おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ、それだけでよかったんです 感想

あらすじ

ある中学校で一人の男子生徒Kが自殺した。
『菅原拓は悪魔です』という遺書を残して――。

自殺の背景には、菅原拓によるKたち四人への壮絶なイジメがあったという。
だが、菅原拓はスクールカースト最下位の地味な生徒で、Kは人気者の天才少年。
また、イジメの目撃者が誰一人いないことなど、多くの謎が残された。
なぜ、Kは自殺しなければならなかったのか。
「革命は進む。どうか嘲笑して見てほしい。情けなくてちっぽけな僕の革命の物語を――」
悪魔と呼ばれた少年・菅原拓が語り始めるとき、誰も予想できなかった、驚愕の真実が浮かび上がる。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 松村涼哉(まつむら りょうや)  イラストレーター 竹岡美穂(たけおか みほ)
感想

うん・・・言葉にするのが難しいかな・・・。
良い、悪いと、そういう物語ではなく・・・ん~、なんていうんだろう・・・。(笑)

ただ、もし評価を求められるのであれば、私は何のためらいもなく満点をつけるでしょう。
これだけは揺らぐことの無い、確かな気持ちです。



さて、物語は”男子生徒Kの自殺”の真相を探るべく、とある人物が調査に立ち上がるところから始まります。
誰しもが口をそろえて語る事件の内容に対し、感じる違和感。
本当に、語られている”話”が正しいのか。
カースト問題、いじめ、教育制度。
一つ一つ、確かに紡いでいくピースが揃うに連れ、これまで見せなかった”表情”が浮かび上がっていきます。
やがて、すべてを携えて向かった先で見えた、衝撃の”真実”

それは、辿り着いた唯一の答え・・・。


凄いと思うのは”物語”があるということ。
何を言っているんだと思うかもしれませんが、すべてを終えた後だからこそ”見えてくるもの”があります。
単なるミステリーではなく、良くあるヒューマンドラマでもない、例えるのが難しいこその”物語”。
そう伝えるのが、私の中で一番しっくりくるかな・・・と。


と、そんなところでいいかな。
語りではなく、ぜひその手に取って、この作品に触れてみて下さい。
そうすれば、もしかしたら感想に込めた想いにも気づいていただけるかもしれません。
うん、きっとこれ以上の言葉は不要でしょう・・・。


僕だけが知っていることがある。

街外れのプラネタリウムで泣いていたキミ。

キミがこの世界を地獄と言うのなら、壊そう。

ありとあらゆる存在から見放され、世界中の人という人を敵に回しても。

どうか嘲笑して見てほしい。

情けなくてちっぽけなこの僕の物語を――。



スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。