おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

最弱無敗の神装機竜 8巻 感想

あらすじ

「わ、私は一体どうしてしまったのでしょうか・・・?ルクスを見ているだけで、この気持ちは――」
対話を求め現れた旧時代の皇族、『創造主』。
『七竜騎聖』とともに対峙した世界会議の場で、ルクスは兄フギルとの邂逅を果たし、恐るべき世界滅亡の危機を知る。
そして、ついに始まった校内最大の催し物――学園祭。
なじみの少女たちと触れあい、つかの間のお祭り騒ぎを楽しむルクス。
一方、気の緩みを父に指摘されたセリスが、ルクスへの想いに戸惑う中、
世界崩壊の序曲――最大最強の人型終焉神獣『聖蝕』が牙を剥く!
王道と覇道が交錯する、“最強"の学園ファンタジーバトル第8弾!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 明月千里(あかつき せんり) イラストレーター 春日 歩(かすが あゆむ)
感想

ついに表舞台に姿を現した『創造主』と名乗る一族
各国の代表者、および『七竜騎聖』は彼らと世界会議に臨むことになり、その場で衝撃の事実を突きつけられる。
一方、『ルクス』という存在に心動かされるセリスはとある決意を固めることに・・・。
そんな中、校内最大のイベントである学園祭が始まる。
各国の要人や『七竜騎聖』も参加する壮大な催し物の中、陰でうごめく存在があり・・・。

舞台は学園へと戻り、今回のヒロインであるセリスを中心とした物語が繰り広げられました。
一方で、徐々に明かされる世界の秘密、そしてルクス”葛藤”もテーマの一つとして挙げられます。

まずは、『創造主(ロード)』について。

以前より物語に登場していた存在ですが、今回ついに大きく関わることとなりました。
ただ、そんなかの者たちの告げた”真実”は、あまりにも壮大な話で・・・。

『創造主』の生き残り、第一皇女リステルカ・レイ・アーシャリア
――この世界を共に救うため、どうか私たちに力をお貸しください――
かつて遺跡が存在した旧時代に生きていた『創造主』の一族。
長年遺跡の中で眠りについていた彼女たちが目覚めた理由は定かではありませんが、しかし、それにより世界は大きく動くこととなりました。

半年後に世界は滅びる。
世界を滅ぼす機構、最大最強の人型終焉神獣『聖蝕』の存在が告げられ、その強大な存在を止めるために協力を仰ぐリステルカ
そのために為すべきこととして伝えられたのは『創造主』の聖地、『大聖域(アヴァロン)』に至ること。
また、そのためには七つの遺跡の攻略、および七体の終焉神獣の討伐が必要となり、ただそれはあまりにもリスクの高い話で・・・。

ここら辺、なんだか結構怪しい感じがするんですよね・・・。
これまでの行動も気になるところですが、あまり”具体的”な話は無かったわけで。
まぁ、急な話だったこともあるのですが、恐らくすべては語られていないのではないかと・・・。

一方で気になるのはフギルの動向や目的ですが、彼は彼で相変わらず謎に満ちていますね。
ただ、これまでで感じるのは”黒幕”でありながらも、ただの”悪”ではない、といったところでしょうか。
実際、ルクスを助長している一面もありますし、なにより彼の一言が気になります。
呟いた名前、ルクスに告げた”言葉”・・・さて、彼の”真実”とは一体・・・。


次いで、今回登場した新たな『七竜騎聖』について。

ヘイブルグ共和国の『七竜騎聖』、ローザ・グランハイド
――面白くて・・・強い女ね。そこそこに、だけど――
かつてヘイズと手を組み新王国へと侵略してきた不信の印象が強いヘイブルグ共和国
その大国より『七竜騎聖』に選出されたローザもまた、どこかクセのある油断ならない相手で・・・。

全竜戦の代表選出戦の折、五人の候補者を殺めたことから捕まっていたと告げるローザ
その倫理観は夜架をして「自分より質が悪い」と言わしめるほどでした・・・。
ただ、気になるのはヘイブルグ共和国からしても厄介な存在であるように見える事です。
ルクスは内情を疑っていましたが、さて、彼女の”事情”とはどうのようなものなのでしょうか。

