おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

おかげさまで一周年を迎えることが出来ました。【ブログ開設一周年記念ページ】

こんにちは、SHINです。

まずは、2016年3月13日を以て、当「夏日和」は一周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに皆様のお陰だと考えており、本当にどうもありがとうございました。
今後ともぜひ、応援をして頂ければ幸いかと・・・。

と、その辺りで・・・。

さて、今回は長かったような短かったような、そんな一年を振り返りながら雑記を綴っていこうと思います。
この”夏日和”を通じて過ごした一年を、今一度みなさんと共有出来たらいいのかな、と。

さてさて、それでは・・・。

2015/3/13~2016/3/12の記録


※()内は2015/9/13からの半年間の記録です。

閲覧者数 115,397 (82,616)

頂いた拍手数 315 (219)

読本数 458冊 (203冊)



そもそも「夏日和」とは

実はこの一年間一度も話したことがないのがこの「夏日和」の由来についてです。

まずそもそもな話、”夏日和”という言葉は存在しません。
例えば似たような言葉で言えば”小春日和”なんてものがありますが、それを真似た造語なのかもしれないですね。

では、なぜその言葉をブログ名に選んだのかというと・・・それはなんとなく、です。
正直に言って、私はこの言葉に特別な意味は含んでいません。
ただ、記憶にはないのですが、以前に「何か自分のモノに名前を付ける」時にこの言葉を使う、と決めていたような気がします。
どうでもいいような内容かもしれないですし、ただの夢の中の話かもしれません。
それでも、こういうのってなんとなくいいかな・・・と思い、このブログのタイトルを”夏日和”と名付けました。
遊び心にも通じた何かですが、意味など持たなくてもいいのかなと今さらながらに感じます。

そして、それがこのブログの「始まり」でもあります。


ライトノベルとの思い出

本当は”ライトノベルについての感想”を書こうと思ったのですが、上手く形にすることが難しかったので、毎週の記事などを通じて少しずつ話していこうかと思います。

と、それはさておき”思い出”ですね。
これに関しては「特別ページ」にて少しずつ触れていますので、そちらを読んで頂いたら分かりやすいかとも思います。

出会いのきっかけとなったのは学校の習慣であった「朝の読書タイム」でした。
毎朝15分間静かに読書をするという時間があり、例えば図書館の本や小説、あとは隠れて漫画を読んでいる人もいましたね。(笑)
当時の私はそれほど読書に興味がなく、スポーツの参考書や、ミステリー小説、赤川次郎先生の「三毛猫ホームズ」シリーズを読んでいた記憶があります。
そんな風に過ごしていたある日、友人から勧められたのが初めてのライトノベル、「キノの旅」でした。

最初に抱いた印象は、何だろう、です。
表紙は”漫画”なのに中身は”小説”で、物珍しさと興味が入り交じった感想を抱いたことは今でも覚えています。
当時は二巻まで発売されていたのかな?
その二冊を借りて、何度も何度も読み返した記憶があります。

それが、私と”ライトノベル”との出会いでした。

ただ、その頃はまだそれほどお金もなく、読み漁るようになったのは高校生になってアルバイトを始めるようになってからでした。
「撲殺天使ドクロちゃん」「まぶらほ」「しにがみのバラッド」「リバーズ・エンド」、他にも「終わりのクロニクル」「半分の月がのぼる空」「ゼロの使い魔」などなど挙げればキリがないほどの作品を読んできました。
学校の図書館にあった作品を片っ端から読み市立図書館でも借り好きな作品は購入するなど、いま思っても相当にのめり込んでいましたね。

実はその後、しばらくした後で一度”ライトノベル”から離れることとなります。
ただ、現状からも分かるように、再びこうして関わっているわけですが・・・まぁ、また機会があれば、そのあたりのこともお話出来たらな、と。


管理人として、ブロガーとして

まだまだ初めて一年の若輩者ですが、この一年間で学んだ事をお伝えできたらいいかなと考えます。
どちらかと言えばこれからブログを始める方、行き詰っている方向けの話かとも・・・。
あと、これは私の持論になるので、鵜呑みにせず参考程度に聞いていただければ幸いです。

さて、私にとってブログとは「習慣作り」を目的として開設したものとなります。
今でこそ作品を紹介していくことを目的としていますが、当時は自分のスキルアップにつなげる為だったんですよね。

一日一冊本を読んで感想を記事にする。
初期より掲げている当ブログのコンセプトの一つですが、私は淡々と過ごしていく日々の中で、生活の中にそういった「習慣」を取り入れることが大切だと考えるようになり、行動に移しました。
・・・まぁ、ライトノベルでなくても良かったと思うのですが、一種の”感謝”の気持ちもありまして・・・。

