おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

Re:ゼロから始める異世界生活 5巻 感想

あらすじ

「もう、いいよ。――ナツキ・スバル」
――エミリアとの最悪の別離より三日。
逃げるようにして身を寄せたクルシュ邸で、レムの献身に甘え、心を腐らせていくスバル。
そんな折、自分の在り方に迷うスバルの下へ、エミリアの窮地の報せが届く。
「そうだろ・・・・・・俺がいなきゃ、駄目なんだって。絶対」
『エミリアを救うことで、己の価値を証明する』
――昏い考えを胸に、周囲の制止を振り切りスバルはロズワール邸を目指す。
だが辿り着いた懐かしの地でついに、スバルは本物の【悪意】と対面する・・・・・・。

激動と波乱の第五幕。絶望と死の螺旋、迫る。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 長月達平(ながつき たっぺい) イラストレーター 大塚真一郎(おおつか しんいちろう)
感想

そうですね、前巻よりは”面白かった”です。
特にスバルの勘違い野郎ぶりや、独りよがりな姿は好印象でしたね・・・・・・いや、皮肉なんかではなく


と、それではまず本編の話から・・・・・・。


度重なる行動に失望したエミリアから、別れの言葉を告げられたスバル
当初の目的であった”治療”のため、フェリスのいるクルシュ邸に身を寄せつつ、なおエミリアの力となるべく鍛錬を怠ることの無い日々を過ごしていきます。
一方で、当主であるクルシュや剣術指南役のヴィルヘルム、そして治療師のフェリスらと交友を深めていく日々の中で、スバル一つの”答え”へと至ることとなります。
そして、そんな彼を待っていたかのように起きたとある出来事。
チャンスが巡ってきたと張り切るスバルは周囲の声を聞き入れることなく、自身の望む道へと進んでいきます。
昏く、深く濁った感情をその身に宿しつつ・・・・・・。


クルシュ陣営の人たちは人格者揃いの印象を受けますね。
当主のクルシュを筆頭に、飄々としたフェリス、そしてもう一人・・・・・・。

剣術指南役の老紳士、ヴィルヘルム
――残酷な嘘をつくことには懲りております。私は私にそれを許しておりません――
クルシュに仕え、また彼女の剣術指南役としての役割を担うヴィルヘルム
スバルとは以前ロズワール邸にて出会いを果たし、今回は剣術の指南を施すこととなりました。
そんな彼に漂うのは幾度となく死線を越えてきたであろう戦士としての気配と、長き年を生きたことを感じさせる偉人のような風格
一方で垣間見えるのは何らかの”事情”なのですが・・・・・・さてさて。


かの陣営の中で気になるのは、『クルシュとエミリアの間に交わされた契約』についてが一番かな。
前巻よりたびたび話に上がる”契約”ですが、クルシュ側にもたらされるメリットとは一体どのようなものなのでしょうか?
「人を集めている」「近日中にスバルたちに迷惑がかかる」ことに関係してる気がするのですが・・・・・・。

そんな中、なによりも印象的だったのは、スバルクルシュの過ごした一時の休息。
そして、その中で紡がれたクルシュの言葉が心に残りました。
恐らくそれこそが、”ナツキ・スバル”にとって大切な言葉となるはずだったのだと感じます。


評価は己ではなく、他者が下すものだ。
故に候補者の地位を私が得たことも、目に見えぬ何者かが私を評価したからこそだろう。
私のこれまでの生き方を、何者かが評価したからこそだ



彼はエミリアのヒーローになりたいのか、それともヒーローと称されるほどに支えてあげたいのか。
その目的を”理解”しない限り、きっと彼は・・・・・・。


と、そんなスバルが、やがて対峙することとなるのは、とてつもなく大きな【絶望】・・・・・・。
それは、”死”を待ちわびる彼をして、とても耐えられるものではありませんでした。


魔女教、大罪司教の『怠惰』担当、ペテルギウス・ロマネコンティ
――あぁ、アナタ・・・・・・『怠惰』デスね!――
本物の【悪意】と揶揄されつつ、狂信者ぶりを遺憾なく見せつけるペテルギウス
その思想や行動、言葉の端々まで異質さを感じ、常人とは相容れないであろう人格を感じさせられました。
そして、そんな彼こそが、スバルにとっての絶対的な【絶望】をもたらす存在として現れる事となります。


さて、ついに現れた魔女教ですが、本当凄まじいまでに狂ってますね。
ただ、【悪】なのは分かったんですが・・・彼は一体”なんなの”でしょうか?
確かに彼の手で多くの命が失われることとなりましたが、結局のところ目的は不明のまま。
そして、他にも分からないことだらけな彼の存在ですが、その”真実”とはいかに・・・・・・。


と、そして今回の本題へ・・・・・・。

語るのは、やはりナツキ・スバルのこと。
そんな彼は先にも含んだように、より一層の暴走を見せることとなります。
自分を理解してくれないエミリアにいら立ちを覚え、意地でも認めさせてやろうと鍛錬を続けていくスバル
また、一方で自分にしかない「死に戻り」の力で彼女の”間違い”を正すべく、嬉々として「死」に臨んでいく姿が見られました。
ただ、はたしてそれは一体誰のためなのか。


うん、本当、好印象ですね。
独りよがりに暴走し、【絶望】を感じ、勝手に一人で空回っていき、そして一人で怒りに身を委ねる。
一見すればただの愚か者ですが、私からすればようやく「ナツキ・スバル」が見えてきた気がします。

結局のところ、負の感情というのが人間にとって一番素直な”気持ち”なのだと思います。
それまで取り繕っていた仮面が剥がれ、本心のままに暴れ、そうして自分の”価値”を知ること。
代償は計り知れませんが、もしかしたら彼にとって必要なのはそういった”絶望”なのかもしれません。

ただ、もちろんそれだけでは心が折れてしまい、あるいは前を向くことすら困難となってしまうことでしょう。
だからこそ、きっと「彼女」の存在が”希望”となるのではないでしょうか・・・・・・。


スバルに救われた少女、レム
――この温もりと、寄り添ってくれたこと・・・・・・それだけあれば、レムには十分――
あの夜、自分が排除しようとしていたスバルに身も心も救われたレム
そして、その時に差し向けられた言葉はレムにとって、とても大切な送り言葉となりました。
それ故にエミリアが失望し、フェリスが苦言を呈し、クルシュに迷惑が被る結果になろうとも、レムスバルに対する気持ちが揺らぐことはありません。
それほどまでに、彼女にとって「ナツキ・スバル」という人間の存在は、とても大きなものへと変化していました。

家事が得意で、姉至上主義。
ちょっとヤンデレな一面を覗かせつつも、尻尾を振るかのように頭を撫でてもらうのを待つ健気な侍女。
誰よりもスバルを認め、彼を信じ待ち続けるただ一人の少女。


そして、彼の傍に居続け、そして彼と共に在ろうとする女の子・・・・・・。


全身全霊でナツキ・スバルに尽くすのに、これ以上の何が必要だというのか
この胸を熱くする想い以外の、何が必要だというのか
なぜならレムにとって、ナツキ・スバルという人物はいつだって――、

鬼がかっている、すごい人なんですから



大切なものはすぐそばにあることを知った時、少年は何を思い、その足で踏み出すのでしょうか。


さて、鬱々しい雰囲気を漂わせ、一層深く昏くなっていく物語。

恐らくですが、スバルの”死”に関与しているのは同じ”人物”のはず。
ともすれば、必然的に守護対象である”彼女”の末路も同じなのではないかと・・・・・・。
そして、だからこそ誰でもないスバルの力が必要となってきます。

一方で迷走し続けるスバルですが、それでもきっと前に進んでいるのではないかと思います。
間違えたならもう一度進み直せばいい。正しい道なら胸を張って進めばいい。大切なのは、自分の信じる”前”を向くこと。

今は見るに堪えないスバルですが、あの夜に見せた勇気、そして守りたいという気持ちは本物だったはず。
間違い続けた先、”真実”と、さらには自分と向きあい、そうして掴み取る”答え”。
それを得る事で初めて、彼の物語は動き出すのではないでしょうか。

選択の時は、もうすぐそこまで近づいているのかもしれません・・・・・・。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

凄く綺麗にまとめてて驚きました
この5巻は辛くはあれど、見どころがかなりあって伏線も散りばめられ、良くも悪くも心に響くような構成になってます
これから彼がどのように行動してどのような結果に落ち着くのか見ものでもありますね

Re: No title

ありがとうございます。
私としてはどういった感想にすべきか非常に悩みました。
『白鯨』や共に屋敷を目指した従者、姿を見せないロズワールやベアトリス。
記述すべきことはいくつもあったのですが、ことこの巻に関して言えば不要にも思えました。
やはり現在の”彼”を物語るにあたっては、シンプルでいくべきだと判断し、今回の感想に至ります。
それに対し、『綺麗にまとめていた』との言葉を頂けましたので良かったです。

> 凄く綺麗にまとめてて驚きました
> この5巻は辛くはあれど、見どころがかなりあって伏線も散りばめられ、良くも悪くも心に響くような構成になってます
> これから彼がどのように行動してどのような結果に落ち着くのか見ものでもありますね
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト