おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの使い魔 1巻 感想

あらすじ

「あんた誰?」
――才人が目を覚ますと、可愛い女の子が才人を覗きこんでいた。
見回すとあたりは見知らぬ場所で、魔法使いみたいな格好をしたやつらが、才人と女の子を取り囲んでいた。
その女の子・ルイズが才人を使い魔として別の世界へ「召喚」したらしい。
訳がわからず面くらう才人に、ルイズは契約だと言って、いきなりキスしてきた。
俺のファーストキス!と怒る間もなく、手の甲にヘンな文字が浮かび、才人は使い魔にされてしまう。
仕方なく、ルイズとともに暮らしながら、元の世界に戻る方法を探すことにした才人だが・・・。
才人の使い魔生活コメディ!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 ヤマグチノボル  イラストレーター 兎塚エイジ(うさつか えいじ)

感想

今さらながらに懐かしいですね・・・。
約12年前にスタートした作品なのですが、今読んでなお面白いと思うのは本当にすごいと思います。
私にとっての『異世界モノ』の原点であり、思い出も交えると他と一線を期す作品だと感じます。

と、それでは・・・。


物語は一人の少年が異世界に『召喚』されたことから始まりました。
街を歩いていると目の前に現れた謎の鏡。
人よりも好奇心旺盛な少年、才人はそこから別世界へと旅立つこととなります・・・。

抱く印象は中世のヨーロッパ。
人が魔法を使い、生物が空を飛ぶ。
そんなファンタジーの世界で、少年と少女は出会いました。


魔法が不得手な貴族の令嬢、『ゼロ』のルイズ
――あんた誰?――
本名、ルイズ・ド・ラ・ヴァリエール。
”貴族が魔法を使う”、にも関わらず魔法が使えない・・・・・・正確に言えば「発動しない」、「爆発する」というもので、成功率がゼロ・・・ゆえに『ゼロのルイズ』と馬鹿にされていた学院生、ルイズ
そんな魔法の扱いが不得手な彼女が臨んだ魔法学院の行事である『召喚の儀』
そこで彼女は、前代未聞の結果を出す事となります・・・。


召喚された異世界人、平賀才人
――なんなんだ。一体、何をされるんだ?――
ドラゴン、グリフォン、マンティコア・・・ワシ、フクロウなど「生物」を使役するための『召喚の儀』により呼び出された才人
まさかの「人間」の召喚には誰もが唖然とする中、しかし『ゼロのルイズ』ならばと馬鹿にし始める周囲の学院生たちを前に召喚者であるルイズと『契約』を交わすことになります。
戸惑いもあり、為すがままにされたその行為は、二人にとって初めての口づけとなり・・・。


やがて、互いに不本意ではあるものの始まるのは新たな日常。
元の世界に帰りたいと主張する才人も持ち前の順応力から少しずつ環境になじみ始め、ルイズもまた「使い魔」のいる生活を受け入れ始めます。
そして、幾人もの人物との出会い、交友を深めていくも、それ故に貴族との衝突は避けられず・・・。


とある出来事を経て決闘を突きつけられた才人
プライドを傷つけられたとして対峙する少年は、しかし確かな実力の持ち主で・・・。
”貴族と平民”・・・そびえたつ高い壁を前に、当然のごとく一方的に屠られる才人
そんな光景を見ていられないと駆け寄るルイズは、ただの平民なんかじゃない、良く頑張ったと声を掛けるも、しかし自分の「使い魔」の想いを聞く・・・。

使い魔でいい
寝るのは床でもいい
飯はまずくたっていい
下着だって洗ってやるよ
生きるためだ、しょうがねえ

でも・・・・・・下げたくない頭は下げられねえ


平民が、貴族が、そんな壁を壊さんとばかりに立ち上がった「使い魔」。
その手に剣を携えた時、物語は動き始める・・・。



いや、ルイズ才人の主従コンビはいい感じに面白いですね。
普段虐げられている分いざ弱点を見つければひたすらに馬鹿にし、怒ったルイズが罰を与えると、”あり得る光景”なのに笑ってしまうのだからすごいと言いますか。
なかでも才人が”ルイズを想って”作った歌・・・・・・あれは酷い(笑)


一方で、個性的なメンバーたちも登場しました。

恋多きルイズのライバル、『微熱』のキュルケ
――恋してるのよ。あたし。あなたに――

無口で無表情なキュルケの友人、『雪風』のタバサ
――虚無の曜日――

『青銅』のギーシュ
――どうやら、君は貴族に対する礼を知らないようだな――

意思を持つ魔剣、デルフリンガー
――おでれーた。見損なってた。てめ、『使い手』か――

一人、また一人と登場人物が増えるにつれ賑やかさを増していくルイズ才人の日常。
そしてそれは、二人にとっても確かな”影響”を与えていきました・・・。


そんな中で気になるのはルイズの”魔法”と、そもそもの”異世界”について。
前者はそ”魔法”なのかすら疑わしいのですが・・・現状分かるのは「なんでも爆発する」という点のみ。
そして後者は「才人が初めての異世界人ではない」という点が気になりました。
そこには確かな痕跡があり・・・・・・さて、ここがこれからどう関係してくるのやら。

また、”ガンダールヴ”という存在について。
かつて始祖ブリミルが用いた使い魔にして千もの軍隊を壊滅させるだけの力を秘めたとされる存在。
その伝説と称される”ガンダールブ”が現代に蘇った意味とは一体・・・。


と、そんなところでしょうか。
幾つもの伏線を残しつつひとまずの”結末”を迎えた今回の話。
ルイズ才人、それぞれに隠された謎や、二人の関係に興味を惹かれつつ次回に期待したいと思います。
そして、才人は元の世界に変えることが出来るのかな・・・?



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。