おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの使い魔 9巻 双月の舞踏会 感想

あらすじ

才人は使い魔として異世界に『召還』されてしまった高校生。
トリステインとアルビオンの戦いで、可愛い魔法使いのご主人様・ルイズと離ればなれになってしまったが、ようやく再開を果たした。
前よりもお互いの距離が近くなったように感じ、ルイズは自分の気持ちに素直になりたいと思う。
だが、才人を助けてくれた少女ティファニアやシエスタの存在が気になってぎくしゃくしてしまい、うまくいかない。
そんなこんなで表面上は変化のない関係を保ちつつ、才人たちがトリステインに戻ると、今度は女王アンリエッタまでが才人を特別扱い!?
大混戦の恋模様の一方、見えざる敵はじわじわと動き始め・・・。
異世界使い魔ファンタジー、第9弾!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 ヤマグチノボル  イラストレーター 兎塚エイジ(うさつか えいじ)
感想

ついに再会を果たしたルイズと才人。
離れていた時間を埋めるかのように距離を縮めていく二人。
好意を示すサイトに対し、ルイズもまた応えようとするが、間が悪くなかなか進展することがなかった。
やがて、”休暇”を終えトリステインに戻った才人を待っていたのはアンリエッタ女王による”騎士殊勲”だった。
それにより貴族となった才人は、様々なことに挑戦してみるが、それがルイズとすれ違う原因となってしまう。
一方、アンリエッタ女王と、祖国よりとある密命を受けたタバサの様子に変化が見え始める。
そして、事件は”スレイプニルの舞踏会”で起こることに・・・。



うん、泣きそうになりました。(笑)
途中までそんな”要素”がなかったのに最後に一気に持っていかれたというか・・・。
ただ、それ以外にも色々と大きく動いた話となり、着々と次なる舞台が整っていく印象を受けました。


さて、それではまずティファニアについて。
てっきり学院についていくのかと思いきや、彼女はここで一度フェードアウトのようですね。
外の世界を見てみたいという夢は持っているものの、共に暮らす子供たちの事がある為、村を離れるわけにはいかないとのこと。
才人たちは彼女の意思を尊重していましたが、はたして”虚無”に関わる者が平穏に過ごす事が出来るのか・・・さてさて。


次いで才人の話。
アニエスに師事したことでガンダールヴの力に頼らずとも、高い実力を身に付けた才人
そのことが彼の”自信”につながり、それがきっかけとなり、異世界における”可能性”に目を向ける事となります。
また、これまでの功績から”貴族”になったことから、才人自身にもちょっとした変化が見られました。


好きな女の子の事で頭がいっぱいになったりするくせに、他の女の子に求められると目移りしてしまうところや、目新しい物事に挑戦したいという気持ちが抑えられないところなんかは、本当、男の子だな、と思います。
ただ、そこが才人の良いところであり、魅力の一つでもあるんですけどね。

今回で言えば、ティファニアの掲示した”夢”についてだったり、亡きコルベールへの誓いなどが彼を動かす事となりました。

先生、俺、騎士だってよ。笑っちゃうよな

・・・俺、先生に褒めてほしかったよ


特に、唯一の理解者であったコルベールに二度と会えないということが才人にとって非常に衝撃的であり、それを知る場面は心痛むものとなりました。
ただ、それがきっかけとなり、彼は一つ大きくなることになります。
亡き恩師への誓いを胸に、少年は”自分の可能性”を模索し始め・・・。


一方でルイズ
以前よりも素直になったものの、依然プライドや照れが邪魔をすることで才人と一線を越えることが出来ないルイズ
いい雰囲気になっても唐突に目撃してしまったティファニアの”胸革命”に唖然として気が削がれる。
才人に身体を許した時に言われた「これが胸?」発言でボッコボコなど、余計な要因もあるのですが・・・うん、まぁなんとも・・・。(笑)
ただ、才人を”想う”気持ちが強くなったことは確かで、それは行動に現れるようになってきました。
ところが、それが思わぬすれ違う原因となってしまいます。


新たな可能性を模索する才人
才人を想い歩み寄ろうとするルイズ


これまで以上に才人に歩み寄ろうとしているのに、肝心の相手は自分の方を見向きもしない。
自分で出来ることを頑張りたいのに、ルイズは文句ばかり言ってくる。


どちらも根底では想い合っているのに、結局はすれ違ってしまう二人。
そして、そんな状況においてさらに問題が起こります。


一つはアンリエッタ女王のこと。
今回、ついにその想いに従い行動に移す事となりました。
大切な親友の使い魔だけど、抱いた気持ちを止めることは出来ない。
そんな彼女は、仮面舞踏会才人と接触することとなります・・・その想いを、唇に乗せて・・・。

そして、物語に絡み始めたタバサ
ガリア王国の”無能王”にして”虚無の使い手”である主より一つの命を受けることとなりました。
それは、ルイズ誘拐の手助け、および”ガンダールヴ”の退治
母親を人質に取られ選択の余地がないタバサはやがて才人と激突することとなります。

始まるのは学院最強の魔法使い伝説のガンダールヴの一騎打ち。
手数で押すタバサに対し、スピードで翻弄する才人
互いに一歩も譲らぬ激しい戦いの中、ついに決着の時は訪れて・・・。



先述にもある通り、色々な話が大きく動きました。
ルイズが素直になったかと思えば、シエスタ才人専属のメイドとして任命され、アンリエッタは参戦の意を示す。
今は離れたティファニアも、少し様子の変わったタバサも気になるところですが、いよいよもって修羅場感が・・・。(笑)

一方でまったく動向が読めないガリア王国
事態を傍観し、あるいは敵対し、そして保護しようとしたりと、いま一つその目的に辿り着くことが出来ません。
敵か味方か、はっきりとした判別は出来かねますが、ただタバサの件に関して言えば、間違いなく”敵”であると断言できます。
そんな彼女の最後の行動から見るに、おそらく次回で大きく関わることになるのでしょう。


そして、最後に登場した驚きの人物。
もう訪れることがないと思ったその時間。
かの人物が現れた時、才人がどれだけ救われた事か・・・本当、良かったね・・・。


わたしはきみにお願いしたはずだ

きみの世界を見せてくれと

さぁ、いっしょに行こうじゃないか

”東方”へ!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。