おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re:ゼロから始める異世界生活 1巻 感想

あらすじ

コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。
これは流行りの異世界召喚か!?
しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。
そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。
恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。
だが、ようやくその手がかりが掴めた時、スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした
――筈が、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。
「死に戻り」――無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す唯一の能力。
幾多の絶望を越え、死の運命から少女を救え!
大人気WEB小説待望の書籍化!

――たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 長月達平(ながつき たっぺい) イラストレーター 大塚真一郎(おおつか しんいちろう)
感想

うん、普通に面白かったです。
ただ、今回はプロローグにあたるのかな・・・?
謎が多く”方向性”が読めないため、ここからの展開に期待かと。

と、それでは早速・・・。


ある日突如として異世界に召喚された普通の高校生、菜月昴
コンビニ帰りということもあり、大した所持品もなく、またそれ以上に現状を把握しきれず頭を悩まされることに・・・。
「異世界モノ」にありがちな超人的パワーもなく、召喚主である美少女もいない。
そんな不遇を嘆きつつも、彼の”物語”は緩やかに動き始めます。


無知無能。無力無謀。四拍子欠けた、物語の主人公、ナツキ・スバル
――もうちょっと福利厚生充実してないと、俺みたいなゆとりは納得できないよ?――
元の世界では「高校三年生にして不登校気味」であり、決して楽しい日々を過ごしていたわけではない様子のスバル
しかし、だからといって異世界に召喚されたことを喜ぶこともなく自身の置かれた境遇に戸惑う姿が見られました。
ただ、そんな彼に”理解”できる時間が来ることもなく、やがて起こるとある事件に巻き込まれることとなります。


探し物をしている謎の精霊術士、”サテラ”
――あなた、私から徽章を盗んだ子をしってるでしょ?――

謎の精霊術士と家族同然の猫精霊、パック
――たとえばボクはこんな可愛いけど・・・・・・二秒で君を粉微塵にできるよ――

おっちょこちょいな一面を見せつつ、自身の目的を傍に目の前の困っている人に迷わず手を差し伸べる”サテラ”
スバルはそんな彼女を「損ばかりするお人好しなだけでなく、とんでもなく欲張りな少女」と評していました。


そして、”始まり”はこの二人の出会いにより動き出します。


とある窮地を救ってもらったことからお礼の意味を込め”サテラ”の探し物に協力するスバル
道中人助けをしたり、遠回りな情報収集をしたりと素直に順調とは言い難い道のりを歩いていきますが、やがて一つの「ゴール」へと辿り着きます。
盗まれた徽章が届くであろう場所・・・その地に足を踏み入れ、そして・・・。


ナツキ・スバルは命を落とした。


目が覚めると同時に状況が把握できずにいるスバル
ただ一つ覚えているのは自分や”サテラ”が殺されたこと。
一体何が起きたのか、それを確かめるべく「死に場所」へと向かうも、そこから生まれるのは新たな”始まり”


目利きが確かな盗品窟の主、ロム爺
――お前さん、相当な馬鹿もんじゃのぉ――

徽章を盗んだ金髪の盗賊少女、フェルト
――待たせちまったな、ロム爺。意外としつこい相手でさ――

フェルトに依頼を持ちかけた美女、エルザ
――いい性格だわ、嫌いじゃない――


出会ったのは”あのとき”確かに死んでいたはずの老人
そして、死んだはずなのは自分も同じ・・・。
夢みたいな、そんな謎に頭を悩ませつつも、まずは盗まれた徽章を取り戻すのが先だとロム爺と話を進めるスバル
やがて現れたのは盗んだ張本人であるフェルト、そして取引相手のエルザ

より高値で買い取ると「異世界の道具」を提示し、場を有利に進めていくスバルに対し、ロム爺フェルトエルザでさえも仕方がないと納得の雰囲気になりつつある中・・・。


ナツキ・スバルの命はあっけなく潰えた。


そして、”三回目”もまた・・・。


やがて理解するのは自分が手にした”力”。
具体的なことも、回数制限なのかも分からない。
ただ、自分が動かなくては死んでしまう人がいる・・・その想いを胸に少年は”正解”を模索し始めます。

《剣聖》と呼ばれる騎士の中の騎士、ラインハルト
――珍しい髪と服装、それに名前だと思ったんだけど・・・・・・スバルはどこから?――

新たな行動から出会いが、道が、選択肢が生まれる。
どうすれば”必然”を乗り越えることが出来るのか、そして最善の結果へとつなげることが出来るのか。
これまでの”経験”を活かし、少年は「死の運命」と立ち向かう・・・。



先にも述べたように謎がいくつも残されました。
例えば「召喚された理由」「犯人」に関すること
他にも”少女”を取り巻く環境だったりと、単巻としてみるのは少し物足りないかも。
ただ、”結末”は迎えており、事件だけみれば収束しているので、そう言った意味ではありかも。

そして、印象的だったのはナツキがあまりにも”弱い”ことでした。
「死に戻り」の力があるとはいえ、他者の記憶が戻ることもなく、結果として自分自身がゼロから始めなくてはいけません。
なのに、肝心のナツキ自身が短慮であり、「小物」でもあるため、最善手を探す効率の良さがなく、結果として余計なことをする場面もありました。
ただ、それでも”想い”の強さからここぞという時に見せる勇気には人柄が現れているのかも。
そんな彼の今後に期待、かな。


さて、始まった・・・とは言い難い「異世界生活」。
この先でどのような展開が待っているのか、これからに注目ですね。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここから三章まで一気に読むとタイトルの意味も解ってきます。でも途中でかなり辛く苦しい展開になるので頑張ってください!

Re: No title

えっ、頑張るんですか?(笑)
三章の意味も掴めないんですが、ぜひ今後の展開に期待しつつ読んでいきたいと思います。

> ここから三章まで一気に読むとタイトルの意味も解ってきます。でも途中でかなり辛く苦しい展開になるので頑張ってください!
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。