と、そうして始まった”夏日和”ですが、やっぱり少しずつ「閲覧数」「拍手」なんかが気になり始めます。
開設当時はただの指標であっただけの数字が、だんだんと意識の中心に置かれていく過程は自分でも驚きました。
で、そこから頑張ろうと張り切るのですが、そういった”数字”は簡単に伸びるものではありません。
記事を書くにも閲覧者が少ないため参考に出来ず、どうすれば結果が出せるのか考える事も少なくなく・・・。
ただそれでも、「一日三十人」の目標を越えたときは嬉しかったですし、素直に喜びました。
と、そんな日々を過ごしていく中で、やがて一つの考えに行きつくことになりました。

このブログは誰のために運営しているんだろう。

当たり前のようでいて、とても大切な考え方。
私には他人のための記事なんて書けないし、向いてもいません。
それならば、と自分本位な、「私のブログ」にしてしまおうとある種の”原点”へと立ち返ることにしました。
そして、それこそがきっと大事なことだったのだろう、と。

恐らく”挫折”された方も似たような境遇だったのかなと思います。
そして、これからブログを始めようという方、ぜひ頑張ってください。


さて、経験のような、体験談のような、そういった「何か」を伝えることが出来たでしょうか。


検索ワード

あとは、意外と印象に残るのが「検索キーワード」です。

例えば、昨日でいえば「魔法科高校の劣等生 19巻 感想」が一番多い検索ワードとなりました。
ちなんで言えば、「魔法科高校 19巻」「魔法科高校 達也 深雪」みたいなものもあります。

さて、そんな中で私が忘れる事の出来なかった言葉を三つ紹介しようかと思います。

一つ目、【落第騎士 ゴム】
これは分かる人には分かるネタですね。
その言葉を頼りに当サイトを読んだ感想とはいかに・・・?(笑)

二つ目、【ベッキー】
これね、本当不思議。(笑)
つい先日の話なのですが、この人が「のうりん」を求めていたのかは謎のまま。
というよりも、この検索ワードだけでよく検索できたと頭をひねります。
いや、本当。

そして三つ目、【殺し方 夏日和】
やめてーーーー!!(笑)
ポジティブに考えれば「暗殺教室」だと思うのですが、当時の驚きや計り知れません。
一体私が何をしたというのか・・・。


一年間を振り返り

そうか、あれから一年たったんですよね・・・。(笑)
先にも述べたように長かったような短かったような、そんな一年間を過ごしてきました。

古い方とはどれぐらいのお付き合いになるんでしょうか。
開設当時からの人はいないと思いますが、それでも一緒になって感慨深さを感じて頂けたら嬉しく思います。

印象的な出来事と言えば、六畳間の侵略者の一気読み」「一日一オーバーロードかな。
前者は現在の軸となった『シリーズ読み』の第一弾であり、後者は一日で400ページ近くを読み、記事にするという無茶をしたことが記憶に残っています・・・・・・うん、いやよくやったな・・・。(笑)

あとは「小説家になろう」に自作を投稿したこともありましたね。
その直後に仕事が忙しくなったので中途半端になったままですが、時期を見てまた投稿しようかと思っています。
せっかくの物語なのだから完結させてあげたいかと。(笑)


これからについて

さて、無事一周年を迎えたばかりですが、ぜひ”二周年”を迎えるべく明日から頑張っていこうかと思います。

半年前の目標である「一日400人」は・・・おおよそ達成、で大丈夫でしょうか。
かなり厳しいと思っていたのに、無事到達が出来て嬉しく思います。
次いで、半年後までの目標ですが・・・「一日600人」にいたします。
かなり高い目標だと思うのですが、それだけやりがいがあるかも・・・日々精進、ですね。

あとは、もう少し面白い記事が書ければいいかな、と。
誤字脱字、まだまだあるので、そう言ったところも改善していきたいと思います。


最後に

重ね重ね、今日に至るまで当ブログを支えて頂き、本当にありがとうございました。
先にもあるように、「自分本位」のブログながら、ここまで日々閲覧者様の目に通ることに今なお驚いております。
そして、今以上に良い記事が書いていけるよう、精進して参りたいと思います。

それでは、今後とも「夏日和」を、どうぞよろしくお願いいたします。


SHIN
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

開設1周年おめでとうございます。
こちらの最大の良さは、やはり一日一作品の投稿だと考えています。
いろんな作品を多く知れるので、興味が持てる機会も多いですね。自分も特に昨年末はお世話になりましたw
これからも楽しくコメントしていけたらと思いますので、よろしくお願いします。

Re: No title

こちらこそ頂くコメントを楽しみにさせて頂いております。
一日一作品、良く考えると鬼ですね。(笑)
ぜひ今後ともよろしくお願いいたします。

> 開設1周年おめでとうございます。
> こちらの最大の良さは、やはり一日一作品の投稿だと考えています。
> いろんな作品を多く知れるので、興味が持てる機会も多いですね。自分も特に昨年末はお世話になりましたw
> これからも楽しくコメントしていけたらと思いますので、よろしくお願いします。
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト