おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出のゲーム その3 ~リトルバスターQ~

今週紹介するのはこちら

リトルバスターQ (トミー)


ジャンル:RPG
対応機種:ゲームボーイアドバンス

2002年11月29日 発売


知る人ぞ知る隠れた名作・・・なのかな?(笑)

きっかけは当時読んでいたコミックボンボンの紹介記事と漫画でした。
漫画は前後編の二話のみのオリジナルストーリーでしたが、結構面白かったような記憶があります。
そこから興味を持ちぜひ購入してみようと思ったのですが・・・いや、これがどこにも売ってなくて・・・。(笑)
実際のところどうだったのか分からないのですが、近所のゲームショップやデパートで入荷しておらず、こんな事があるのかと幼いながらも驚愕したことは鮮明に思い出せます。
当時抱いていた「新作=必ずゲーム屋さんで買える」の概念は覆されたわけですからね。(笑)
ただ、運が良かったのか、お正月に帰省した先のデパートで無事に買うことが出来ました。
・・・あれ、どれくらい売れてたんだろう・・・?


《リトルバスターQ》

今、ここに選ばれし少年達が
集まろうとしている・・・

SPECIAL TASK FORCE



作品内容

現代社会に突如として現れた聖霊「Q」。
サッカーボールや車、はては建物にまで憑依し人間に害をなす彼らに対抗すべく、選ばれし少年達を集めた対策組織、通称「STF」が設立された。
使命に燃える男の子、火山烈火を筆頭にチーム「リトルバスター」のメンバーたちは「Q」と唯一戦える者として、様々な事件を解決していく。
しかし、やがて明らかになっていくのは「Q」の正体・・・そして、本当の敵・・・。
すべてが一つに繋がった時、少年たちは運命の決断を迫られることとなる。



『おジャ魔女どれみ』の馬越嘉彦さんがキャラデザを手掛け、脚本は後に『To LOVEる』の原作者として活躍する長谷川沙貴さんが担当をするという、豪華タッグが実現。
シナリオも面白く、「Q」との戦いを重ねる毎に「リトルバスター」のメンバーたちが子供らしい純粋な気持ちで真実を探ろうとしていくストーリーは常に次の展開が気になるものでした。
対する「大人」たちのやり取りも印象的でした。

反面、ダンジョン攻略や戦闘においてはちょっとした不満も見受けられました。
戦闘した「Q」を仲間にし、武器に装備するシステムや、後半期クリティカル発動時に入るカットインは魅力的だったのですが、その他の部分で粗がありました。

例えば、高いエンカウント率。
フィールドで動いている「Q」とぶつかると戦闘が始まるシステムを採用しているのですが、狭い場所になると避けることが困難になり、ほぼ確実に戦闘が始まります。
また、ダンジョンギミックも難解なものも多く、一見すれば見逃してしまうような「壁」を調べないと先に進めないことがあります。
広いフィールドを行き来し、攻略を進める中で、だんだんと戦闘に飽きてきてしまうこともあるかと・・・。

そんな中で、特に極端なのが戦闘難易度。
五人中三人をメンバーにしストーリーを進めていくのですが、それぞれに特徴があります。
攻撃力が高い火属性の烈火、範囲攻撃に優れる水属性の琴、威力は低いものの全体攻撃が多い土属性の天明など、そのステージによってメンバー構成を変えていくのは面白いと思います。
ただ、ここが難点なのですが、控えのメンバーには経験値が入りません。
なので、もしステージ事にメンバーを変えようとすると、レベル上げから始めなくてはいけなくなります。
また、章を重ねるごとに解放されていく固有武器も必要ポイントをためなくてはならないため、その手間から後半はほぼ固定メンバーとなりがちに・・・。

そして極めつけが、とある「Q」の効果。
中盤に仲間にできる「Q」の中に「攻撃回避」「特殊回避」の能力を有するモノがいるのですが、その二つを装備すると実質無敵になります。
ダメージを一切負わなくなり一気に作業ゲーと化す、とんでもないバランスブレーカーには、おそらくほぼすべてのプレイヤーが気が付いたはず。
逆に、それらを片一方でも装備していないと厳しいと思えるほど敵の攻撃は強くなっていきます。
はたしてどんなプレイスタイルが望ましかったのか・・・難しいんですよね・・・。


しかしそんな不満を打ち消すほどに素晴らしかったのは、登場人物たちが織りなすドタバタ劇。
烈火を巡る恋の戦いや敵対するライバルたちとの間に芽生える友情、どこか憎めない敵の幹部たちとの兼ね合いなど、個性豊かな物語が広がっていきました。

少年達が少しだけ大人になる、そんな物語。
ラストの一枚絵は、これからも変わらぬ日常が送られるであろう、そんな未来を予感させるもので・・・。



リトルバスターQ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。