おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの使い魔 15巻 忘却の夢迷宮 感想

あらすじ

ハルケギニアに残ることを選択したサイトは、タイガー戦車を駆りシェフィールドが率いるヨルムンガントの“軍団”の撃退に成功する。
ルイズの危機を救い、再び絆を取り戻したルイズとサイト。
「でもでも、そんな妄想ゆるさないんだからね!」
傍から見たらただのいちゃいちゃな喧嘩を繰り広げつつ、つかの間の安寧を楽しむ二人だったが、ロマリア教皇ヴィットーリオ、そしてガリア王ジョゼフの「虚無の担い手」の策謀は、再びルイズたちを騒乱へと導くことになる――。
ハルケギニアとサイトたちの未来はどうなる!?
冒険ラブコメファンタジー第15巻!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 ヤマグチノボル  イラストレーター 兎塚エイジ(うさつか えいじ)
感想

おお、すごいな・・・・・・というのが初めに抱いた感想でしょうか。
感動や驚愕とはまた違った、怒涛の展開から目を離すことが出来ない、今回はそんな物語となっていました。


と、まずはルイズ才人
その関係はいよいよもってカップルにしか見えず、眺める周囲の友人たちも飽きれるほどのいちゃつきぶりを見せました。
ただ、そんな光景が許せないマリコルヌは罵声が飛ばし、実力行使すら厭わない姿を現すなど、目に毒な人には残酷な光景に映るようで・・・。(笑)
それでも留まるところを知らず、仲睦まじい様子を露わにする二人でしたが・・・さて、こんなに幸せな光景がはたして続いていくのでしょうか・・・。


次いでアンリエッタ女王
これまで他国との外交に振り回されっぱなしのアンリエッタですが、徐々に成長しつつあるのが感じ取れます。
特にそれを実感したのは今回の一件。
結果的に失敗してしまったものの、かのジョゼフ王をして見事と言わしめた手腕を発揮しました。
ジョゼフ王ヴィットーリオ教皇のように策略家としての一面は持ち合わせていませんが、それらとは違う”覚悟”を持った女王になりつつあるのかと。
良くも悪くも作中特に成長を見せる人物の一人ですね。


そして物語は大きく動き出します・・・。


今回、主人公を別に選ぶとすれば、それは二人の人物が該当するでしょう。


まずはタバサ
才人に救われて以来、彼の騎士として共にいる事が多くなったタバサですが、そこに抱く”想い”に関して認めることはありませんでした。

それは決して”その感情”であってはいけない、自分は仕える騎士なのだから・・・。

そう自分に言い聞かせてきたタバサですが、ついにその壁が破られることとなります。
それは夢に見た、心のどこかで望んでいた、しかしありもしない言葉。
そんなまさかの言葉を彼女は耳にします。
愛している、と。

しかし、それはジュリオによる偽りの言葉
冷静であれば気が付けたであろう状況にも関わらず、タバサはその言葉の”魔法”に囚われてしまいます・・・。


そしてもう一人ガリア王国のジョゼフ王
国民からの支持は著しく下がり、あちらこちらで反乱が起こっていることを知りながらも興味がないと一蹴する豪胆さや、そこに見える果てしない狂気。
そんな計り知れない彼が、ついに自ら動き出すこととなりました。

辺り一面を焦土と化せる程の威力を秘めた”火石”ビダーシャルに作らせ、その力を以て大陸中を地獄に変えようとするジョゼフ
逆に正気であることが恐ろしく感じるほどに”正常”であり、同時に深い”絶望”を求める様は何かに憑りつかれた様にも見えます。
しかし、そんな彼の中にも”悲しみ”は確かに存在していました。
なぜ自分はこんなことをしているのか・・・それは、心を蝕む苦痛の声とも取れるもので・・・。


そして迎える最後の戦い・・・・・・。
それは”火石”を用いた一方的な攻撃から始まりました。
爆発すれば数キロ単位を焼き尽くす攻撃に為すすべなく混乱するロマリア軍
そんな中、ジョゼフがいる艦へ向かい飛び出していくのはルイズ才人を乗せた風韻竜シルフィード
この状況を打破できるのは二人しかいないと伝えると空を駆け、ジョゼフシェフィールドとの決戦の場へと赴きます。



そして、ぶつかる二組の”虚無”。
ジョゼフとの激しい攻防の先、しかし力及ばず地に伏してしまう才人
倒れてなお戦意を灯す少年に敬意を込めながら、しかし後戻りはできないと最後の一石を投じようとしたとき、とある異変が起こり始めます。
それはかつての”真実”を伝える、ヴィットーリオの魔法でした。

優秀だった亡き弟シャルルへの憎しみが原動力となっていたジョゼフ
しかし、そこにあったのは、誰も知りえなかった、しかし紛れもない”想い”で・・・。


本当、予想が出来なかったとは言わないですが、それでもこの流れは素直にすごいと思いました。
全ての顛末の末、彼の浮かべた表情からは、その胸中が推し量れるようで・・・。


そして、迎えた新たな未来。

新たな女王として戴冠するタバサは、しかしただ一人強い決意を露わにします。
自分の初めての恋心を利用したロマリア
今はその手の平で踊ろうとも・・・


誰に陰謀をしかけたのか、教えてあげる



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。