おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

ゼロの使い魔 7巻 銀の降臨祭 感想

あらすじ

才人がある日突然『召還』されてしまった異世界ハルケギニア。
使い魔として、ご主人様のルイズとともに参戦したアルビオンとの戦いは、ひとまず連合軍――ルイズたちが勝利を収める。
すっかり戦勝ムードでアルビオンとの決戦に備える連合軍だが、才人は先日の戦闘のことを引きずって元気がない。
ルイズは才人を励まそうと、ちょっぴり大胆な振る舞いもしてみるが、才人は上の空。
ルイズは拗ねてしまい、そんな彼女に才人は「俺ふられた!」と思いこみ、またも関係はこじれてしまう。
そこへ、超美少年のロマリアの神官が現れる。
ルイズは才人への反発から神官に思わせぶりな態度をとりはじめ・・・・・・。
異世界使い魔ファンタジー、波乱の第7弾!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 ヤマグチノボル  イラストレーター 兎塚エイジ(うさつか えいじ)
感想

犠牲者を出しながらも任務を遂行したルイズたち。
そんな中、才人は命を賭した者たちを想い、同時に”貴族”への違和感を募らせる。
また、対するルイズもそんな才人に声を掛けるも、やがて意見の相違からすれ違うことになる。
しかし、そんな二人がが戦争についての思いを伝える中、衝撃の事実が明かされることに。
一方で、ルイズと才人の前に一人の美少年が現れる。
平民でありながら誰よりも竜を上手く操るその神官は、やがて二人に大きな影響をもたらす事となる。
それぞれの思い込みから大きくすれ違っていくルイズと才人。
そして、そんな物語を傍らに、戦争はいよいよ最大の局面を迎える事となる・・・。



いや・・・うん、泣きました。
読んでる最中にも涙が流れましたが、読了後に表紙を見るとまた込み上げてくるものがあるといいますか・・・。
恰好ばっかつけて・・・本当、馬鹿だね・・・と。


さて、今巻は作者曰く「勇気とは?」がテーマとなっているとのこと。
男を男とたらしめている部分。
ほんとは女々しくて、弱くて、寂しがり屋で、吹けば飛ぶような存在である男の最後の拠り所。

そのように語る”勇気”ですが、それはやはり誰でも持っているものだと思います。
それがあるからこそ見栄を張り、失敗し、だけれども先の見えぬ一歩を踏み出し、何かを掴み取る。
そんな”感情”が、今回の物語には込められていたのかな・・・。


と、そんな”物語”ですが、そこにはこれまで以上に重々しい空気が流れていました。
戦いの中で命を落とす者がいるにも関わらず、それは名誉の死であると称賛の声を挙げる者がいる。
そして、それこそが普通であるかのように鼓舞し合う貴族たちを見て不快感を隠しきれない才人
しかし、ルイズの発した言葉もまたそれを助長するかのような言葉だったため、二人の間に亀裂が入ることとなります。


奇跡の生還を遂げた竜騎士隊のリーダー、ルネ・フォンク
――そういえば忘れたことがあってさ。簡単には死ねなかったよ――
そんな折、才人のゼロ戦を庇い次々と消えていったはずの竜騎士隊のメンバーがまさかの全員生還を果たしました。
その奇跡に喜びの声を挙げる才人は、彼らとの交流をこれまで以上に深める事となります。

ただ、その”奇跡”はどうにも偶然ではないような感じですね。
帰還するまでの一週間の記憶が消えていることもありますが、かすかに記憶に残る”風の妖精”のことも気になります。
悪意は見えないのですが・・・さてさて。


そして、新たに登場した人物が一人・・・。

美少年のロマリアの神官、ジュリオ
――あっはっは!ぼくたちロマリオ人のような男だね、きみは!――
神に使える神官が多くいる国、ロマリオ。
その地にて神官を務めるジュリオは誰よりも上手に竜を扱えることから中隊の隊長を任せられるほどの実力者でもありました。
また、人当たりが良く、さりげない気遣いを見せるなど『モテる』人柄を見せるのですが、しかし時折別の表情も見せる事があり・・・。

美少年が嫌いな才人と素直になれないルイズ
彼自身は何も悪くないのですが、タイミングが悪かったというか・・・そういったことからルイズ才人のいざこざに関わることとなります。
ただ、ジュリオ自身が二人に関心を持っているようで・・・さらにはその”正体”までも・・・。


また、これまでに見せない”顔”を覗かせる者たちもいました。
アルビオンの新皇帝クロムウェル側近のシェフィールド
彼らの語る真実、そして誰もが予想できなかった、その先に待つ未来・・・それは、勝利に手を掛けた連合軍にとって、まさに”最悪の光景”を生み出す事となりました。

突如として起こった”異変”により崩壊し始める連合軍。
撤退を余儀なくされるも、状況が呑み込めない本部から了承を得たのはすでに手遅れだとされる時間。
逃げる三万の敗軍に対し、迫る七万もの軍勢
誰もが死を予期し意気消沈とする中、最後の”切り札”を使うべくとある指令が飛ぶこととなる。
それは、”虚無の使い手”に出された、足止めを任された”名誉ある任務”で・・・。


結局こんなもんなんだな・・・という印象ですよね。
死よりも名誉と叫んでいた貴族たちも、いざとなると必死に生き延びようと我先に逃げ始め、それが叶わないとなると喚き散らす。
ただ、才人はその光景を『こっちの方が好き』だと評してました。
生々しく、そして誰もが本心を発する・・・たしかにこの戦争の中で一番”生命”を感じる瞬間だったのかもしれません。
そんな”経験”が後に活かされるのか、無駄になってしまうのか。
さて、この戦争は一体どのような影響を生み出すのでしょうか・・・。


そして、ここから”最後”が始まります・・・。


ルイズへ下った最悪の指令。
受ければ待つのは”死”、しかし断れば三万の命は失われる・・・そんな非情な選択を迫られるも、しかしルイズの答えは最初から決まっていました。

それは才人が見えなかった”真実”。
それは変わることの無いルイズの”想い”。


互いの想いを伝えあい、最後に静かな”結婚式”を挙げるルイズ才人
やがて戦地に赴こうとするルイズでしたが、しかしそれが叶うことはありませんでした・・・。


なあデルフ
俺、死ぬのか?

たぶん
まあなんだ、どうせならかっこつけな

なんで

もったいねえだろ



大好きな少女のため、そして自分の気持ちに正直でいるため、少年は七万の軍勢を相手に一歩を踏み出す。
剣で魔法を防ぎ、誰よりも速く駆け抜け、しかし誰の命を奪うこともない。

それは、後に英雄と称される一人の剣士。
ただの一人で七万の軍勢に立ち向かった、勇気ある少年。


やがて伏したその背に送られる敵からの最上級の敬礼、そして・・・。



しかし相棒、ボロボロだねぇ

なあ相棒。聞こえるか?
お前さん頑張ったから、いいこと教えてやるよ

・・・・・・ちぇ、もう聞こえねえか




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト