おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re:ゼロから始める異世界生活 Ex 獅子王の見た夢 感想

あらすじ

――これは、とある少女と少年と、もう一人の少年の、始まりのための物語である。
親竜王国ルグニカで行われる王位選定のための『王選』、その最有力候補クルシュ・カルステン。
候補者の誰より王国の未来と在り方を憂い、気高くあろうとするクルシュとその騎士フェリス。
二人の生き方に大きな影響を与えた少年がいた。
少年の名はルグニカ王国第四王子フーリエ。
幼き三人の出会い、共に笑い、過ごし、夢見た日々そして・・・・・・。
「フェリス、最初にお前に誓おう。――私は、王になることを望むと」

今綴られるクルシュとフェリス、二人の決意に至るもう一つのゼロから始める物語!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 長月達平(ながつき たっぺい) イラストレーター 大塚真一郎(おおつか しんいちろう)
感想

今巻はナツキ・スバルが一切登場しない事実上の番外編となります。
ただ、それでもその物語に”主人公”は存在しました。

うん、確かにこれは、もう一つの「ゼロから始める物語」だったかな、と・・・・・・。


時はスバルが異世界へ召喚されるより以前の話。
【王選】資格者の一人、クルシュの幼少期にまで遡ります。



龍と盟約を交わした最初の国王にして、ルグニカ王国の骨子を作り上げた『最後の獅子王』
歴代有数の国王にして稀代の傑物と称されている人物、その人こそが”獅子王”よ呼ばれる者でした。

しかし、龍との盟約により恩恵を受け、かの存在をそれまで象徴とされた『獅子』よりも尊ぶようになる国や民たち
そして、『獅子』は徐々に人々の中から消えていくこととなりました。


そんな中にあって、獅子の家紋を与えられしカルステイン家の幼き令嬢は、忘れ去られた”獅子王”へと思いを馳せます。
龍の加護は確かに安寧な時代をもたらす・・・しかし、獅子王の時代にはなかった「停滞」をも与えた。
あまりにも優し過ぎると述べる少女に対し、告げられた少年もまた自身の想いを伝えます。



風変わりな優しきルグニカ王国第四王子、フーリエ・ルグニカ
――む!なぜ笑うのだ。余の完璧な理論、我ながら惚れ惚れするほどであるのに!――


”獅子王”に関心を寄せる気高き公爵令嬢、クルシュ・カルステン
――い、いえ・・・・・・申し訳ありません。ですが、殿下が本当に、すごいお方なので――


一目見ただけで恋に落ちた幼き王子と、その小さな身に強き志を抱く少女。
彼ら二人の出会いは、後に語る夢の始まりとなりました。


そして、”主人公”はもう一人・・・・・・。

絶対の忠義を尽くす一の騎士、フェリックス・アーガイル
――クルシュ様はなーぁんも悪くにゃいです。悪いのは全部殿下、殿下が悪いんです――


お見合い騒動魔獣襲来、さらには貴族の不穏な動きなど絶えることの無い騒動の中、彼ら三人は仲を違えることなく共に成長を遂げていきます。


しかし、殿下。伴侶を持ち子を成して血を継ぐのは王族の務めです

別に余は誰とも婚姻したくないと騒いでいるのではなく、
その、なんだ・・・・・・余にも選ぶ権利があるというか、そもそも余には見合いなどせずとも・・・・・・

殿下のヘタレ・・・・・・



それは騒がしく、


余はそなたのスカートが見たいぞ!

フェリスでご満足ください。フェリスの白い足が、私の足も同然です

どうぞ自慢の足です。ちらちら



温かな、


・・・・・・これだけやっても、余は届かぬのか

殿下、殿下、お気を確かに。殿下!



それでいて熱く、


そして、別れに繋がる物語・・・・・・。


余は、そなたの忠に値する、獅子王であれたろうか・・・・・・


”未来”を知っていれば、その結末は初めから分かっているんですよね。
それはそもそも、なぜ【王選】が行われたかに起因しているわけですから・・・・・・。

ただ、その最期を悲劇と呼ぶかと言えば、それはどうだろうかと感じます。
たしかに永遠の別れ、それ自体は悲しいものであり、一つの夢の終わりを告げるものでした。
しかし、遺された者たちがその”想い”を継ぎ、「夢の続き」を見るべく歩き出します。
だからこそ、その意味を込めて悲しみ以上の「始まり」だと言えるのではないでしょうか・・・・・・。


さて、クルシュフェリスの過去に纏わる話や、彼女たちの決意。
一方で垣間見えたユリウスラインハルトの知られざる一面。
そして、王国に広まっている”問題”。


一つの終わりの後、ゼロから始める新たな物語。

彼女たち”主人公”の活躍も、今後から目が離せないですね。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

感想更新お疲れ様です!
リゼロの良いところとして、どんなキャラにも人生があり
みんな生き生きといている事です
楽しい事や嬉しい事、悲しい事など沢山の物語が一人一人にあって
誰に焦点を当てても面白い。本編はスバルを中心として物語が展開していきますが、他のキャラの物語も同時に展開していきますので、これからも乞うご期待です!

Re: No title

一人一人に焦点があてられている、大変面白い作品だと思います。
ぜひ先を楽しみにさせて頂こうかと・・・・・・。

> 感想更新お疲れ様です!
> リゼロの良いところとして、どんなキャラにも人生があり
> みんな生き生きといている事です
> 楽しい事や嬉しい事、悲しい事など沢山の物語が一人一人にあって
> 誰に焦点を当てても面白い。本編はスバルを中心として物語が展開していきますが、他のキャラの物語も同時に展開していきますので、これからも乞うご期待です!
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。