おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学戦都市アスタリスク 2巻 銀綺覚醒 感想

あらすじ

晴れてタッグを組むことになった綾斗とユリス。
連携を磨きながら《鳳凰星武祭》に備えるのだったが――そんな中、綾斗は一人の少女と出会う。
長い銀髪に小動物のような愛らしい見た目の少女、刀藤綺凛。
彼女こそ、若冠13歳にして星導館学園の序列第一位、《疾風刃雷》その人だった!
彼女に辛くあたる叔父を見咎めた一件で、綾斗はなぜか綺凛と決闘をするはめになってしまい――「天霧先輩は優しいですね。・・・・・・でも、わたしも負けるわけにはいかないのです」
――神速の剣が交錯し、アスタリスクに新たな火華が咲き誇る!
最高峰の学園バトルエンタ、加速とどまらぬ第二弾!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 三屋咲ゆう(みやざき ゆう)  イラストレーター okiura
感想

なんていうか、今作は読みやすい印象がありますね。
まだ二巻のみとなりますが、物語が比較的シンプルなのが魅力的かも。
今巻で新たに登場した人物たちも曲者揃いというか、なんとも楽しみな人達ばかりで・・・。


と、それではさっそく・・・・・・。


ユリス襲撃事件の先、《鳳凰星武祭》に向けタッグを組むこととなった綾斗ユリス
模擬戦闘では、炎を操り多彩な技を魅せる万能型のユリスに対し、制限時間付きではあるものの「封印解放」に至れば無類の強さを発揮する綾斗が勝利を重ねており、また共に過ごす時間の中でパートナーとしての交流を深めていきます。
しかし、そんな折、綾斗はとある人物との出会いを果たすこととなり・・・。


《疾風迅雷》の異名を持つ星導館学園序列一位、刀藤 綺凛
――伯父様の言うとおりにしておけば、わたしはなにも・・・・・・――

《星脈世代》を嫌う我欲の強い綺凛の伯父、刀藤 鋼一郎
――・・・・・・ふん、今のはただの躾だ。身内の問題に部外者が口出しするな――


邂逅したのは中等部の制服を着た、気弱な印象を受ける可愛らしい少女。
それは、ささやかな日常の一コマに過ぎないが、しかし確かに彼女から感じる綾斗と同等以上の”資質”
そして、それこそが星導館学園における最強の剣士との邂逅となりました。


・・・・・・ごめんなさいです

い、いや、なんでキミと闘わなきゃならないのさ!



その後、やがて訪れる手合わせの時。
綺凛を道具扱いする鋼一郎を正そうとするも、しかし始まるのは伯父に逆らう事の出来ない綺凛当人との決闘。
彼女を救うべく受けて立つ綾斗だが、対峙すると同時に感じる強い剣気により躊躇なく「封印解放」へと至る。
そして、学内最強クラスの剣士たちの決闘は思わぬ結末を迎えることとなり・・・・・・。


ふん、終わったか――行くぞ


また、一方で綾斗はさらにもう一人新たな人物と対面することとなります。
それは、ライバル校の生徒であり、自他ともに認める先の襲撃事件の黒幕でもある人物で・・・。


六学園随一の技術校・アルルカントが誇る天才少女、エルネスタ・キューネ
――そうよー。なんだってしちゃうよ、あたしは。自分の夢を叶えるためならね――

世界で最も注目を集めている落星工学の研究を進めており、その技術力は六学園随一と言われるアルルカント・アカデミー
襲撃事件の”手打ち”として星導館学園に技術提供をすることとなったアルルカントですが、その正式な契約を結ぼうと学園を訪れた折、”彼女”と綾斗は出会うこととなりました。

驚くべきことに、なんら悪びれる様子もなくエルネスタは自分が黒幕であると示唆することとなります。
また、彼女としてはそんな「どうでもいいこと」よりも、自身の開発した”人形”を次々と切り捨てた綾斗に興味があるらしく、終始彼のデータを欲しがる姿が見られました。

しかし、そんな子供のような言動の裏でマッドサイエンティストとしての顔も覗かせるエルネスタ
自身の目的のために他者を利用するなど、彼女もまた己の利を求める危険な人物のようで・・・・・・。


そして、運命は大きく動き出します。

優しくしてくれた綾斗を慕い、幾度となく彼の元を訪れる綺凛は、挨拶に始まり、共に早朝トレーニングを行うなど少しずつ仲を深めていくこととなる。
一方で、そんな共に過ごした時間の中、綺凛から”真実”を語られる綾斗
なぜ伯父に従うのか、彼女の本当の願いとは。
それは決して綾斗にとって他人事と見過ごせることではなく、しかしだからこそ彼が伝えることの出来る”想い”がありました。
そしてその言葉は、”縛られていた”少女に一つの決意を促します。


そうですね・・・・・・まずは決闘でもしてみようかと思います

わたしが自分で決めた相手と――今度はわたし自身の意志で



それは、”最強の剣士”が紡ぐ新たな物語。


さて、先にも述べたように「シンプルな物語」が今作の魅力の一つだと感じますが、それ故に繰り広げられる熱い戦いもまた魅力的だと言えます。
「封印解放」に加え、触れた物体を溶かす防御不可の”純星煌式武装”《黒炉の魔剣》を用いてなお同等以上の力を見せる序列一位、綺凛との再戦。
そんな”最強の剣士”に対し魅せる、まさに”綾斗”らしい戦い方は手に汗握る展開であったと感じます。
そして、誰に言われるでもない「自分たちの戦い」というところがまた良かったのかな、と。

一方で”主軸”となる物語も着々と進んでいきました。
続々と登場する六学園の生徒会長や生徒たち
クセの強そうな人物たちが登場する中、それに付随するかのように築かれていく”因縁”。
綾斗のみならず、ユリス紗夜もまた”物語”を紡いでいくこととなる予感がします。

と、今回はこんなところで。
《鳳凰星武祭》の”敵”はアルルカントになるのかな?
綾斗の”弱点”への布石や、名が挙がった強敵たちとの邂逅に期待しつつ次回を楽しみにしたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。