談では狂三美九七罪の話が印象的だったかな・・・こういう対談はもっと見てみたいかも。(笑)

さて、それではせっかくのファンブック、主要人物たちについて簡単に振り返ってみようかと思います。


夜刀神十香 識別名:〈プリンセス〉 天使:〈鏖殺公(サンダルフォン)〉
――また・・・・・・、デェトにつれていってくれるか・・・・・・?――

士道が邂逅した”第一の精霊”である十香。
何気に精霊の中でもトップクラスの能力を有している彼女ですが、実は作中における最も謎の多い人物の一人であったり・・・。
また、士道の付けた”十香”という名前は偶然なのか・・・というところも気になるところです。
一方で彼女が抱く”感情”を自覚する日は来るのか・・・注目ですね。


四糸乃 識別名:〈ハーミット〉 天使:〈氷結傀儡(ザドキエル)〉
――また・・・おうちに、遊びに、行っても・・・いい、ですか・・・?――
左手に持つパペット・よしのんが特徴的な少女、四糸乃。

人見知りであったり、大人しい性格が目立つ中、ちゃっかり肉食系な一面も見せるのが印象的です。
まぁ、それでも癒し系キャラの筆頭と言えばこの子なんですけどね。(笑)
ところで、何気にこの子の天使って有用性抜群ですよね?


時崎狂三 識別名:〈ナイトメア〉 天使:〈刻々帝(ザフキエル)〉
――本当に、お人好しですわね、士道さんは――
一万人以上の人間に被害をもたらした”最悪の精霊”として各勢力から警戒されている狂三。

今作中、明確に”敵”として登場した最初の人物であり、以降も独立して行動する彼女ですが、目的の一致から士道と協力することもありました。
そんな中、彼女の目的である”原始の精霊を殺す”とはどんな意味を持つのか・・・彼女もまた鍵を握る人物の一人なわけで。
さて、そんな狂三ですが、気になるのは士道との関係でしょうか・・・はたして彼女がデレる日は来るのか・・・。
ちなみに余談ですが、本編と短編集で一番扱いが違うのはこの子ですよね。(笑)


五河琴里 識別名:〈イフリート〉 天使:〈灼爛殲鬼(サマエル)〉
――さあ――私たちの戦争を始めましょう――
士道の義妹にして〈ラタトスク〉の司令官、一方で士道に初めて能力を封印された精霊でもある琴里。

白と黒、二種類のリボンによって性格が変わる特徴もありますが、いずれにせよ兄への好感度は常時MAXというね・・・。(笑)
一方で、単身で狂三を圧倒するほどに強力な精霊でもある琴里ですが、制御することが難しいこともあり顕現頻度は最も少ないです。
ただ、司令官としての能力が高かったり、”士道の命を守る”という点では、今の立ち位置が一番なのでしょうね。
ところで、琴里は”妹”になりたいのか、それとも・・・。(笑)


八舞耶具矢・八舞夕弦 識別名:〈ベルセルク〉 天使:〈𩗗風騎士(ラファエル)〉
――士道、御主は我と夕弦の共有財産とすることが決定した――
――同意。思うさま愛してあげます――

元は一人の精霊であったものの、次第に二つの存在へと分裂し、”八舞姉妹”としての自我を経た耶具矢と夕弦。

士道と出会った当初は生き残りを賭けた勝負を繰り広げていたものの、互いの想いを知った今では仲良し姉妹としての姿を見せる彼女たちですが、そんな中で印象的だったのは士道と夕弦のデートでしたね。
珍しく夕弦一人とのデートでしたが、そこで見せた一握りの独占欲が”変化”を感じさせました。
一方の耶具矢もまた・・・と言う感じですが、その勝負の行方とははたして・・・かな?


