おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re:ゼロから始める異世界生活 短編集 1巻

あらすじ

「――私は、世界でもっとも新しい『伝説』を求めて旅をしています」
アーラム村に現れた旅の吟遊詩人リリアナ。
未知の英雄譚を望む彼女に、ロズワール邸の滞在許可が出たことから大騒動が始まる『ゼロから始まる英雄譚』。
スバルから休暇を与えられたレムの忘れられない一日を描く『メイド長の心休まらない休日』。
月刊コミックアライブ連載作と文庫完全描き下ろし『後追い星をやめた日』『エミリア・イン・ワンダーランド』を収録した、全てがWEB未掲載の短編集ついに登場。
エミリアが、レムがラムが、プリシラが3倍好きになる1冊できました!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 長月達平(ながつき たっぺい) イラストレーター 大塚真一郎(おおつか しんいちろう)
感想

暗澹とした話が続いていく本編とは異なり、久々の”明るい”物語で彩られていた短編集。
語られざる日常の中にはこれまで見る事の出来なかった光景が繰り広げられていきました。
また、一方で気になる点もちらほらと・・・。


と、まずは本編をさわり程度に・・・・・・。


『ゼロから始まる英雄譚』
――吟遊詩人が村にきてるって?――

ロズワール邸で仕事に努める日々の中、ある日領内に吟遊詩人が訪れていることを耳に入れたスバル
興奮するエミリアに伴い、村を訪れた先で待っていたのは聞く者たちを魅了する素晴らしい旋律を奏でる一人の少女。
快活さと好奇心に満ちた少女の名はリリアナ
彼女はとある事情を以て、スバルたちと共にロズワール邸に足を運ぶこととなります。



世界で最も新しい『伝説』を求める旅の吟遊詩人、リリアナ
――閃きました。聞いてください。――新しい伝説、女たらし――
可憐な容姿とは異なり活発さを見せる行動力、時折漏れ出す方言、かと思えばかのベアトリスですら聞き惚れるほどの歌を紡ぐ、などなどとにもかくにも”騒がしい”少女、リリアナ
今回は、そんな彼女が中心となり起こった事件にスバルたちが乗り出す話となりました。


うん、なかなかに印象に残った女の子でしたね。
スバルに負けない位の自由気ままさを見せつつ、一方で吟遊詩人としての本懐を遂げようという”意思”を強く持っているなど、とても好印象な人物でした。
スバルやと息の合うノリや、エミリアとの天然コンビも見ていて楽しかったですし、予告される再登場が楽しみかな。
ちなみに、劇中に登場した『剣鬼』ってたしか”あの人物の呼び名”だった気がするのですが・・・・・・。

――それはいずれ、『歌姫』リリアナに歌われる二人

・・・・・・ところで、彼女がエミリアの『認識阻害』を突破した理由って明かされましたっけ・・・・・・?


『メイド長の心休まらない休日』
――レムに一日ぐらい、ぐったり休む時間をあげた方がいいと思うんだが――

屋敷の仕事の大半を担うレムを憂うスバルは、彼女に休日を与えようとロズワールに提案します。
主に意見することに苛立つラム、巻き込まれた事に納得のいかないベアトリスらの反対を押し切り、なんとか提案を押し通す事に成功するスバル
そして、ロズワールエミリアパックまで加わり、レムを除く全員で仕事に臨む、一日限りの『レムの日』が始まります。



言葉の端々から”想い”が伝わってくるロズワールラム、文句を言いながらも仕事をこなし、ほんの少しの感謝の感情を浮かべるベアトリスと謎に女子力の高いパック、そして楽しそうに掃除するスバルエミリア
こっそりと覗いていくレムが見る”光景”、そして胸に灯る温かい感情はかの『一週間』を見てきたからこそ胸に来るものがありますね。
血の繋がりはないけれど、それはもしかしたら「家族」と呼べるような関係だったのかな、と。

――レムは今日も、お仕事を頑張りますよ


『後追い星をやめた日』
――なんでも領主様が新しい奥方様を迎えられたらしい――

悪政を強いられるバーリエル領の民たちの間で皮肉交じりに伝わっていく一つの話。
本来であれば何ら関わりを持たないはずの伝聞が、彼らの前に”顕れる”事となりました。
言葉一つで次々と肥えた畑を豊作に見舞わせる、不思議で不遜な見目麗しい女性。
プリシラという人物は、そうして民たちから称えられる存在へ変わっていき・・・・・・。



ところ変わってのプリシラアルの話。
後の騎士であるアルがまだプリシラに対する人物像を決めかねている頃の話でしたが、こうして彼らの関係は築かれていったんだな、と・・・・・・。

そんな中、垣間見えたのは”それぞれ”が抱える何らかの事情について。
スバルと同じ異世界人であるアルもさることながら、プリシラもまた尋常ならざる過去を抱いているようで・・・・・・。

あとはやはり気になるアル「能力」ですが、結果としてよく分からないままでしたし、もう一人の従者(?)である少年シュルトの今後も含め、プリシラ陣営から目が離せませんね。
・・・・・・そして、アルと『魔女』の関係とはいかに・・・・・・?


『エミリア・イン・ワンダーランド』
――大変、大変!早くしないと間に合わない!――

ふと気が付くと、そこには見覚えのない世界が広がっていました。
ついさっきまでスバルと話をしていたはずなのに。
そんな不思議な”物語”の中、エミリアの目の前をいつもと違うパックが通り過ぎ・・・・・・。



某作品のパロディなのですが、天然なエミリアと残念な仲間たちのお陰で変な話になっていき・・・・・・。
一方で、なんだかエミリアの交友関係の”実情”が垣間見えたなと切ない気持ちになった後、あとがきで似たようなことが掛かれていたのには笑いました。(笑)

うん、ある意味最も番外編らしい番外編、だったかな。
私的にはそれまでエミリアの味方だったレムがスバルの知り合いと知った途端に敵に変わる下りが好きでした。
やっぱりこの子ヤンデレの素養がありますよね。(笑)


と、今回はそんなところで幕を閉じます。
結構重要そうな伏線がちらほらと見えましたが、後々の本編に響いていくんだろうな、と。

あと、特に印象的だったのはやっぱり楽しそうなスバルのことですかね。
本編ではアレな感じになってますが、こういった”日常”の方が、彼らしさが活きている気がします。
ぜひ、またこうしてエミリアたちと笑いあえる日々に戻れたらいいな、と思います。

さてさて、次回は再びの本編へ。
どうやら大きな転機が訪れるようですが・・・・・・異世界より現れた少年は何を思い、そして掴み取るのか、その物語に期待させて頂きます。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。