おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re:ゼロから始める異世界生活 6巻 感想

あらすじ

大罪司教ペテルギウスへの復讐を誓い、再び王都へ『死に戻り』したナツキ・スバル。
魔女教を撃退し、エミリアを救うための協力者を求めて奔走するが、候補者たちはそんなスバルに未熟者の烙印を押し、取り合おうとしない。
突き放され、たった一人になったスバルが全てを諦めたとき、運命の歯車が動き出す――!
「俺は・・・・・・っ!俺は、俺が大嫌いだよ!!」
自分の弱さを嘆く叫びが響くとき、ナツキ・スバルの本当の異世界生活が始まる。
大人気WEB小説、再起と反撃の第六幕。

――ついに動き出す、最も新しい英雄譚。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 長月達平(ながつき たっぺい) イラストレーター 大塚真一郎(おおつか しんいちろう)
感想

あぁ、これでようやく物語は動き出すんですね・・・・・・。

ある日、突如として異世界へ召喚され、運命に翻弄されてきた一人の少年
非情な”死”に幾度となく負かされ、自分の都合のいい「現実」のみを追い求めた哀れな道化
弱くて惨めで情けなくて・・・・・・そしてすべてを失ったナツキ・スバル


しかしそんな彼を、ただ一人称えるものがいました。
唯一人、何があっても見捨てる事がなく、そして誰よりも彼の妥協を許さない一人の少女。
あの日、救われた少女は、その想いを伝えます。

あなたは自分の英雄だ、と・・・・・・。



――それならば、カルステイン家は一切の戦力を卿には貸し出さない――


――誇るがいい。貴様があの女を、エミリアを破滅へと誘うのじゃと――


――ありゃ、ウチ痛いとこ突いてもうた? せやったらごめんな?――



懇意にしてくれていたと思ったクルシュが、前に助けてやったプリシラが、やっと話を聞いてくれると思ったアナスタシアが、全員が自分を裏切った・・・・・・。
ただ魔女教を、憎きペテルギウスを殺したいだけなのに、誰もかれもが理由をつけて自分を否定する。
そんな状況下に置かれ、スバルはより一層心を昏くしていきます。

しかし、そんな彼にはいつでも傍に居てくれる少女がいました。
二度にわたる”死の世界”において、予想外の行動をとったこともありましたが、いずれも無条件で自分の味方でいてくれたレム
いずれも悲惨な”死”を遂げてきた彼女を、今度こそは守り抜くと心に誓うスバルでしたが、そんなただ一つの誓いすら叶える事が出来ませんでした・・・・・・。


それは、三度目にして初めて目の当たりにした脅威、『白鯨』
名の通りクジラを思わせるような巨大な姿に、固い鱗を持つ地竜すらも易々と挽き潰す強靭な歯。
ただの呼吸すら暴風を感じさせる、そんな存在を前にスバルはまた新たな絶望を刻まれることとなります。
それは、勇敢にも立ち向かったレムを失った激しい痛みと共に・・・・・・。

しかし、それでもなお続いていく悲劇。

呆然自失となりつつも”辿り着いてしまった”目的地にて再会したスバルエミリア
浮かぶのはその身を案じた言葉ではなく、吐き出したくなるまでの「悪意」
なんで、どうして、愚か者しかいないのか。
それははたして誰に向けた言葉だったのか、涙を流し苦しく笑うスバルには分かるはずもありませんでした。

やがて、彼は一つの決断をすることとなります。
”消えた”レムに報いようと、痛みを伴うその覚悟の先・・・・・・訪れたのは最愛の少女の唐突な”最後”。


誰にも認められず、傍に居てくれた少女を救えず、助けたいと願った少女をその手で殺した。
それは、ナツキ・スバルの”終わり”を告げるには十分な”人生”となりました・・・・・・。



本当、スバルは何もできない少年だと思います。
マナーをわきまえず、自分のことばかりで、あまつさえ簡単に裏切ったと決めつけて相手を罵る・・・・・・そんな救いようもない人間に見えるスバルですが、ただ一点、認めなければいけない部分がありました。
それは、諦めることなく挑み続けたこと

例え愚かしい行為だろうと、無礼極まりない態度を見せようと、最後には未来を掴み取ることを信じて立ち止まることなく”死”と向き合ってきたスバル
それもまた、彼の”真実”の一つでした。

しかし、度重なる絶望を前に、ついにはそんな勇気すら折れてしまいます。
そして、彼はすべてを捨て、レムと過ごす温かな未来を思い描くようになりました。


”それ”はこれまで頑張ってきた彼だからこそ許される選択だったのかもしれません。
どこか遠くの土地に移り住み、大切な女の子と笑いながら暮らしていく。
そう語るスバルに対し、少女もまたはにかみながら理想を口にしていきます。
二人で仕事を探して、お金がたまったら家を買い、家族を増やす、そうして子どもに囲まれ、老いていきながらも最後まで一緒に過ごしていく。
そんなあったかもしれない未来を口にしながら、しかしレムははっきりと拒絶の意思を示します。


だって、未来のお話は、笑いながらじゃなきゃダメなんですよ?


吐露されるのは初めて語るスバルの本音。
誰でもない自分が一番嫌いで、過去の出来事など後悔しかしていない。
異世界に来る前だって何をすることもなく堕落した日々を過ごし、そんな人生の浪費のツケがスバルレムたちの命を奪う。

そんな偽りの仮面が剥がれ、本心をぶつけるスバルを前に、レムは一つ一つ言葉を紡いでいきます。


スバルの好きなところ。
スバルが自分を助けてくれたこと。
そして、自分がどれだけスバルを信じているのか。



スバルくんはレムの英雄なんです


うん、それこそがスバルに必要な”言葉”だったのでしょうね。
彼は、誰にも伝えることが出来ない頑張りを認めてもらうことも出来ず苦悩し続け、挙句幾度も”死”を経験するという悪夢に見舞われたました。
しかし、それでも誰かを救うことが出来て、その相手が自分を見ていてくれた。
それが、どれだけ尊く、どれだけ素晴らしいことか、きっと一番大きく感じているのは誰でもない・・・・・・。

だからこそ再び立ち上がることが出来たのでしょう。
今度こそ確かな未来を見据え、みんなで笑って過ごす明日を掴み取るために少年は歩き始めます。
それは後に、英雄譚と呼ばれる物語、なのかもしれません・・・・・・。


ここから、ゼロから始めよう。

ナツキ・スバルの物語を。

――ゼロから始める、異世界生活を。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回も面白い感想ありがとうございます!
そうです!ここから物語は動き始めます。これまでの
彼の行いは無かったことにはできない。しかし、これから彼は
自ら動き始め、自分だけでなく皆の幸せを勝ち取るために戦います
それは俗にいう「英雄」と呼ばれるものでもありますが、そんな能力も
無い彼が困難にどう立ち向かうか、見ものですね!

ちなみに、レムは真・ヒロインってそれ一番言われてますから

Re: No title

新たに始めるからこその「ゼロから」の物語ですね。
過去、現在、未来。
それらを胸に刻み、彼が挑む初めての事件の結末・・・・・・ぜひこの目に焼き付けようと思います。

> 今回も面白い感想ありがとうございます!
> そうです!ここから物語は動き始めます。これまでの
> 彼の行いは無かったことにはできない。しかし、これから彼は
> 自ら動き始め、自分だけでなく皆の幸せを勝ち取るために戦います
> それは俗にいう「英雄」と呼ばれるものでもありますが、そんな能力も
> 無い彼が困難にどう立ち向かうか、見ものですね!
>
> ちなみに、レムは真・ヒロインってそれ一番言われてますから
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。