おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

りゅうおうのおしごと! 2巻 感想

あらすじ

「私はあなたを師匠だなんて呼ばないから」
『竜王』九頭竜八一の前に現れた黒衣の少女は高飛車にそう言い放った。
夜叉神天衣。小学4年生。
弟子と同じ『あい』という名を持つJSの教育を将棋連盟会長より依頼された八一は密かに特訓を施す。
だがそれが弟子にバレた時――かつてない修羅場が訪れた!
「ししょう・・・?だれですか?その子・・・?」
はじめてのライバル、はじめての修羅場、そしてはじめての家出・・・
幼い師弟に訪れた危機を乗り越え、二人のあいを救うことができるか!?
悲しみの雨に閉ざされた少女達の心に、若き竜王の角が虹を描く!!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 白鳥士郎(しらとり しろう)  イラストレーター しらび  監修 西遊棋(さいゆうき)

感想

八一の前に現れた女の子、夜叉神天衣
彼女の登場により、ますます騒がしくなった今物語ですが、そんな中でも少し気になることがあって・・・。

日本将棋連盟会長にして『盲目の天才棋士』、月光 聖市
――いまはあなたの方が上位者ですよ?九頭竜八一竜王――
プロ棋士で一番偉いと称される日本将棋連盟会長
また、『名人』のタイトルを五期獲得した者が、引退時に名乗る事を許される資格、《永世名人》
他にもいくつもの功績を残し、将棋界に大きな影響を与えてきたとされ、また盲目というハンデを背負いながらも今なおトップに在りつづけるという、まさに『伝説』と呼ぶに相応しいプロ棋士、月光聖市九段

その物腰やおだやかな雰囲気から”人格者”を思わせ、また八一を委縮するほどに高名な人物である彼との邂逅。
そして、そんな彼から頼まれた仕事が、今回の一件の始まりとなりました。
即答することは出来ず、八一を悩ませた依頼・・・それは短期間もう一人弟子をとる、というもので・・・。

天性の《受け師》、夜叉神天衣(やしゃじん あい)
――ふぅん?じゃあ今日であなたの仕事もお終いね――
性格や態度、振る舞いといったところが、まさに『生意気な小学生』と表せるような、そんな女の子である天衣
名前が”あい”という部分以外、礼儀正しいあいと対照的な印象を受ける彼女ですが、しかしその棋士としての才能は確かなもので・・・。
そんな彼女の相手を務める事になった八一ですが、実はそこにはある”願い”が秘められていて・・・。

まさにあいのライバルといった女の子でしょうか。
先述のように、色々な面があいと対照的なところもそうですが、将棋の打ち筋が見事に”正反対”なんですよね。
例えるなら、あいは”攻め”の将棋であり、天衣は”守り”の将棋
”先””後”なんて言い方も出来ますが、言うなれば天性のカウンター使い
あいと同等以上の”読み”をもって為されるその打ち筋はとても見事なものでした。

うん、全くと言っていいほど”分からない”ですね。(笑)
と、いうのも彼女の打ち筋が理解できないわけで・・・。

将棋を指したことのある身として、あいの打ち方は素直に”すごい”のだと思います。
ただ、天衣に関して言えばどう見ても悪手にしか見えない一手が勝利への布石であったり、そもそもの”受け”の本質が掴めないなど、あまりにも逸脱したセンスの持ち主に感じました。
良くも悪くも常人とは異なる”才”の持ち主なのでしょうね・・・。

しかし、なによりも驚くのは、その打ち筋を理解し、かつ”一手”をさせる竜王・八一です。
普段の頼りない姿とは打って変わり将棋に真摯に向き合う八一
あい天衣、それぞれの”将棋”を理解し、”示せる”可能性を秘めたその力には、本当に驚かされてばかりで・・・。

しかし、一方でそれだけの才能を育てる自信がないという、苦悩する場面も見られました。
また若く、高い実力を有しながらも”師”としての経験はない、その上類まれなる素質を秘めた未来の棋士ということもあり、それは、とても当たり前にも思える悩み。
ただ、そんな彼に掛けられた言葉・・・特に内の一言が、とても印象に残りました・・・。

子供なりに考えてあなたの弟子になりたいと言ったんですから、その気持ちを大切にしてあげてください

幾人もの人を渡り、そして八一に届けられた言葉。
そこに込められた意味もさることながら、その”繋がり”の尊さがまた心に響きましたね・・・。

そして、八一は自分の心のままに己が”敵”へと挑むことに・・・。


一方で、しかるべくして対峙することになった二人の”あい”
色々なトラブルを巡るも、ついに対局することになりますが、その内容は凄まじいの一言です。
突出した二人の、”最強の矛”と”最強の盾”の壮大なせめぎ合い
そして、その結末は誰しもが予想しなかった結果へ・・・。

うん、この二人は本当にいいライバルに見えますし、今後が楽しみですね。
・・・ただ、八一の思わせぶりな言葉のせいで謎の修羅場が見えるんですが・・・。
今回垣間見えたヤンデレVSツンデレが拗れていくような・・・しかも、姉弟子である銀子もまたなんか怖いし・・・。(笑)
ちなみに前回強者として名を挙げられ、カラーの挿絵でも紹介されていた月夜見坂が銀子のストレス解消に話の合間合間でボコボコにされているのには笑ってしまいました。
しかも、その原因が八一というね・・・。(笑)

と、そんな”明るい”話はここまで。


今回はそんな一方で顔を覗かせる”陰”にも目が移りました。

一見すれば、この作品は将来有望な棋士たちの成長を綴った物語に思えます。
ただ、それは要するに”才能”ある者たちの熱く、華やかな舞台なんですよね。

では、才能がない者たちは?

将棋が好きで、打ち込み、人よりも強く、段位も持ち、それでも絶対的な”才”に届くことの無い・・・そんな棋士たち。
今回登場した中でも特に印象に残った”彼女”・・・そこに秘められる”想い”とははたして・・・。

勝負の世界において絶対に存在する”勝者”と”敗者”。
そんな絶対的な理・・・次回のテーマはそこなのかな・・・?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト