おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ 14巻 六喰プラネット 感想

あらすじ

新しい年を迎えた一月。
精霊たちとの賑やかな初詣。
新学期が始まった来禅高校。
高校生、五河士道にとって当たり前の平穏な日常は、宇宙から飛来した隕石によってまたも壊される。
「――私たちも初めて確認する精霊よ」
宇宙に漂う第10の精霊、星宮六喰の手によって――。
地球から宇宙への通信映像によって会話を試みる士道だが・・・。
『うぬの偽善に巻き込まれるのは迷惑じゃ。二度とむくの前に現れるでない』
これまでにない強い拒絶を受けてしまう。
心に鍵を掛けて、感情を閉ざした精霊の内なる想いを引き出すため、デートして、デレさせろ!?


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 橘公司(たちばな こうし) イラストレーター つなこ
感想

物語もいよいよ核心に近づいてきた印象を受けました。
前回の引きに続き今回の話、いずれにせよ大きな転機は近いのかな、と。

さて、然るべくして現れたのは新たな精霊。
宇宙を舞台に物語は動き始めます。


第10の精霊、六喰
――同じことよ。むくの天使に勝てるものなど存在せぬ――

識別名〈ゾディアック〉
ラタトスクDEM社共に存在を確認したことがない精霊、六喰
有する天使〈封解主(ミカエル)〉の能力は「空間を【開ける】」、「対象の機能を【閉じる】」といった”開閉”する力。
直接的な攻撃力はないにしても、その力には確かな脅威を感じさせられることとなり・・・・・・。


と、そんな強力な力を持つ六喰ですが、これまでその存在を感知出来なかった理由は二つあります。
一つは、彼女が地球に興味がなく、宇宙を漂っていた事。
もう一つは、眠っており活動していなかった事、です。
本来であれば気付かないであろう彼女の存在でしたが、ウェストコットは新たな力〈神蝕篇帙(ベルゼバブ)〉の”全知全能”を以て認識することが出来ました。

そして、ラタトスクもまたDEM社を監視していた結果、六喰の存在を知り、立体映像を通して士道を接触させますが、その成果はとても成功だと言えるものではありませんでした。
さらに、その邂逅は士道の心にある影を落とすこととなります・・・・・・。


一方、そんな物語の傍ら、二亜が語るのは”精霊”について。
前回の最後、彼女がもたらした一言は、士道琴里折紙らに大きな衝撃を与えました。
曰く「精霊とはもともと人間であった」、と。


これは、なんとなく予想出来た情報ですよね。
琴里美九折紙といった「天使になった人間」が実在しており、またとある人物の回想を鑑みるとあり得ない話ではないわけで。
ただ、二亜が有していた〈囁告篇帙(ラジエル)〉の”全知全能”を以てしてもその全容を知ることは出来ず、真偽は定かではない仮説どまりとなります。
しかし、一つ言えるのは、二亜自身、元々は人間であったという事実。
何らかの理由で記憶が封じられているようですが、そこには一体どんな秘密が隠されているのでしょうか。


また、徐々に見え始める「ミオ」の存在。
真那から「ミオ」について問われた時、士道の脳裏によぎったのはかつての”彼女”の声。
その正体はもしかして・・・・・・と思わされましたが、さてさて。


そして、いよいよ物語は動き始めます。

六喰の「救いを求めていない自分に関わるな」という言葉が胸に刺さる士道
霊力を封印された事で危険に晒されてきた精霊もおり、自分のやってきたことは本当に正しかったのか・・・・・・。
そんな疑問を抱え、頭を悩ませていた矢先、襲撃してきたのはDEM社
そして、対峙するウェストコット〈神蝕篇帙(ベルゼバブ)〉の能力を前に、次々と”異世界”に閉じ込められてしまう士道精霊たち
その中で、士道は予期せぬ”人物”との邂逅を果たすこととなる・・・・・・。



思いがけない”出会い”を果たしますが、これ以上にないと思えるほどに心強い”人物”でしたね。
確かに、士道の抱える悩みを解消できるのは”彼”しかいないかな、と。

一方で、限定的ながらも能力を発言した二亜
”人間”に戻るのかと思いきや、少しながらも精霊としての力は残っているようですね。

そして、それぞれ対峙する士道六喰ウェストコットウッドマン
【心に鍵をかけた】六喰相手にデレさせる事が出来るのか。
そして、”始まりの二人”が再会するときにもたらされる真実とははたして・・・・・・。


大きな流れを予感させる今回の物語。
ついに登場した第10の精霊を相手に、士道はどう立ち向かうのか、次巻にも注目ですね。

※今巻の折紙さん、『裸の王様』はぱねぇっす。(笑)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。