おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re:ゼロから始める異世界生活 3巻 感想

あらすじ

さあ、物語を動かそう。
大切な人たちと、同じ朝日を迎えるために。

強い決意を固めて、屋敷の始まりの日へと舞い戻ったスバル。
ロズワール邸で繰り返したループの記憶を総動員し、最高の選択を行うことで惨劇の回避を狙うスバルだったが、絶対に失敗できないという恐怖心とプレッシャーはスバルの心を蝕んでゆく。
そんな砕け散りそうな心を抱えるスバルに、あの始まりの日と同じ微笑みを浮かべるエミリアが手を差し伸べて・・・。
「笑いながら肩組んで、明日って未来の話をしよう」

大人気WEB小説、第三幕開始!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 長月達平(ながつき たっぺい) イラストレーター 大塚真一郎(おおつか しんいちろう)
感想

うん、一つの集大成を見ることが出来た気がします。
”異世界生活”に翻弄され、”死”に抗い続けたスバル
そんな中でやっと一つの在り方を見つけることが出来た、そんな話だったのではないかと・・・。


さて、それでは・・・。

ロズワール邸で繰り返される死の運命に一度は屈しそうになるも、改めて抗うことを決意するスバル
鍵となるのはラムレム、そしてベアトリス
これまでの”記憶”を手繰り寄せ、最善の選択を選び続けようと奮闘していくスバルでしたが、その張りつめた想いはすぐに限界を迎えてしまいます。
内に溜まっていく鬱屈とした「違和感」や間違える事の出来ない恐怖、なによりあまりに無力で滑稽な自分自身に募る嫌悪感・・・。
それは決して隠しきれるものではなく、周囲が真意を推し量る中、ただ一人彼のもとに歩み寄る少女がいました。

そして、溢れ出すのは感情・・・。
頑張っているのに、必死だったのに・・・なんで・・・どうして・・・。

事情が分かるはずもない、なぜスバルがボロボロになっているのかなど知る由もない。
それでも、少女が紡ぐのは擦れきれた心に響く優しい言葉。

泣いて喚いて泣き止んだから、もう大丈夫。
どれだけ傷付き、どれだけ苦しみ、どれだけ泣き、どれだけ絶望を噛みしめる事になっても、彼女を、エミリアを救うために。
この日々を、彼女と共に歩き続けるために・・・。


ナツキ・スバルは何度でも死んで、この恋に生きる


そして始める「運命」の物語・・・。

なぜ、どうして、いつ・・・。
いくつも羅列する”死”、分かっている事実、そしていまだ知らぬ謎。
ただ「死に戻る」のではなく”今”を生きるため、スバルはそれらの問題と真正面から向き合います。
やがて得られたのは新たな情報拙くも可能性を感じさせる魔法、そして仄かに芽生え始めた”絆”
一方で、過去を、現在を、未来を・・・持ちうる「すべて」を見つめ、たどり着いたのは一つの真実
呪われた運命を越え、みんなで明日を迎えるために、臆病な少年は自分の戦いに臨みます。


逆転劇を起こそうぜ

あんだけひでぇ状態からここまで持ち直したんだ

欲張りな俺は俺らしく、俺を含めた後日談が見たくてしょうがねぇんだよ



いや、本当に主人公だな・・・と。
言ってしまえば彼にとって今の状況は理不尽でしかないんですよね。
見知らぬ世界に飛ばされ、特別な力も持たず素養もなく、それでいて”死”と隣り合わせの人生。
親しくしていた人間が、次の瞬間には赤の他人にリセットされる恐怖。

それらに怯え、くじけてしまうのはある意味必然なのかとも思います。
ただ、そんな状況下で芽生えたスバルを支える一つの想い、それは、とても尊い感情なのではないでしょうか・・・。


また、一方で繰り広げられていくのは双子の姉妹、ラムレムの物語
そこに秘められるのは、「あったら」の”角”をずっと心に刻みながら後悔と贖罪で創られた人生
互いに大事に思うが故の”道”。
その悲しい日々を過ごしていく中、ある日突如として「異物」が現れました。
素性の知れない少年が、何かを為そうと懸命な少年が・・・そして力もないのに必死に他人を救おうとする少年が少しずつ”彼女”に変化をもたらしていきます。
例えその先で再び後悔の念に押しつぶされそうになっても、自分の本質に絶望しても、それでも見てくれる人がいる。
それはきっと、「救い」とは少し違う、でも彼女の背中を押してくれる確かな”想い”・・・。
うん、本当に良かったね・・・。


しけた面しないで、笑え

笑いながら、未来の話をしよう

とりあえずは、明日のことからでも



さて、作者曰く今巻までがプロローグにあたる部分とのことで、割と長い序章だったかな、と。
また伴い、次巻から”本編”が始まるとのことですが、いよいよ物語の本質に触れていくのかな。

これまでで気になることと言えば、やっぱりスバルの「召喚」の意味や、「竜」、そして「魔女」の話です。
なんとなくですが、前者はエミリアに関係してそうですね・・・”騎士”のような意味合い、を予感させますが。

あとは、エミリア「王選」の話。
その”特徴”から逆に選出される可能性があるのか、と思いつつも情報が少ないため今は何とも。
ただ、どうにもただでは終わらない問題をなりそうですね。

そしてベアトリス
彼女もまた何かを抱えている様子でしたが・・・さてさて。
というよりも、そもそも彼女は何者なんでしょうか。
司書で魔法使いで・・・で?という印象なのですが・・・彼女もまた物語に深くかかわっていく人物なのかもしれないですね


と、今回はそんなところで・・・。
決意を以て前に進んだ少年の異世界生活はまだ始まったばかりです。
短くも長いプロローグを経て、彼の物語はどのような展開を見せていくのか、これからに期待したいかと。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。