おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹さえいればいい。 4巻 感想

あらすじ

『妹のすべて』のアニメ化が決定し、さらにはコミック化も決まり絶好調の羽島伊月。
しかし満場一致でコミカライズ担当に選ばれたマンガ家・三国山蚕にはとんでもない秘密があり、それはぷりけつや可児那由多、そして何故か普通の女子大生の白川京まで巻き込んだ珍騒動へと発展していくのだった。
果たして伊月は、初めてのメディアミックスという荒波を無事に乗り越えることができるのか!
そして伊月と那由多との関係にもついに変化が・・・・・・!?

大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第4弾!
今、すべてを懸けた戦いの幕が上がる!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 平坂 読(ひらさか よみ)  イラストレーター カントク
感想

朝、「チュンチュン、朝だよお兄ちゃん」という妹鳥の鳴き声で目が覚めた。
眠むた目をこすりながら「もっと一緒にいようよお兄ちゃん」という妹布団の誘惑を断ち切って妹ベットから起き上がり、「お兄ちゃん乱暴に開けちゃらめぇ」という音を立てて妹カーテンを開けると、妹窓から妹太陽の光が差し込んできた。
「おはようお兄ちゃん」
「ああ、おはよう。今日も輝いているね」
いい天気、今日も妹日和だ。

         (原作者:羽島 伊月 『妹のいる生活』冒頭 ※原文ママ)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


さて、今回は新たな登場人物も活躍し、一層賑やかな話が繰り広げられていきました。
また、前回の”一件”より後、少しずつ変化が起こり始めた伊月那由多の関係にもニヤニヤさせられたり・・・。


と、そんなところでまずは彼女の紹介から。

「妹」をこよなく愛する新人マンガ家、三国山 蚕
――わたくしったら・・・・・・つい夢中になってしまって・・・・・・申し訳ありません――
伊月の作品である『妹すべ』がコミカライズされることになり、その担当作家として選ばれた
伊月春斗那由多の三人も納得するほどに高いクオリティを見せ、同時に作品愛も溢れているなどの好印象を見せつつ、一方で伊月に並び立つほどの「妹」好きであり、彼と共に周りが見えなくなるくらいに談義ができるほどの熱中ぶりを見せていました。
そんなまさに運命とも言える邂逅を果たした伊月でしたが、実は両者の間には決定的な「壁」が存在していることが後々になって分かり・・・・・・。


この作品は色々と「リアル」な感じがしますよね。
特に今回のような「こだわり」のぶつかり合いなんて、そう珍しいものではないのかな、と。

そんな中、意外な一面を見せたのは伊月でした、
そうですね、案外素直なんだな、という印象でしょうか。
頑として自分を曲げないタイプかと思いきや、他者を認め自分の「力」とする姿勢を見せるなど貪欲な姿を見ることが出来ました。
ただ、それだけに・・・・・・ね。


また、先にも述べたように関係が変わり始めた伊月那由多の二人。
「見え始めた」伊月と、「知った」那由多
片や心情が見えるようになり、もう一方はこれまで以上に意識してしまう・・・・・・傍から見ていた春斗が呆れるほどに形容しがたい距離感を醸し出していました。
うん本当、それだけに・・・・・・ね。

ところで、今回のイラストのエッチ率が高い件。
那由多が何回かイッてるんですが・・・・・・。(笑)



あと、今回の”ゲーム”枠はドラマCDに反映されたようですね。
小説の番外編としても書き下ろされており、相も変わらず楽しい内容となっていました。
本当、楽しそうにゲームをしますよね・・・・・・。

他にもアシュリーぷりけつ土岐の”一面”や、千尋の話など、端々でも面白い話が広がっていきました。
こういった「短編」も今作の魅力的な部分の一つですね。
そして、伏線でしょうか。
気になる人物の名前伊月の”原点”などなど、今後への期待が膨らみます。


と、そんな傍らで進み始める物語・・・・・・。
ぶっちゃければ今回かと思っていました。
それは次回か、そのまた後か・・・・・・しかし確実に近づいてくる”その時”
楽しい日々が続くほど、作家生活が順調に進めば進むほど、「それ」は意味を為していきます。

千尋が隠し、アシュリーが知り、土岐が懸念し、ぷりけつが鍵を握り、伊月が冗談交じりに呟く。
徐々に立てていくフラグの先、待ち受ける光景とははたして・・・?


ある日突然妹が出現したりでもしない限り、俺は絶対に大丈夫だ。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。