誘宵美九 識別名:〈ディーヴァ〉 天使:〈破軍歌姫(ガブリエル)〉
――あなたなら、大丈夫です。あなただけは・・・信じられます――
”極度の男嫌い”であり、顔出しNGのアイドルとして活動していた美九。

その特徴もあり、これまで以上にデレさせることが困難だった彼女ですが、今では・・・。(笑)
そんな彼女に纏わるエピソードで特に印象に残っているのは記憶に新しい”宵待月乃”に関する話。
士道の信じた”ファン”がいたことについて、本当に良かったね・・・と。
・・・まぁ、唯我独尊のごとく自分を貫く彼女にとって、一番大切なものは士道なのでしょうが。(笑)


七罪 識別名:〈ウィッチ〉 天使:〈贋造魔女(ハニエル)〉
――あの・・・お化粧・・・教えて、くれる・・・?――
初登場時は色香漂う”お姉さん”として、その実、正体は子供のような容姿である七罪。

素の姿では誰にも相手にされなかったことが原因で能力により変身していた彼女ですが、士道たちとの邂逅によりほんの少しの変化を見せ始めますが・・・やっぱり根はネガティブなわけで。
ただ、それ故に簡単に精霊の力を士道から逆流させることが出来るという”特性”に活かせるのだからただでは転ばないというか・・・。(笑)
・・・いや、しかし地の分がなかなか心に響きますね・・・良くも悪くも・・・。
ところで、彼女が作り出した天使のコピーの能力って同等なものなのでしょうか?


鳶一折紙 識別名:〈エンジェル〉 天使:〈絶滅天使(メタトロン)〉
――私と士道の仲は、早めに知らしめていた方がいい――
”人間”、”AST”、”精霊”と、何かと因縁の多い少女、折紙。

敵味方どちらとも取れる立ち位置にいたものの、唯一違う事がなかったのは”士道の味方”という一点について。
その理由も11巻になってようやく明かされたわけですが・・・それにしてもストーカー気質なのは否めないかと・・・。(笑)
一方で、コメディパートにおいて最も場をかき乱す人物ですが、気になるのは今後の”人格”について。
また、”それぞれ”との因縁についても注目したいと思いますが・・・ただ、心強い味方が増えたな・・・いろんな意味で。(笑)


崇宮真那
――私――実は昔の記憶がすぱっとねーんです――
士道の実妹にしてDEM社所属の魔術師だった真那。

その能力は分身体とはいえ狂三を圧倒するほどに高く、エレンに次ぐナンバー2として評価されるほどでした。
そんな中、注目すべきは彼女の失われた過去”崇宮”の姓、そしてその”目的”について。
士道に並ぶ謎多き人物ですが、なぜ狂三を追い続けるのか・・・その本人すらも自覚のない行動の意味とは一体・・・?


村雨令音
――ええと、君は・・・しんたろう、だったかな――
〈ラタトスク〉の解析官であり、琴里の友人でもある令音。

その人柄により周囲からの信頼も厚く、また保護者のような立場にいることも少なくない令音ですが、彼女もまた謎多き人物として描写されています。
〈ファントム〉〈原始の精霊〉との関連も仄めかされていますが、さてさて・・・。
ちなみに、作中におけるかなりの常識人ではないかと。(笑)


五河士道
――よう、助けに来たぞ――
今作の主人公にして物語の鍵を握る少年、士道。

精霊の能力を封印できる存在として活躍する彼ですが、その実何もかもが明かされていないんですよね。
真那同様に失われた過去に隠された謎・・・また、そもそも本当に人間なのか・・・いや、疑問は尽きないわけで。
一方で、気になるのはヒロインたちとの関係でしょうか。
仲の良い彼女たちとはいえ、やはり”一番”が気になるようで・・・そんな恋愛事情にも決着のつく時は来るのかな?

と、そんなところでしょうか。

他にもウェストコットエレン〈ファントム〉など気になる人物の話も多数収録された今回のファンブック。
まだまだ物語は続いていくようで、”かの存在”の登場も示唆されていましたが、さて次巻はどんな話になるのかな?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。