おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの使い魔 14巻 水都市の聖女 感想

あらすじ

ガリア王ジョゼフの野望を砕くため、ロマリアへの協力を決めたルイズ。
しかし、最も危険な役割を担う才人を案じたルイズは、ロマリア教皇の持つ「虚無」の力を借り、才人を元の世界へと戻すことを決意する。
才人が突然姿を消したことにとまどうティファニアたちだったが、ガリアを迎え撃つために国境近くの街・アクイレイアへと出発したため、うやむやになってしまう。
一方、ジョゼフの命令を受け、騎士人形「ヨルムンガント」の“軍団”はロマリアを目指して出立していた――。
ルイズの運命は、才人の決断は!?
大人気の冒険ラブコメファンタジー第14巻!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 ヤマグチノボル  イラストレーター 兎塚エイジ(うさつか えいじ)
感想

才人がいなくなった世界。
ルイズの決意により為されたその行動は、関わってきた者たちの心に大きな穴を開けるものでした。
しかし、誰よりも辛いであろうルイズは、それが才人のためになると信じ続けます。
やがて自分自身が後悔に押しつぶされそうになると、そう分かっていたとしても・・・。


才人が”いなくなる”のは二度目になりますが、以前と違うのは才人の意思かルイズの意思か、というところでしょう。
そして、それは大きな意味を持つように感じます。

ルイズが決めた”
それは、彼女が自ら苦の道を選び、そして才人が”選べなかった”ということです。
つまりは、幸か不幸か愛ゆえの、ある種で一方通行なやり取りにも感じられて・・・。

また、然るべくしてルイズの心に限界が訪れます。
大切な人を失った喪失感に耐え切れなくなったルイズ
このままでは何もできないと、最後の頼みとしてティファニアに助けを求めます。
自分の中から「才人」を消して欲しい、という願いを込めて・・・。


と、そんな話の傍ら大きく物語に関わったのがギーシュ率いる水精霊騎士隊
当初は「ごっこあそび」などと揶揄されていた彼らですが、少しずつ経験を重ね逞しさを見せるようになりました。
ただ、一方でどこか才人に頼っていたところが大きいと語り出すメンバーたち。
それは、いなくなってしまった少年に対する敬意を込めたものにも感じました。

しかし、そんな中にいて変わらず在りつづけるギーシュ
これまで幾度となく才人と戦いを乗り越え、同時に彼の勇敢な姿を見てきたギーシュが呟くのは、ピンチになったら現れるだろう、という根拠のない言葉。
ただ、そこに秘められた想いは強く、それは騎士隊に希望の灯をともす役割としても十分でした。
始めは高慢でおっちょこちょいだった彼も、本当に成長しましたよね・・・。


また、ルイズに忘却の魔法をかけたティファニア
大事な友達である才人がいなくなり、彼女もまた混乱することになるのですが、追い打ちを掛けるかのように訪れたのはルイズからの「頼み」でした。

悩みながらも叶えた先に待っていたのは変わってしまったルイズの姿。
貴族としての高いプライドを持ち、国や大義のために戦い、そして”虚無”に目覚めたことを誇り気に語る、そんな友達の変化に、本当に良かったのかと何度も自問するティファニア
彼女もまた、自分の無力さに心痛める事となります・・・。


そして、才人・・・。
元の世界に戻ったか、と思いきや目覚めたのは見知らぬ場所でした。
ルイズとの会話以降の記憶が無く、自分の置かれた状況を把握できていない才人
そんな彼の前に、とある人物たちが現れました。


エルフにしてもう一人のガンダールヴ、サーシャ
――初めてあった気がしないのよ。どうして?――

”野蛮な魔法”の使い手、ブリミル
――ご、ごめん。ほんとごめん。すまない――


一人しか存在しないはずのガンダールヴと、何故か”虚無”の魔法を扱える担い手が目の前に現れ混乱する才人
しかし、時が経つに連れとある真相に辿り着くこととなります。
それは、現在いる場所が六千年前の世界だという事実で・・・。

初代ガンダールヴと始祖ブリミル。
自分とルイズの関係を思わせる、そんな伝説とされたその人物たちとの邂逅は、才人に不思議な体験をもたらすこととなりましす・・・。


そして”夢”から覚めた先に待っていたのはヴィットーリオとその使い魔ジュリオの二人でした。
未だ世界に残っていた事が分かり、また才人は改めて彼らに問いかけられます。

異世界に残るか、地球へ帰るか。

母を想い手を伸ばしながら、しかし選んだのは戦いの道。
大好きな女の子を守るために自分の意思で決め、ロマリアに保管されていた”槍”を有し、少年は戦場へと向かいます・・・。


やがて始まるのはガリア王国とロマリアとの大戦。
新兵器を携え現れるジョゼフ王の使い魔シェフィールドの猛攻に対し、解き放つルイズの”爆発”の魔法も、しかし効果はなく・・・。
その光景を目の当たりにし、逃げ出すロマリアの軍勢の中、立ち向かうのはルイズを守ると誓った水精霊騎士隊
敵わぬと知りながらも諦めることなく立ちあがるギーシュたちだが、次第に追い詰めらていきます。
そして、ついに最後の刻が訪れ、少女が無き記憶の、大切だった少年の名を呟いた時、彼は現れました。


その時代最強の武器を示すガンダールヴの武器、”槍”。
この世界でその名を冠すのは、地球より流れ着いたタイガー戦車
その圧倒的な破壊力と堅固なボディは比類するものがないほどに最強の強さを見せつけます。
そして、それはガリア王国の新兵器でさえ言うに及ばず・・・・・・。


そして、再び邂逅する少年少女
自分を忘れた少女に飽きれる少年は、観衆の目を気にせずこれまでの思い出を紡ぎます。
そして、羞恥に顔を染める少女を抱きしめ、口づけを交わして・・・・・・。


”虚無の主人と使い魔の絆は消せない”


本当、世界をも巻き込んだこの二人の物語感がすごいな・・・。(笑)
多くの戦場で中心に居るのはルイズ才人の二人ですし、その勝敗を左右するのもまた然り。
実際、この二人がいなかったら歴史は変わっていたんでしょうね・・・。

一方で気になるのはブリミルサーシャとの出会いの”意味”。
そこには秘められた理由とは・・・さてさて。


そして、物語の終わりに才人は一つの”区切り”をつけます。
そのメッセージは、きっと想いを届けたのだと信じて・・・・・・。


母さんありがとう。

ほんとにありがとう。

心配してくれてありがとう。

結構大変だけど、俺は幸せです。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。