おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最弱無敗の神装機竜 3巻 感想

あらすじ

「男性は、わたしたちの敵です」
ついに学園最強の三年、セリスティア・ラルグリスが王都より帰還する。
男嫌いで有名なセリスの信念により、ルクスが学園にいることが再び問題化する中、
ルクスは終焉神獣の討伐のため、彼女への協力を申し出る。
対立する二人の正義は、彼らを支持する生徒たちをも巻き込み、校内選抜戦による勝負にかけられる!!
一方、ある事情で変装 したルクスは、セリスとデートをすることに!?
隠された少女の声と、暗躍する影。
譲れないものをかけて、ルクスは『もうひとつの最強』に挑む!
王道と覇道が交錯する、“最強"の学園ファンタジーバトル第3弾!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 明月千里(あかつき せんり) イラストレーター 春日 歩(かすが あゆむ)

感想

ついに帰還した学園最強の機竜使い、セリスティア・ラルグリス
そんな彼女の名声と共に聞こえてくるのは男嫌いという話。
対策を練ろうと思慮するルクスたちだったが、”出会い”は意外な形で訪れて・・・。

学園最強の機竜使い、セリスティア・ラルグリス
――勝ちの目はありますよ。相手が私でなければ、ですが――
”最強”の名にふさわしい実力を兼ね備えているセリスティアことセリス
また一方で有名なのが男嫌いと言う話で、そのことがルクスを巡った今回の騒動の元に。
ただしかし、彼女にもまたある秘密があり・・・。

セリスに関しては、とにかく強いの一言ですね。
基礎スペックの高さもさることながら、彼女の神装機竜〈リンドヴルム〉の能力がとにかく凄まじいです。
”一定範囲内の物体を瞬時に転送できる”、主に自身の瞬間移動に用いていましたが、間合いの取り方が自由、瞬時に背後に回れるなどの高速戦闘に加え、電撃を纏った攻撃の効果で防御貫通、能力低下と圧倒的な立ち回りが出来るわけで・・・。
一方で転送するものの大きさなど、いくつかの制限がありましたが、本当、強かったですね。
”黒き英雄”とどちらが強いんだろうとか、そういうレベルでした。

さて、そんな彼女ですが、では完全無欠のお嬢様なのかと言われればそうではありません。
そうですね・・・いうなれば”不器用な女の子”という印象でしょうか。
例えば戦場や模範生としての姿は凛々しく、『憧れの先輩』といった雰囲気を醸し出しているのですが、その強さ故に敬遠されがちなところを一人悲しんでいたり、弱音を穿けないという自責心から猫相手に愚痴をこぼすなど、いろんな意味で”残念”の一言・・・。
また、”男嫌い”の一件や今回の顛末など、様々な場面でその影響だから・・・う~ん・・・。(笑)

ただ、その一方でとても優しい人なんですよね。
面倒見が良かったり、同級生に慕われていたりと高い信頼感が垣間見えるセリスですが、ただそれ故に・・・。

セリスを慕うルクス在学反対派の筆頭、サニア・レミスト
――お気遣いありがとうございます。セリス姉様――
多分以前より挙がっていた在学反対の声を上げている学生というのは彼女のことなのでしょう。
サニアもまた男嫌いということで、今回の一件に一枚噛んでいたのですが・・・気になるのは彼女の”理由”についてです。
大筋は話に出てきていましたが、ルクスの退学に拘ったのはなんでだろう・・・うん、推測の域を出ないんですよね・・・。

と、そんな彼女たちとの物語の傍ら、動きがあったのが謎の勢力でした。
過去の事件の主犯格たちに協力していた闇商人を筆頭とした敵対勢力。
今回は彼ら自身が大きな事件を起こす事になるのですが、ただその規模があまりにも巨大なものであり・・・いや、どれだけの”力”を持っているのだという・・・。

さて、そんな彼女たちを筆頭に学園中を巻き込んだ大騒動はセリスの帰還から始まります。

――また私とお話してください、ルノ。あなたのことが気に入ってしまいました――
”ルノ”セリスの邂逅。

――三日後から始まる校内選抜戦――その結果で今回の論争に決着をつける――
遺跡調査権を掛けた校外対抗戦代表者選抜戦ルクスを巡る戦い。

――私はもう二度と、間違えるわけには・・・――
明かされたセリスの”真実”・・・そしてその”覚悟”

――僕は、ずっと正しい道を歩もうとして、間違えてしまいました――
やがて始まる”最弱”と”最強”の戦いの中みせたルクスの”答え”

そして、その戦いは思わぬ展開を迎えることになり・・・。

こと後半に関しては怒涛の展開でした。
”敵”の正体もさることながら、”かの存在”の出現なんかは予想だにしなかったですね・・・。
また、その”意外な結末”に関しての裏話も印象的でしたが・・・しかし強いな・・・。
そして、物語の中で見せた”フィルフィ”という少女の存在感はかなりのものでしたが・・・これは一体・・・。

さて、そんなこんなで今回は”色々な動き”を見ることが出来ました。
次回はついにフィルフィルクスの話ということで・・・過去が明かされる・・・のかな?
また、”爆弾”についても気になりますが・・・さてさて、どんな話になるのか、楽しみですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。