おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

最弱無敗の神装機竜 9巻 感想

あらすじ

「私は兄さんのこと、取られたくないって思ってるんでしょうか・・・・・・?」

学園祭と死闘を終え、束の間の穏やかな日常を過ごすルクスたち。
ルクスへの気持ちに戸惑うアイリは、初めて装甲機竜の訓練に挑む!!
一方、学園の校医から恋のアドバイスを受けたリーシャ。
ルクスの欲求を満たすための極意とは?
悩み多き学園最強のセリスは、自分の至らぬ点を学ぶため、頼れるルクスと訓練をすることに・・・・・・。
クルルシファーの意外な弱点、フィルフィとの商会視察、三和音と過ごす休息日、夜架への危険なお仕置き。
そして、謎の少女とのデート。

ルクスと少女達のふれあいを描く、”最強”の学園エピソード第9弾!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 明月千里(あかつき せんり) イラストレーター 春日 歩(かすが あゆむ)
感想

さて、今回は本編はお休みとなり、ルクスたちの一時の日常を綴った短編集となります。
普段では見る事の出来ない一面を垣間見たり、少女たちの交友を深めるなど、ホットな内容で語られる八つの物語。
意外と、こういう話は初めてかもしれないですね・・・。


さて、それでは・・・。


――それが、成長した私と兄さんのあるべき関係なんですよね。きっと・・・・・・――
アイリが『兄』との”関係”について悩む話。
どうみてもブラコンな妹の兄離れ・・・とも見える物語でしたが、いや、なんともいいお兄ちゃんだな、と。
一方で、ノクトとのやり取りは不思議な安心感があるというか・・・。(笑)


――なっ・・・・・・!?べ、別に全員に聞いて回ってるわけじゃないぞ!?――
リーシャが『騎士』に好みの料理を作ろうとする話。
いまさらですが、結構扱いがアレなのでメインヒロインには見えないことも多々あって・・・。
余談ですが、他の話でもアレな感じだったのでちょっと同情。(笑)


――いいから言ってみて。どうせ私の胸元を見ていたんでしょう?――
『元婚約者』がとある人物よりクルルシファーの弱点を探る依頼を受けた話。
ここまでのスキンシップを取っておいてなぜカップルにならないのか。
ちなみに、間違いなくこの人が一番肉食だと思います。(笑)


――わたし、ルーちゃんにお仕事の依頼とか、しないよ?――
『幼馴染み』がフィルフィの意外な一面を見つける話。
意外とまともな話だったことに驚いたのは失礼なことなのでしょうか。
ところで、この子ルクスがいなきゃ生きていけないのでは・・・。


――わかりません。悲しいです。またひとりきりで訓練です・・・。寂し・・・――
セリスが『仲の良い男の子』を相手に”後輩指導”を練習する話。
クルルシファーに負けない位イチャイチャしてた件。
ある意味では彼女が一歩リードしてるんですが、もう付き合っちゃえばいいのに。(笑)


――わたくしを辱め、その鞭で打ち、蠟を垂らし、わたくしを躾けてくださいな――
夜架の学園生活を改めさせようと『主』が奮闘する話。
良い話だったのに・・・・・・なんでこうなったんだろう・・・・・・。
加えるとアイリも巻き込まれる話だったのですが、血管がヤバかったそうで。(笑)


――君は元王子様だからね。こういう趣向もたまには悪くないんじゃないかと思ったのさ――
――私はほら、ルクっちの遊び相手のお嬢様の役ってことでどう?――
――失礼致しましたご主人様。思わず本音が――

シャリスティルファー、ノクトの三人が『親しい友人』と特別な休暇を過ごす話。
〈三和音〉との話ですが、案外一番ルクスが求めた”日常”だったのかも。
相も変わらず姦しい三人娘と過ごした休暇でしたが、みんな楽しそうだったことがなにより印象的でしたね。


――それに、ルクス君のおかげで、最近楽しいから――
女装をしたコーラルが『彼』と任務に挑む話。
一つの”核心”に迫る重要な物語でした。
さて、最後の”助言”が次なる脅威に繋がっていくようで・・・。


と、せっかくなので特典の小冊子の内容にも。

――そ、そうじゃなくて、ほんとにいないんだよ。こ、恋人なんて――
機竜整備士を務めるとある同年代の少年、ヒューイにルクスが『女の子』を紹介していく話。
悪気のないルクスに対し、案の定撃沈していくヒューイ
最後の叫びが「すべて」を物語っていましたが、ルクスはいつか自覚する時が来るのか?
あと、夜架さん怖いです。(笑)


さて、今回はこんな形でまとめていきました。
あとがき曰く、物語も折り返し地点に来たとのことで、まだまだ続いていく様子。
ここから先、どのような展開が待っているのか、楽しみですね。
そして、ルクスをめぐる恋の行方はどうなっていくのか・・・。

次回はフィルフィ回?なのかな。
幕引きがそんな感じだったので、活躍に期待したいかと。
それでは、次巻へ・・・。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト