おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

彼女がフラグをおられたら 14巻 違う水泳大会で出会えていたら、私達親友になれたかもね・・・・・・ 感想

あらすじ

イベントてんこ盛りっぷりに定評ある旗ヶ谷学園に、水泳大会の季節が到来した。
仮想世界にいた頃の体育祭を思わせるおかしな種目がずらりと揃う祭典で、クエスト寮の皆さんに水着選びから競技のペアまでつきっきりの颯太――珍しく平穏な日々が続く一方、「世界の終わりが迫る」というグリモワールの予言を受けての、クエスト寮地下の探索は進んでいた。
暗い地下洞穴にて《亡命政府》のメンバーが見つけたもの、同行した凜に降りかかった重大な危機・・・・・・そして過去生の夢を見るようになった颯太に忍び寄る恐怖、仮想世界での記憶を取り戻した菜波の想いは何処へ!?
故国奪還のため、颯太王子は「天界」支配下のブレードフィールド公国へ――躍動する14巻登場!!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 竹井10日(たけいとうか) イラストレーター CUTEG(カム)


感想

気付けば14巻目に突入し、いよいよクライマックス感が漂う今作品。
・・・いや、この作品のクライマックス感ってなんだろう・・・?(笑)
ただ、第一部が全8巻だったから、第二部もそろそろ・・・なのかな?
てか、普通に第三部とか入りそう。(笑)

と、それでは本編へ・・・。

ついに迎えたブレードフィールド公国奪還作戦始動の時。
利害の一致から幾人もの”最強”を味方につけ、ミーロワース曰く”オーバーキルすぎる”とさえ言わしめる戦力を整えた颯太たち
きたる正念場の前、ひと時の休息を迎える颯太でしたが・・・。

今回の”日常”パートでは水泳大会が繰り広げられました。
颯太曰く「何のしがらみもない」と、ある意味純粋に楽しめる行事だったこともあり・・・うん、いろんな意味で爆発してましたね。

――勘違いしないで(下さい(まし))(欲しいんだからね)!!――
チョロすぎトリオと化した芹香瑠璃

――え、あ、う、うん。あの、本当に私でいいの?――
――なにあれーっ!!お姉ちゃんがあのポジションのはずなのにーっ!!――

颯太の初恋の相手だと発覚した深雪とそれに対して激情に駆られる菊乃

――おお、忘れてた――
最早かつての面影が見えない元七徳院№0の神楽
などなど・・・いや、ひどい。(笑)
そして、明らかにクエスト寮メンバーたちが行事そっちのけで暴走しているのに、「またお前らか」とか「なんか楽しそう・・・」みたいな反応で済むあたりが、うん、まぁ・・・。(笑)

ただ、そんな賑やかな光景の中にも”物語”はあって・・・。

まずは
とある出来事の末、颯太の死亡フラグをへし折るため、限界を超えた能力を行使したことにより”壊れ”てしまった彼女ですが・・・これは・・・。
――ホント!?えへへ、嬉しーなっ♡(・・・ポニテ?ポニテなのか、ソー太!?)――
”絶対存在”の一人、天后まおんの力で治療することになったのですが、時間は掛かるようで一時的に別人格が宿ることとなり・・・。
うん、まぁ、チョロい部分が前面に出てるだけな気もしますが・・・。(笑)

次いで眞奈花
――えへへぇ、殿下はやれば出来る子ですねっ――
今回颯太を”救った”内の一人なのですが・・・この子はやっぱり・・・。

そして菊乃
――だって最近、颯くん、他の女の子にばっかりかまけて、お姉ちゃんに構ってくれないんだも~ん――
最強の”姉”であり、みんなの良き理解者でもあり、そして颯太に好意を寄せるなど、色々と複雑な立ち位置にいる気もする彼女ですが、ついに今回”世界の理”を越え・・・。(笑)
無意識ながらも颯太を介してフラグ操作能力を行使するという偉業(?)をかました菊乃
これは笑い話で終わるのか・・・それとも・・・いや、姉怖っ・・・。(笑)

最後に菜波
――わらわは、好き、なのじゃ・・・・・・お主のこと――
ついに思い出した、仮想世界におけるクリスマスの夜の出来事。
あの時と違うのは、その関係が姉弟になったという事実ですが、それでも秘めた”想い”が消えることは無く・・・。
特に”実の姉弟”かどうかが不明な点がまたなんとも・・・ね。
それでも今回の颯太の一言で”決意”したようですが・・・いや、これ二人とも意味合いが異なってますよね?(笑)

と、そんなこんなで波乱の水泳大会は進んでいき、やがて始まる公国奪還作戦・・・。

圧倒的な力を揮い攻め続ける仲間たち
対し、奥の手を見せる聖騎士
そして、”覚醒”の刻・・・。


”過去”の因縁が明かされ、一方で深まる疑念もあり・・・。
”裏切り者”のこと、”ナナミ”について、また最後に登場した”彼”のこと。

そして、公国にて合流した”日常”の象徴でもあるクエスト寮メンバーたち。

さて、物語は大きく動き出す・・・のかな?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト