おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの使い魔 12巻 妖精達の休日 感想

あらすじ

トリステインの女王アンリエッタの頼みで、ティファニアを迎えにいった才人たち一行は、妨害にあいながらも、どうにか学院に戻ってきた。
ティファニアはアンリエッタの計らいで、ルイズたちと同じように学院に通うことになり、その可愛らしい容姿と「革命」な胸のため、あっという間にクラスの人気者になる。
しかし、ハーフエルフであることを秘密にしておきたいティファニアは、いつも帽子をかぶっておどおどしていた。
突然現れたうえに人気をさらったティファニアが面白くない女生徒たちは、帽子をとってやろうとたくらんで・・・・・・(第1話)。
あの人気キャラも活躍!?
大人気異世界ファンタジーは、ちょっと一息の短編集!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 ヤマグチノボル  イラストレーター 兎塚エイジ(うさつか えいじ)
感想

トリステインにやってきたティファニアは魔法学院の1年生として編入することになった。
自分がハーフエルフであることを知られないようにと帽子をかぶりながら過ごしていたティファニアでしたが、その目を惹く容姿で男生徒たちの人気を独り占めにしてしまう。
そんな彼女を面白く思わない女生徒たちは、ある日ティファニアに対し礼儀を教えてやろうと声をかけ・・・。



今回は全体的にコメディよりな短編集となります。
シリアスな展開が続いていただけに、まさに”息抜き”といったところですね。

しかし、一方でティファニアの学院生活にも触れていきます。
ハーフエルフという畏怖の対象である彼女が馴染んでいくことが出来るのか、そこには意外な結末が待っていて・・・。


さて、先述の通り、ティファニアは多くの女生徒よりやっかみの対象となってしまいます。
その中において、一際彼女を嫌う人物がいました。

独立国の姫にしてティファニアのクラスメイト、ベアトリス
――さてさて、あの島国人に礼儀というものを、教えてあげなくてはね――
以前はクラス中の視線を独り占めにしていたものの、ティファニアの登場によってその人気を奪われてしまったベアトリス
それに加え、彼女のプライドが高い事もあり、ティファニアにちょっかいをかけることになります。
また、その地位は高貴なものであり、ギーシュモンモラシーは年下相手なのに頭が上がらず、逆に気を使う姿まで見せる始末。
その場は才人が仲介に入り事なきを得たものの、わだかまりが解けることはなく、後の事件へと繋がっていくこととなります。


一方のティファニアは、その出来事がきっかけで自身の正体を明かそうと考えます。
嘘を吐くのは良くない、本当の自分を見せようと、ある行動に出るのですが、しかしエルフという種族への恐怖は想像をはるかに超えるもので・・・。

やがて始まるベアトリスが執り行う異端審問
それはきっかけを得ただけの、ただの嫌がらせ。
ティファニアを擁護しようにも彼女に逆らうことが怖く、誰もが動けない中、才人もまた身動きが取れない状況となってしまいます。
しかしそんな中、意外な人物が名乗りを挙げ彼女の窮地を救うことになり・・・。


この下りがちょっと熱かったですね。
結果として才人が割を食った感じになってしまいましたが、それでも楽しそうだったな・・・という印象を受けました。
ベアトリスを護衛する騎士団と、ギーシュ率いる水精霊騎士隊の対決は、なんだか子供の喧嘩みたいでしたね。(笑)

一方、この騒動を収める立役者は予想外のところから現れます。
それは、ベアトリスが父から”戦ってはいけない三つの相手”と教えられた内の一つでした。
一つはトリステイン王家。
もう一つは宰相マザリーニ。
そして最後は、トリステイン随一の歴史と格式を誇るラ・ヴァリエール公爵家・・・。



ただ、最後はティファニア自身の”勇気”により、物語は一つの決着を見せました。
うん、本当に良かったね。


と、そんな話の傍らで進んでいったのがルイズと才人の物語です。
”呪縛”より解放され、少し様子の変わった才人でしたが、やっぱりどこまでいっても才人才人なわけで
ただ、これまでの出来事により二人の距離は大きく近づいており、誤解やすれ違いはあれど、かなり甘々な空間が形成されていました。
・・・それはもう、砂糖を吐きそうなほどに・・・。
ただ、結局オチはつくんですけどね。(笑)


さて、おおまかな話はまとめましたが、他にも事件はありました。

とある事情により落ち込んだ才人を慰めようと、水精霊騎士隊が総力を挙げて女子風呂を覗きに行く話。
シエスタが偶然手に入れた惚れ薬のせいで学院が大騒ぎになる話。


前者はアホが極まるような話で、オチは相変わらずでしたが、後者はいろんな意味ですごかったです。
シエスタ自身は悪くないのですが、惚れ薬自体がキスすると時間差で感染していくような粗悪品だったため片っ端から被害が拡大していく様は某ゾンビゲームを連想させられました
偶然飲んでしまったモンモラシーを始め、ルイズキュルケタバサ、その他大勢が巻き込まれていく流れはあまりに自然すぎて・・・。(笑)
ちなみに、その怒りは最終的に才人に向けられるわけですが・・・可哀想に・・・。


と、いったところで今巻は閉幕となります。
珍しくユニークな話が多かったので、本当に”息抜き”を感じました。
ということは、次回は話が大きく動くのかな・・・と予想しつつ、この辺りで・・・。
こういう短編集も、たまにあるといいですよね。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。