また、今回の一件でセリスとの間に生まれた因縁にも注目かと。
一度は剣を交えながらも、未だ未知数であるその性能・・・いや、しかし強い


そして、今回のヒロインであるセリスについて。

ルクスに心動かされる『七竜騎聖』補佐官、セリスティア・ラルグリス
――そ、そういう話は不許可です!――
かの事件以来ルクスと打ち解けたセリスですが、そこに抱く”想い”に”名前”はありませんでした。
ルクスに惹かれながらも「親しくなった初めての男の子」という解釈をしていたセリス。
しかし、前回の、ルクスクルルシファーがキスをしたという話を受け、その心に衝撃が走ることとなり・・・。

そして並行し、もう一人。

”過去”に縛られる咎人、ルクス・アーカディア
――ボクには結局・・・、他の誰かの気持ちなんて――
フギルとの邂逅、そしてセリスの目に見える”変化”により再び過去に”囚われ”始めるルクス
自分が壊れているとさえ自答するその姿は、あまりにも鬱々しいもので・・・。

ルクスといる事で心が乱れるセリス
親しくなったように見え、その実、無意識に壁を作っているルクス

両者共に事情は違えど、その”弱さ”が表だって見えた話となりました。

セリスの問題は分かりやすく、故に難しい問題となりました。
誰よりも強く在ろうとするからこそ”弱さ”を見せることは出来ず、しかし自問自答しても解決することはない・・・そんな彼女の”悩み”
ルクスと距離を取ってみたり、補佐官辞退しようとしたりなど、『彼女らしい』行動を見せましたが、しかしその”根底”にはやっぱり・・・。

また、明かされたのは”ルクスが恋人を作らない理由”です。
それは「ルクス・アーカディア」という少年が自分に課した”呪い”の一遍に過ぎず、しかし違えるのことない”戒め”・・・。
それらはすべて”過去”に起因しており、しかるべくして越えるべき問題として提起されました。
どれだけ距離を縮めても立ちふさがり続ける壁・・・彼が『救われる』時は果たして訪れるのでしょうか・・・。

と、そんな彼らの物語は幾多もの騒動の中、交わることとなります。

――しかし噂通り、なかなか面白い男じゃな――
邂逅した七人の『七竜騎聖』たち。

――本題を言ってしまいますと、あと半年もしないうちに、この世界は滅びます――
告げられた衝撃の真実。

――なんていうか、噂には聞いてましたけど・・・、すごいね――
そして始まる文化祭。

やがて起こる城塞都市を巻き込んだ壮大な事件の中、ついに現れる『聖蝕』・・・。
かつての強敵を思い出させるその強大な戦闘力を前に立つ一人の機竜使い

戦場は違えど、互いの”想い”を届けあう二人は、それぞれが新たな一歩を踏みだし・・・。


物語全体として言えば”中盤”のように感じました。
ほんのりと”ゴール”が見え始める一方、明かされていない重要なピースの存在が仄めかされ・・・。

また、少しずつ形成されていく”因縁”もさることながら、リーシャフギルの伏線も気になります。
やはり、”最初”のあれは・・・。

そして、変わり始めたルクスセリスの関係。
最後の最後で凄まじい爆弾を打ち上げたわけですが・・・うぅん・・・。(笑)
なんとも『らしい』彼女の今後に期待かと。

さて、ついに始まった終末へのカウントダウン・・・。
ここからどのような展開になっていくのか・・・要注目ですね。

次回は短編集をはさみ・・・再びのフィルフィ回になるのかな?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ということはもう完結が近いんですか?

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

いえ、今しばらく続くと思います。
ただ、目標、あるいは指標が見えたことにより生じた”ゴール”と捉えて頂ければ幸いです。
未だ謎が多い世界・・・まだまだ物語は終わらないかと。

> ということはもう完結が近いんですか?

フギルが何て言ったのか凄く気になりますねーそして最後は凄かった!!ヒロインズ頑張れー

Re: タイトルなし

フギルの言葉にしても、”そこ”がどこなのかも気になりますね。
ヒロインたちは順調にパワーアップしていきますが、ここからどう成長を見せていくのかが楽しみです。
私的には”三和音”にも期待したいです。

> フギルが何て言ったのか凄く気になりますねーそして最後は凄かった!!ヒロインズ頑張れー
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト