おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの使い魔 8巻 望郷の小夜曲 感想

あらすじ

才人はある日突然使い魔として異世界に『召喚』されてしまった高校生。
魔法使いの可愛いご主人様・ルイズが従軍したアルビオンとの戦いで、
ルイズを逃がすために戦った才人は、大怪我をして意識を失ってしまう。
倒れていたところを金髪の美しい少女に助けられ、なんとか一命をとりとめた。
少女の名はティファニア。
森の中で隠れるように暮らしている彼女は、特殊な生い立ち故に臆病で恥ずかしがり屋だが、献身的に才人の世話をしてくれる。
一方、学院に戻ったルイズとシエスタたちは、才人が死んでしまったのではないかという不安と哀しみにとらわれていた――。
二人の運命はいかに!?
大人気の異世界使い魔ファンタジー、第8弾。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 ヤマグチノボル  イラストレーター 兎塚エイジ(うさつか えいじ)
感想

才人の命を賭けた奮闘、そして突如として現れたガリア王国の攻撃により戦争は終結した。
復讐を遂げた者、戦果を挙げた者、それぞれが戦争の爪痕を感じながら”その後”を過ごしていく。
そんな中、とある出来事を経てルイズは使い魔がいなくなってしまった事を実感する。
大切な人をなくし生きる気力を失ったルイズは才人を追う道を選ぼうとするが・・・。
一方、意識を取り戻した才人の目の前に一人の少女が姿を現す。
誰しもが恐れるエルフの少女との邂逅は、やがて才人たちの運命を大きく変えていくこととなる。



前回の衝撃の結末に驚き、そして”その先”が綴られることとなりました。
その物語はあまりにも重く、悲しい色に染まる者たちの想いで溢れていて・・・。


まずはルイズの視点から。

目を覚まし、気が付くと才人がいない。
いつも当たり前のように一緒に居て、自分のことを好きだと言っていた使い魔。
違う女の子に目移りばかりして、だから素直に気持ちを伝えられなかった、今は亡き大切な少年。
彼がいない世界で意気消沈とするルイズは、学院を訪れたジュリオの一言で『使い魔召喚』を試みることになります。
生きていれば失敗し、そうでなければ成功する。
”結果”を確かめる、その確実な方法を試みた先に見えたのは悠然と目の前に現れた紛れもない《召喚のゲート》でした。

才人の死を確実なものとし、今度こそ本当に心が折れたルイズは授業には参加せず自室に閉じこもる日々を過ごす事となります。
心配する友人たちに構うことなく酒の力で夢の世界に入り浸るルイズ
夢でなら才人に会える。
夢でなら伝えられなかった気持ちを告げることが出来る。

そんな堕落した毎日を過ごすルイズでしたが、それは所詮まぼろしでしかない、ならば才人の後を追おうと、”会いに行く”ために一人歩を進めることに・・・。


一方で才人の視点。

心臓が止まる程の重傷を負い、実際に”死んだ”才人でしたが、とある人物に助けられることとなりました。

「忘却」の魔法を扱うハーフエルフの少女、ティファニア
――・・・・・・ほんとうに、驚いていないの?恐くないの?――
使い切りの魔法の指輪の力で才人を助けた少女、ティファニア
その容姿は誰もが恐れるというエルフそのものであり、そのことが彼女に辛い思いをさせてきたのですが才人のとっては特別意味を持つものではありませんでした。
また、似たような境遇であったり、同年代の男の子ということもあり、自然と打ち解けていく才人ティファニア
そんな中、ある二つの事実才人を揺さぶることとなります。

一つは、ティファニアもまた”虚無”の使い手であるということ。
もう一つは、才人に課せられていたはずの使い魔の契約が切れていたこと。

前者は謎に包まれたままですが、後者はより身近な問題として才人に降りかかることとなります。
ガンダールヴとしての力がなくなり、ただの人間へと戻ってしまった才人ではただのゴロツキ傭兵にすら勝つことも出来ず、またルイズが求めているのは強い”守り手”であって自分ではないと、彼女の元へ帰ることを辞めてしまいます。
そして、当初の目的である元の世界への帰還を遂げるため、”東”へ向かう決意をする才人でしたが、そんな彼の前に才人の行方の調査を命じられたアニエスが姿を現しました・・・。


今巻でよく伝わってきたのは才人がどれだけ愛されていたのか、ということです。
それはルイズのみならず、シエスタギーシュアンリエッタなど、幾多もの人物からの気持ちであり、それだけ大きな影響力を遺していったことが改めて明かされました。
つまり、それだけ悲しみも大きかったということわけで・・・。

そんな中で、遺された者達の中で一番印象に残ったのは、意外にもギーシュでした。

きみは平民だが、ぼくは友情など、抱いていたんだよ

相も変わらずお調子者な姿を見せていましたが、それは悲しみを隠すためだと語り、またルイズ以外が信じなかった才人の偉業を信じるなど、これまで言葉にしなかった”友情”を確かに感じさせました。
同時に、才人への手向けはそんなギーシュだからこそ胸に響く、なんだか彼らしいものだったかな、と。


一方でルイズ才人の確かな絆を見ることも出来ました。
片や命を絶ち彼の後を追わんとするルイズ
片や力のなさに嘆き、彼女との決別を決める才人

互いに相手を強く思うが故の行動は、しかしそれぞれ叶うことはありませんでした。

自分の目で確かめる、自分の気持ちに正直になる。

前を向き、可能性を信じて歩きだし、そして二人は再び出会うことになる・・・。



うん、新章開幕、といったところでしょうか。
ルイズ才人の”物語”の感動も大きかった一方で、様々な”情報”が散りばめられていきました。

例えば存在が示唆された四人の”使い魔”の話。
現状”使い手”が三人と”使い魔”が二人・・・あるいは三人登場しています。
それがここからどう物語に絡んでいくのかが気になります。

また、少しずつ動き出したガリア王国について。
”無能王”が見据える未来とは一体・・・。

あとはルイズ才人の関係に影響を与えそうなティファニアの今後のについて。
彼女がこれからどうするのか、そして”初めての友達”である才人とどう接していくのか、注目ですね。


と、今回はそんなところでしょうか。
すべてを終え、帰還した先でどんな話が繰り広げられていくのか・・・次巻が楽しみかな。
ちなみに”胸革命”と呼ばれたティファニア”綺麗な草原”ルイズの戦いなんかも見られるのかな?(笑)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。